ここは昼夜おなじメニュー&価格。マレーシアン・カレーラクサは健在か(?_?)

https://www.newzealand-gourmet.com/wp-content/uploads/2016/11/mamak-seafood-laksa.jpg

この日、なんだか肌寒く

あまり歩きたくなかったので

 

歩いて2分のこの店にした。

以前はBYOもやっていて

 

ワインボトルも持ち込めたが

割が悪かったのだろうか、

今はヤメている(-_-)

 

いつもはカレーラクサしか食べないけど、

夕食なのでちょっとつまみに、

 

mamak-malaysian-saltpepper-squid

ソルト&ペッパー スクィッド。 9.5ドル

イカの唐揚げで〜す♪

 

添付けは、スイート・チリソース。

まあまあですね。

 

mamak-tom-yum-fried-rice

娘danekoの、

ナシゴレン・トムヤム味  14.5ドル

 

ナシゴレンだと味付けが甘いので、

酸っぱ辛いのを期待して。。

 

お皿が大きいので

けっこうボリュームあります。

 

 

mamak-tom-yum-fried-rice2

そうそう、

この目玉焼きがのっているのがいいのだと。

 

いますよね〜、

目玉焼きを大事に残して、

最後の最後に大事そう〜に食べる人

 

dadnekoも子供の頃はそうだったなあ(^_^;)

 

で、この焼き飯はこの日、

けっこう美味しかったのです。

イカがたっぷり♪

 

danekoはそして、

 

 

https://www.newzealand-gourmet.com/wp-content/uploads/2016/11/mamak-seafood-laksa.jpg

じゃっじゃ〜ん!!

 

シーフード・カレーラクサ 14ドル

 

結構辛い、こちらのLaksa、

久しぶり〜♪

 

でもあれ?

この日はスープが少ない?

 

ちょっと疑問を抱えながら食べると

ああ・・味が濃い(-_-;)

 

これじゃあスープが飲めないゾ・・

 

danekoは、文句をつけるべきか考えた(p_-)

 

しかし、ここはいわゆるテキトーアジアン系

たまに味が決まってないときも普通にあるのだ

 

こんな店で作り直しを命じても、

「意味わかんない」という顔をされるのがオチ

 

danekoは考えたあげく、お湯を注文した

と、娘danekoが怒り出す

 

「なにチャイニーズみたいなことするの?」

娘はちゃいにーず様と思われるのが嫌らしい

 

が、いまLaksaが危機的状況なのだ

ナニジンと思われたっていいぢゃないか(ー_ー)!!

 

待つこと1分、お湯がやって来た。

Hot Waterなんて頼んでも、

店の人は全く驚かないからね。。

 

で、danekoは注意深く、

ラクサのスープにお湯を足す

 

がんばれ、少しずつ、少しずつ

薄くなりすぎては台無しだ・・

 

結局、すこ〜しずつ足しては味を見て

コップ半分ちょっとのお湯を足した

 

うむ、かなり濃かったのだ。

よかった〜これでスープが飲める(^^)v

 

それにしても、ラクサのスープ、

デフォルトで濃くなってしまったのか(?_?)

 

だとしたら、もう来れないなあ

こんな綱渡り、したくないもんね。

 

なんとなく、この日のラクサは

やっつけ仕事みたいだったし。

 

はああ〜、アジアン系は難しい(T_T)

シェフ変わったかなあ・・

 

ハイ、また検証に来ます。。

 

Mamak Malaysian

50 Kitchner Street, Chancery Square, Auckland

 

【しろねこにポチありがとう♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

フン、お湯で薄めたって

塩分摂取量は変わらないのヨ(p_-)

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA