またまた Tony’s Lord Nelson

daneko、

古い記事のカテゴリを整理しようと、


NZぐるめの過去記事を見ていたのだが、

愕然!


あまりにも、同じ店の記事が多いではないか!


あちこち食べ歩いてるつもりでいたが、

その実、同じ場所をぐるぐる回っているだけだったのだ!!


これでは、ケージの中で、

あの回転するおもちゃの中でいっしょうけんめい、

くるくると回るモルモットと同じ
だ(^_^;)


今後は気を付けて、

新しい店を積極的に開拓しなくっちゃ〜。


NZのレストランは、やはり外れも多いから、

どうしても、

外すまいと安全パイを無意識に選んでしまうのだ。


それに加え、保守的な娘danekoがまた冒険を嫌う。


と、いいつつ、

今夜もまたまたLord Nelsonである。。。


IT担当大臣もここがお好き

やはり、いくつか行ってみても、肉料理なら、

総合力でダントツ素晴らしい。



そして、NZらしさを味わえる店でもある。








どうだ!


このツヤ感のあるラム。


そして揚げたてのチップス(フライドポテト)


ポテトの付け合せは、

チップスかポテトコロッケが選べる(^^)v


以前、隣のテーブルに居た日本人学生の団体が、

「Chips or Potato Croquette?」


と店のオネーチャンに聞かれ、


え?なになに?ポテトがいいよね!


と引率の先生が「コロッケ」を聞き取れず、

danekoたちの食べてるチップスを見て、


「Potato!」

と元気よくオーダーしたところ、


店の人は

「Potato Croquette?」 と聞き返したが、


はたして、Croquetteが聞き取れなかった先生、

「Yes!! Everyone Potato!」
 

と自信を持って念を押したのだった(^_^;)


はたして、全員にポテトコロッケがやって来た。


先生はじめ、学生たちも、danekoたちのチップスを見て

「あれ?」 といぶかるのだが、もう遅い。


というプチ事件を思い出してしまった。。


学生たちは、チップスを食べたそうにしていたが、

なぜ自分たちに来なかったのかは、永遠に謎だったろう。。。


——————————————————————————–


しかしこの日、残念なことに、

ラムの肉質は先日の方がよかったのである(T_T)


だがIT担当大臣が満足そうにビーフを頬張っていたので、

それはそれでよし、としよう。


danekoの食体験、晴れの日もあれば、黄砂の日もある、と

あ、黄砂じゃなくって、煙霧でしたね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA