続編・2月14日。バレンタインディナー難民のあとさき(^_^;)

le chef 201802 scallop

2018年2月14日。

daneko母娘は無謀な旅に出た。。。

 

この記事は、昨日の記事の続きです。

2月14日。バレンタインディナー難民のあとさき・序章(^_^;)

 

バレンタインの日に、予約なしでシティに乗り込んだのだ。

娘danekoは、楽観的であった(^_^;)

 

バレンタインにね、外で食べるのは若い人が多いんだよ。

大人は週末に外食するんだよ。

 

なんて言っていた。

働いているオフィスでは、そうなのらしいが・・

 

danekoは、そうは言ってもバレンタイン、

レストランはどこも一杯なのでは?と恐ろしかった。

 

そして、予約電話を断られること3軒。

店に入るも満席で追い返されること3軒。

 

シティ中心部の広場には、

行き場を失った若者グループがたむろしていた・・

 

難民は、daneko達だけではなかったのだ(^_^;)

 

時は、午後8時前。

食事を終える人をバーか何かで待つには遅い時間である。

 

と、以前ちょくちょく通っていた店のある小径に出た。

 

le chef 201802 exterior

むむ・・・

もしかして・・とかすかな望みを込めてたずねると、

 

「外のテーブルなら座っていいよ」

と、おフランスのやさしいおにーさんが云う♪

 

やった! と内心小躍りするdaneko、しかし、

目ざとく入口脇の店内テーブルを見つけ、

 

「あそこじゃダメ??」 とダメ元で聞いてみた。

おにーさんはちょっと考え、「OK」という。

 

やった〜!! 難民からアタマひとつ抜け出たゾ(^o^)

 

 

le chef 201802 sign

そう、その店は、 Le Chef

写っているのが女性に優しいマネージャさん。

 

最初は美味しいモンクフィッシュを出していたのに、

あとからモンク・フライに変わってしまったお店(@_@)

 

オークランド・シティのご近所ビストロ、Le Chef はその後どうなった(?_?)

 

また、モンク・フライだったら引きまくりだだけど、

もしかするとおフランスなお味に戻っているかも。。

 

いやいやいや、この際もう、

どこでも座れればいい心境のdanekoたちであった。

 

 

 

le chef 201802 sparkling wine

この日は特別メニュー。

注文の前に、フランスのスパークリングが来る。

 

これで、メニューが嫌でも引き返せなくなった。

メニューは2コース 55ドル。

3コース(デザート付き) 65ドル。

 

danekoは2コース、娘danekoは3コースを頼んだ。

アントレは2つの中から、

メインは、3つの中から、

デザートは2つの中から選ぶという、

 

バレンタイン・ディナーの 【The 効率化】である(-_-)

 

ま、しょうがないね、こんな特別な日に、

カップルでもないのに外食しようって方が間違ってる。。

 

 

le chef 201802 caprese

ムスメの、カプレーゼ。

おやおや、イタリアンになったのかな(?_?)

 

まあ、お味は悪くないのでいいか。

 

 

le chef 201802 scallop

danekoの、スキャロップ(帆立貝)

 

おや、これも悪くない。

野菜がきちんとマリネになってて、よいアクセント。

 

帆立もちょっと小ぶりながら、5個位入っていた。

バレンタイン・ディナーにしては、ちゃんと気合が入ってる。

 

 

le chef 201802 wine

そこでdaneko母娘も気合を入れて、ボトルワインを。

 

いえ、実はサービスの泡があまり旨くなかったので、

ガックリして頼んだ Ata Rangi シャルドネ。

 

久しぶりに飲む。 2015年産は初めて。

よっしゃ(^^)v(^^)v

 

 

le chef 201802 risotto

マッシュルームのリゾット。

 

一気に楽しくなってきたゾ(@^^)/

メインがリゾットっていうのがいかにもニュージーランド風だけど、

 

ま、文句は特にない。 イタリア人じゃないからね。

そして、

 

 

le chef 201802 lobster

オマールエビのメイン。 danekoのです(^^)

付け合せは、ポテトのロースト。

 

薄切りにして、ミルフィーユみたいに仕立てている。

間には生クリームのソースが・・(^q^)

 

これまた手抜きではない、きちんとした料理だ。

Le Chef、復活したんだろうか。。

 

 

le chef 201802 interior

インテリアも、そんなにおカネこそかかってないが、

ひところよりも気合が入ってる。

 

特筆すべきは女性に優しいマネージャさん。

実にマメにテーブルを動き回り、しかも感じが良い。

 

フランス人って、働かないイメージあったんだけど、

その後もダボハゼのごとく、

外テーブルに予約なしの客を受け入れていた。。。

 

 

le chef 201802 desert chocolate

デザート。ダブルチョコのブラウニー。

 

アイスはカシス風味かな。 おいしい〜(^^)v

danekoもかなり、食べました。

 

お会計は、ボトルワイン入れて190ドル。

ワインは70ドル。 アタ・ランギにしては安い。

 

Le Chef。 ホントにありがとう!

daneko達を拾ってくれて\(^o^)/

 

Le Chef

13 O’Connell St, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

アラ、ワタシも拾われたのヨ、

danekoの同居人にね(^。^)y-.。o○

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA