以前、danekoがシティに住んでいた頃には、

ちょくちょくお世話になっていた、クイーンストリートの写楽。

 

あの頃から、オーナーも変わり、

お店はどう変わっているのだろうと気になっていた。

 

この日、シティ勤務の友人をつかまえてランチへ。

 

sharaku 201807 sign

クイーンストリートからは、この看板しか見えませんよ。

ちょっと引っ込んだビルの中にあるのだ。

 

一階は一階なんですけどね。

 


sharaku 201807 entrance

よくいえば、あっさりとした入り口。

 

お客としては、もうちょっと、ドラマ性が欲しいなあ。。

だって、けっこう高級系なんですよ。

 

あ、そうそう、なんと携帯が通じません。

「圏外」覚悟で行きましょう・・・

 


sharaku 201807 interior

店内。

これは、ランチの終わり頃に撮ったもの。

 

途中はほとんど満席になってました〜♪

お客さんに日本人は我々と、他一組くらい。

 

あとはすべて、キウィの会社関係のランチや、

金曜日だったのでファミリーでのランチ。

(スクールホリデー前に、早く学校が終わったのかな)

 

ちらっとアジア人もいたけれど、

聞いていたほど中国人客は多くない。

 

 

sharaku 201807 sushi teishoku

久々の、寿司ランチ。 26ドル。

以前はたしか、25ドルだったから、そんなに上がってない。

 

量は、ちょうどよいくらいだ。

イカとサーモン、なかなか新鮮でGOOD。

 

シャリも、問題なく仕上がっている。

甘過ぎたり、ベチャついたりとかしていない(^^)v

 

なんだなんだ、前とそこまで変わってないかも。

 

 

sharaku 201807 tempura teishoku

こちら、同行者の天ぷら定食。 同じく26ドル。

 

カリサクッと仕上がっていて、美味しかったとのご感想。

ボリュームは、こちらのほうがありますね(^_-)

 

メニューを見たとき、昔よく頼んでいた鍋焼きうどんがあって、

ちょっと嬉しくなってしまったのだけど、

 

なんとなんと!

お値段が18ドルから26ドルに上がってたよ(@_@)

 

これはまた、鍋焼きうどんに26ドルかあ・・・

できるだけ、作りたくないって意味かなあ?

 

昔の写真を引っ張り出してきました〜(^^)

 

ちょっとブレて見えるのは、湯気のせいよ(!?)

このころは、18ドルだったようだ。。。

 

シティ髄一の鍋焼きうどん(*^_^*)

 

よく、娘danekoが〆に食べていた。

 

danekoは天ぷらの衣がしっとりするのが嫌で、

サクサクっで食べるため、天ぷら別添え。

 

ムスメは、天ぷらとうどんダシが絡んだのが好きらしい。

ま、ふつう王道の鍋焼きうどんって、そうだよね(^_^;)

 

 

sharaku 201807 sushi lunch

お鮨のアップ。

 

付け合せのサラダも、味噌汁も良くなっていた。

また来たいな〜(*^_^*)

 

オーナーさんが日本人じゃなくなっても、

キッチンをしっかり守っている日本人スタッフがいるのだろうな。

よかった♬

 

Since 1987 だって!!

 

ということは、もう30年以上。

この業態で、続けていることになる。

 

オーナーチェンジがあったとはいえ、

これだけ一つの業態で継続しているのはすごいゾ!

 

オークランドに30年続く店、一体いくつあるだろうか?

もう立派に、老舗の日本食ですね(^^)v

 

写楽 Sharaku Japanese Restaurant

75 Queen Street, Auckland Central


【しろねこのツッコミにポチを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

イスが老舗過ぎて・・

これは買い替えてもいいのでは(?_?)

関連記事