ニッポン麺紀行・支那そば月やの辛めん

tsukiya 201904 karamen3


福岡では最近、

月やという麺屋さんがけっこう人気。


ニッポンに帰ったdanekoも、

たま〜にこちらの醤油ラーメンを食べる。


意外にも過去記事は書いてなかった。。

最近、

醤油ラーメン意外にもおすすめがあると聞き、


この日、

席も空いていたので月やにフラフラっと吸い込まれたのであった。。


月やのオススメ



この店のオススメとは、


tsukiya 201904 karamen
辛めんである。

食券を買って店員さんに渡すシステム。


あとは、食券の半券とともに席に着き、

ラーメンを待つシステム。


ここの店、妙なオペレーションがあり、

混んでもないのに席を指定されることがある。


だが、

ひとりなのに4人席に座るなどの暴挙でなければ、

好きな席に座って良い(ー_ー)!!


これが資本主義の世の中のルールと思うけどね。

だいたい、店員さんもなんにも考えちゃいない。


ただ単に、

混んでもないのに客を詰め込もうとしているだけのような。


danekoはこういうオペレーションは嫌いである。



辛めん 850円



高い。

高いと思う。


食券販売機を前に、

3度くらい見つめ直し、

650円の支那そばにしようかと考えた。


このご時勢、

ラーメンなんかがどんどん高くなってゆく。

納得のゆかぬdanekoである(-_-;)



tsukiya 201904 karamen3
う〜む。


辛麺のスープは茶色が濃く、

なぜだか濁っている。


辛めの味噌でも入っているのかな?

具材は、


・白ネギ
・きくらげたっぷり
・メンマ
・細切れチャーシュー
・水菜


と、悪くないラインナップ。


チャーシューが一番美味しくなかった。

水菜もそんなに必要とは思えない。


あとは、合格ラインを超えている。

このへんが、月やのソツのないところだろうか。。


お値段なりかどうかは置いといて、

お味はまずまずか。


スープも、ダダ飲みしたくなるほどではないが、

麺、スープ、具材と順繰りに食べる楽しみはある。


tsukiya 201904 karamen2
その濁ったスープは、

辛麺というジャンルに詳しくないdanekoにはわかりにくいが、

やはり一種の味噌ラーメンの辛い版のようであった。


再来はあるか。。



スープをあらかた飲んでしまい、

もうやばいゾ、と思って終了。


tsukiya 201904 karamen finish
ごちそうさま〜♬

キレイに食べてますよ。

なんたって、850円をムダにしたくないもんね。


文句言いつつまた来るかも。

やっぱ辛い麺は好きなのです(^o^)


アクセス


支那そば 月や 博多駅デイトス店

博多デイトス 麺街道

福岡市博多区博多駅中央街1-1

092-452-5422




行きたくなったら応援ぽちお願いします(^^)v




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA