オークランド食べ歩き・ライスヌードルに惹かれて大失敗!

dagu 201907 beef & soup


とある寒〜い夜であった。

買い物を終えたdanekoは、例のごとく、

家に帰る前になんか食べたいと考えていた。


今年に入ってできた、近場の麺屋さんがある。

日本人がやってるのではないらしい。


よし、今夜こそ行ってみるのだ♬

と、楽しみにクルマを走らせたのだった。


読めない看板。。



どうも、ライスヌードルの店らしい。


dagu 201907 exterior
看板の太鼓という字は読めるのだが、

米のあとの字は、銭?みたいな・・・

謎は深まるばかりであった。


入店すると、

間髪入れずに中国語でまくしたてられる。


たぶん、人数を聞いているのだろう。

ひとりだと人差し指を立てる。


チャイニーズのスタッフさんはちょっと驚き、

2人がけのテーブルに座れと指差す。


中国語の通じない客は珍しいようだ。


たしかに、白人キウィは皆無。

マウント・イデン地区では珍しいことだ。


中華だろうとベトナムだろうと、

たいていは好奇心旺盛なキウィ客がいるからね。


dagu 201907 interior
テーブルも店内も新しいからか、小奇麗だ。

客が帰ると、アルコールスプレーみたいなので拭いている。


妙なメニューに迷いまくる



渡されたメニューは、ファミレスのみたい。

しかも、変な男のキャラクターがそこここに。


dagu 201907 menu
ホラ、こんな人。

誰か、チャイナの有名人なのだろうか?

danekoには検討もつかない。


たぶん、適当なキャラであろう(-_-;)

と根拠もなく決めつけた。。


トマトスープのヌードルは要らないな。

と、パラパラとページをめくる。


メニューには、日本語表記すらあるではないか。

ま、たまに間違ってるけどね(^_^;)


などと突っ込んでいるうちに、ご飯メニューに。


ありゃ? ありゃりゃ??

食べたい麺メニューが無かったゾ(-_-)

んなはずなかろう。。


と、もう一度、最初からメニューをめくる。


この店は、オーダーを決めてからレジで前払い。

という最近メジャーなシステムである。


それにしても、食べたい麺がひとつもない。


なんか妙な具材 ー スパムみたいな肉とか、

内臓系だとか、

?な肉団子だとか、

地雷がいっぱいひそんだ写真ばかりなのだ。


仕方なく、消去法で選んだメニュー。


dagu 201907 kinoko noodles
キノコ入りライスヌードル。


ところがどっこい、レジに行くと、

キノコは売り切れだと言うではないか。


向かいのチャイマで買ってくればいいであろうに。


などと心の中でつぶやいたが、

この店で意思疎通は難しい。


英語ができるスタッフが少ないし。


結局、ライスヌードルならぬライスメニュー



danekoはもう一度、

最初っからメニューを見回した。


ホルモン入りがオススメみたい。

お店の名物のようだけど、

さすがに要りませんね・・


豚骨スープも要らないなあ。

前の日に美味しい肉を食べていたので、

変な牛や豚も嫌だし・・


などと困ったあげく、

フライドライスにしたのであった。


あ〜あ、米粉の麺が食べたかったのにね。

人生思うようには行かないものだ。


スパイシー・ビーフ炒飯。

14.9ドル

麻麻辣辣炒飯というらしい。


スパイシーにしたのは、

肉の臭みを誤魔化せるかと思ってのこと。

この時点で、旨い肉が出てこないと決めつけていた。


肉はたっぷり。でもでも・・



どういうわけかこの店、

新しいのにドアがキチンと閉まらない。


danekoの席は、すきま風がダイレクトに当たる。

寒いので、ホットウォーターを頼んだ。


おねーちゃんは、笑顔で持ってきてくれた。

そう、日本人だってお湯を飲むときもある。

お冷やじゃ寒いですからね。


dagu 201907 spicy beef fried rice
やって来た、麻麻辣辣炒飯。


ちょっとエキゾチックなスパイスの香り。

八角、クミンなどなど。

この辺、danekoの苦手な香辛料だ。


量が少ないな、、とガックリしたがなんのその。

盛り付けのせいだけで、実際は量が多かった。


食べても食べても減らない炒飯。

まあまあ辛いのはいいのだが、

スパイスと肉の臭みが相まっていただけない。


アウェーなdaneko



チャイニーズの皆様には、お好きな味かもしれない。

danekoは今、麻麻辣辣チャーハンを食べながら、

店の中で完全にアウェーだった。


ライスヌードルを食べている客がほとんど。

中国語を喋っている客ばかり。


その中で、ひとり、

黙々と炒飯を食べているのだ。。


この店、ドリンクメニューが自慢らしく、

(もちろんノンアルコール)

タピオカやフルーツのドリンクが豊富だった。


セットでそれを頼むと20ドルを超える。

だが、週末のちゃいにーず様たち、

日曜日のディナーに20ドル超えなどへっちゃらである。


お残しはテイクアウェイで



danekoは寒くて、

炒飯が来る前に席を移動したが、

店の人はちゃんと対応してくれた。


レジの店主は丁寧に、

炒飯メニューの味の違いを説明してくれた。

店主は英語が堪能のようだ。


炒飯もおすすめメニューだというから、

地雷を踏んだわけではないのだが・・・



dagu 201907 beef & soup
付いてきたスープと炒飯の牛肉


やはり、この牛肉は食べれない。

肉質も?だが、臭い消しのためのスパイスがまた・・


さらに肉の臭みを引き出していてすごいゾ(-_-)

と、danekoは食べながら牛肉を皿によけていった。


小皿は自分で持ってくるシステム。

お水も自分で取りに行く。

それは全然かまわないんだけどね。



dagu 201907 fried rice left
半分近く食べたところで、

テイクアウェイを決意する。


持ち帰り容器は、無料であった。

ホッ。。


さあ、がんばって。

スパイスたっぷりの牛肉を除いてしまうのだ。


dagu 201907 beef left
で、こんなにありました〜(^_^;)

こんなにたくさん入れるより、もちょっと肉質を考えてほしい。


だがそんなアウェーなdanekoの心の叫びなど、

ここではちっぽけ過ぎて届かない。


また、ライスヌードルを試しに来るべきか。

いやいやもう、多分無理。


足元もいっそう冷えてきたし、

チャーハン抱えて家に帰ろう。。。


※追記:
Zomatoの評価はなんと、3.8であった(@_@)

(2019年7月現在)


アクセス



Dagu Rice Noodles

184 Dominion Road, Mount Eden, Auckland
☎ 09 638 7799



【しろねこにぽちありがとうm(_ _)m】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
米粉のように白い、ワタシのボディ(自慢)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA