すごい!佐藤@小倉

いやいやこれは・・・


こんなに美味しい日本料理のお店があったなんて。。。


どうしてもっと早く訪問しなかったのだろう。


大将がコワイ(お客さんに対してではなく、弟子に)とか、

大将が弟子を叱ると雰囲気が不味くなるとかいう

腰が引けそうな報告がけっこうあったので、

あまり積極的に足を運ぼうと思わなかったのだ



danekoの不覚であった


つべこべ言わずに、

今日はどんどん料理をアップしていきますよ~






001+2.jpg

柿の白和えと、牛蒡と栗のチップス

白和えは甘さあっさりのおいしさ










002+2.jpg

松葉ガニ


甲羅に美しく身が盛られていて、蟹臭さは全くなし

この時点で、「来てよかった~!」と確信 !








003+2.jpg

フグひれのスープ

佐藤さんの秘密は(お店に来れば秘密じゃないけど)、

オープンキッチンに据えられた炭火に有りと見ました

そちらで大事に焼かれていくひれを、お出汁の中に、ポン、と・・・









004+2.jpg

器も素敵なんですよ

受け皿は、ロイヤルコペンだそうです





005+2.jpg

ふぐいろいろ

トラフグだけでなく、数種の河豚をアソートしています。






006+2.jpg

この紅葉型のお皿もかわいい






007+2.jpg

大きい~






008+2.jpg

佐藤さん登場

ホント狭い厨房なんですけどね~






009+2.jpg

入店した時から、大事に大事に包丁を入れられていた、

たいらぎ貝が柚子とともに

柚子の苦味がまた、貝から出る出汁とからまって・・








010+2.jpg

さっきの大きな松茸・・・

これも炭火で焼かれています






011+2.jpg

食の宴はまだまだ続きます

自然薯入りお味噌汁。






012+2.jpg

・・・蟹ご飯    お替り必須。






013+2.jpg

デザート  林檎は細切りにされ、シャクシャクした感触とともに、

ジュレの口当たりも楽しめる







014+2.jpg

デザート2品目

栗と小豆

またこれが、甘味がちょうどよいくらい



ゆったりと、2時間半ほど店にいたでしょうか・・・

しあわせ~な気持ちになって、小倉の街を歩きます



015+1_20101117140712.jpg

森鴎外の住んでいた家


016+1_20101117140712.jpg

ふつ~の、庭付き一戸建て。


こんな街中の一軒家。

繁華街(飲み屋街)のまん中に、不思議な存在感をかもしています


017+1_20101117140712.jpg

人はそう多くないながらも、

小倉の街もイルミネーション


018+1_20101117140712.jpg

近くで見ると、いい感じ


それにしても、クリスマスとお正月がいっぺんに来たような、

充実した1食


お酒も飲んで、お会計13000円程というのは、

ちょっと早めの

サンタさんのプレゼントのように思えたdanekoでした


佐藤

http://r.tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40000240/

追記: この「佐藤」 2014年7月10日発売の 「ミシュラン福岡・佐賀」

にて見事、ひとつ☆獲得しました

でもこの記事は、移転前のお店のものです。






関連記事

1 個のコメント

  • うまそーですね。
    お願いです。喫煙者天国だったと言ってください。
    そーすれば諦められる(笑)

    しかし小倉にあって、なぜ博多に優れた生粋の和食屋
    がないのか・・・。やはり接待文化説か(by瑞祢論文2010)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA