danekoの長~い一日・・

次の朝、ホテルで目が覚めると午前7時半。

寝たのが午前2時を過ぎていたから、起きれるか心配だったが、

やはり飛行機のことが気になっているのか、

寝過ごすことはなかった


パリ便は2時間おきにあるので、

あまり朝早いときついかな~と思い、

前夜レセプションにモーニングコールを9時に、と頼んでおいたのだが、

「9時?午前9時ですね??」

と、白けた声で確認された。

「緊急事態のモーニングコールにしちゃあ遅いよな・・」

と、danekoののんびりさ加減をせせら笑っているようだ。。


いや、9時がデッドラインかな、と思って・・・


しかし、朝食をたっぷり食べ、9時前にはチェックアウト。

タクシー乗り場は玄関前にあるという。

(来るのか??)



ホテルの玄関から。。。

見事な雪景色

フランクフルトも今日は交通が麻痺しそう。。




DSCF1140+1.jpg

おお、外国だ^^

ヨーロッパだ

と、自分の置かれた状況も忘れ、喜ぶ

しかし、こんな雪でタクシーが来るのだろうか



DSCF1141+1.jpg

カメラを向けると、

「Sorry」 とどいてくれようとしたガイジン。

「いいんですよ~そのままで」と、daneko

ガイジンて、なんか絵になるし。。。


さてさて、タクシーはすぐに来て、ほっ!

としたのもつかの間、

フランクフルトの空港は大混乱

あちこちに、長蛇の列、列、列。。。

それぞれの予約クラス別に、目もくらみそうな長い列が・・・


DSCF1142+1.jpg

左がビジネスクラスの列、

右は、ファーストクラスとゴールドメンバーの列


昨夜、ゴールドメンバーの列に加わったdanekoたち、

ここは意外にカウンターが少ないことをつかんでいた


で、ビジネスクラスの列に並ぼうと決心.

フランクフルトでは、昨日夕方以降、すべての便が欠航になり、

皆、便の予約が無い状態で、ホテルに放り出されているのだ

暴動の三歩手前状態で、係員は質問攻めにあっている・・


本日、お天気はGOODゆえ、飛ぶと思うのだが・・・

何しろこの人の多さ

自分の席が存在する気がしない



DSCF1143+1.jpg

エコノミークラスの列は、永遠に続いている

ここでなくて、本当にラッキーだった


DSCF1144+1.jpg

ルフトハンザから、飲料とスナック菓子

チョコレートが配られている

ってか、床に置きっぱなし

食べたい人は食べている

我らみな難民状態だ。。

danekoもお水をもらって水分補給

長~い一日になりそうだモンね




DSCF1145+1.jpg

犬が、ケージに入りたくなくて、暴れています


何かしらの危険を、察知しているのだろうか

なにしろ、空港は殺気立っていて、パニック寸前


danekoたち、1時間くらい並んだ後、やっと順番が来る。

「一番早いフライトで、1時15分です。でも空席待ちになるけど」

と言われ、、ちょっとクラクラ・・・

「く、 空席待ち・・」

すかさず娘danekoが

「それは、ビジネスクラスですか?」と確認。答えはイエス

その後の4時台の便なら空席があると言う。。。


danekoたちは迷った。

ここが運命の分かれ道。

「でも、もしゴールドカード(スターアライアンスの)があれば、優先順位がぐっと上がりますよ」

と言われ、

「はいはいっ!! 持ってます。ふたりとも」

ラッキーにも、danekoたちはステータスを持っていた。

(つまらんマイル修行もあってのこと^^;)


係員は、カタカタとパソコンを叩きながら、

「うん、これなら、悪くない。きっと乗れますよ」

というが、danekoはガイジンのこういう甘言は基本的に信用しない

「本当に乗れるの?」

「僕には確約はできないけれど、乗れそうですよ」

う~ん。。4時の便を待つべきか・・・

と迷っていたら、

娘danekoはこのドイツ人のいうことに賭けてみようと言う。

彼女はけっこう勘がよいので、ここはひとつ、とdanekoも決心

空席待ち状態の航空券を握り締め、

いや~なセキュリティチェックに向かう。


なにせ、どうやっても必ずピーっとなって、引っ掛かってしまうのだ

今日は時計もアクセサリーも全部外しているのに・・・

どうもブーツがいけないらしく、ブーツを脱ぐとOKだ。

あ~めんどくさ

このあとが、また地獄だった


前夜から心配してくれていたアメックスがなんども電話してきている。

着信履歴に気付かずにいた。

danekoの携帯はとうに電池切れ、

もう娘danekoの携帯が命綱だ

これが切れたら私たちは、

どことも連絡が取れなくなってしまう


アダプターを買って、PCの復帰を目指したものの、

空港内の Free WiFiのアドレスが取得できない。

皆いっせいにパソコンを使っているからに違いない。

アメックスに電話してみると、

「danekoさま、どうしていらっしゃいますか?」

と本当に心配してくれていた。

「パリ行きは今朝から全てキャンセル、また4時台もさきほどキャンセルになり、いま13時15分発の一便しか飛ぶ可能性が無いようです」

があん

なんだか今晩もフランクフルトに足止めの可能性大か・・・

パリに行きたいよう。。。


カウンターでは、オスロ行きの便がたったいまキャンセルになり(クルーの不足、って・・)

失望した人達が、ぞろぞろと出て行くところだった


困っていると、日本人のビジネスマンらしき人が話しかけてきた。

「パリ行きですか?」 

やはり、日本人同士、お互いの状況をおしえ合い、

パリ在住6年目の彼にいろいろ事情を聞いてみる。

こんな事が、以前にもあったそうだ。

今日は前後便を間引きしているので、

飛ぶ可能性は、けっこうあるということだった。

一縷の望み

しかし、彼と違って、danekoたちはただの空席待ちパッセンジャー。

飛んでも、乗れないこともあるのだ。


それに、預けたスーツケース

空席待ちの客のスーツケースをきちんと乗せてくれるのだろうか?

もし直前に搭乗が決まった場合、フランクフルトに置いていかれるのでは。。

パリでの滞在は、残り2日になってしまったから、

その間に届かなかったら、どうしよう

本当に、心配の種はつきない


やがて、歓声とともにともに、パリ行きのゲートは開いた

殺到する乗客

だが、空席待ちは追い払われている

正規の乗客が全て登場した後の呼び出しだと言う。。


正規の客が搭乗するのを指をくわえて眺め、

耐えに耐えて、ようやく

空席待ちの呼び出しが始まった

ひとりひとり、乗客の名字を呼んでいる

マイクが無いので聞こえにくい

皆、し~んとして、処刑場に行くか行かないか瀬戸際の人みたい

呼び出された人は、羨望の視線を浴びながら、搭乗ゲートに向かう。

呼び出しがやっぱり聞こえにくいので、

「Sorry?」  「Pardon?」  「Excuse Me?」 との声が飛ぶ

仏、英、独語が飛び交う世界・・・やがて、

「Ms. daneko」

と、待ちに待った瞬間が来た

キビシ~い周りの視線の中、danekoと娘danekoは搭乗口に

チケットを渡されて、嬉しくて泣きそう


飛行機に乗れるのが、こんなに嬉しいことはなかった

当たり前に、お金を払えば乗れるものと思っていた


DSCF1149+1.jpg

飛んだ、飛んだ♪♪

昨夜は搭乗後に欠航が決まり、

飛行機を降ろされた」乗客も多かったのだから、

とりあえず、離陸するまでハラハラだった



DSCF1150+1.jpg

1時間10分のフライトで、こんなスナックが。

シャンパンでひそかに乾杯


DSCF1153+1.jpg

あっという間に、フランスの地が近づく

畑か、湖か。。。



DSCF1156+1.jpg

雪をかぶった畑でした。



DSCF1133+1.jpg

どんどん飛行機は降下し、

danekoやっとこさ、パリに上陸なりそうです

関連記事

1 個のコメント

  • 女スパイの脱出記みたいでハラハラドキドキ(◎o◎)

    「マイルハンターdaneko危機一髪」続く…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA