フランクフルトは大雪!

突然ですが、リアルタイムでヨーロッパに来ています


この年末に・・・時間のやりくりをするのは大変だったけれど・・・

それよりも、もっと大変なことが待っていて、

いや~やはり、冬の高緯度地方の旅は凄いな と思い知ったのでした。


DSCF1133+1.jpg

昨日、フランクフルト空港に着いたときの景色

雪がちらちらと舞っていて、

へえ~、ふ~ん

予報どおりか。

と、思っただけでしたが・・・


DSCF1134+1.jpg

うわぁ、パンがおいしそう

などと脳天気に空港のカフェをのぞいていたdaneko


DSCF1135+1.jpg

サンドイッチの量に圧倒される

いや~これが、おいしそうなんですね。

お腹は空いてないのに


さて、danekoたちの、フランクフルトからパリへの乗り継ぎ便は、

遅れが出ていた

この日は雪がだんだんひどくなり、

フランクフルト空港からの発着便は・・・

怪しくなっていきました



DSCF1136+1.jpg

どう見ても、飛行機が飛びそうじゃない。。。

このとき、フランクフルト空港は全面閉鎖され、

danekoたち乗客は、十分な情報がないままに、

ルフトハンザに振り回されることに

パリ行きの18時15分の便がキャンセルになり、

次の21時台の便を待っていると、どんどん出発時間が遅れていった



DSCF1137+1.jpg

飛びそうな気配全くなし


パリのホテルを予約してあったのを、事情を話して本日中に着けないかもしれない事等、アメックスに伝えてもらう。

このときすでに、danekoの携帯は電源が切れており、頼みのつなの充電器は、預けたスーツケースの中だった・・・

しかも、掛けるたびに電池は減っていく

パソコンは、アダプターが、やはりスーツケースの中


仕方ないので、娘danekoの携帯を借り、アメックスに電話を入れる。

なんと、空港にいるdanekoたちよりも、

キャンセル情報が早い。。


外部の人間のほうが、

リアルタイムで航空会社のHPなどにアクセスできるので、

daneko便がキャンセルになったことなど、いち早く電話してきてくれた。

やっぱ、携帯やパソコンなどの電子機器がだめになると、

陸の孤島に残されたように心細い




DSCF1138+1.jpg

もうだめ

吹雪だ・・・

danekoが乗りたかったパリ行きの最終便は、

21時から、午前0時まで遅延になった挙句、

キャンセルされた

このあと、ルフトハンザが今晩のホテル代と、

空港ーホテル間のタクシーチケットをくれるという。


まあしょうがないかと並んだが、長蛇の列!

がんばって、人の少ないカウンターを探し当てる



順番になって、

「明日のパリ便の予約を」といったら、

「明日の便は予定が立たないので、ホテルの手配だけ」

と言われる


「はあ???」とあきれ驚いているdanekoに、

ルフトハンザの従業員は、

「こうして貴方が考えている間にも、ホテルが満室になっちゃうんだから、すぐに決めてね」

と、冷たい


danekoがアメックスに問い合わせをしてもらっていたホテルには、宿泊クーポンが出ないと言う

それもなんだかね~と考え、ルフトハンザのオファーを受けることにする。




さて、空港から20分ほどのメルキュール・メッセに到着すると、もう12時をまわっており、

しかもフロントは、人、人、人の山。

皆フライトがキャンセルになった乗客ばかり




何とかチェックインを終えて部屋に入ったのは、

午前1時を回っていた


明日また空港に行かなければ、

danekoはパリにいつ行けるのかもわからない


でももう疲れた・・・と寝てしまったのでした

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA