おが和 後編(^^)/

冬の京都、祇園の小さなお店、



酒宴?はまだまだ続きます。





そうそう、



024+1_20110126220317.jpg



このお酒を飲んでいます





025+1_20110126220317.jpg



うはは。。贅沢な・・



ふかひれのスープにふかひれの姿が

このコース、12000円で、いいのでしょうか (嬉しい限り)







026+1_20110126220316.jpg



本日のお魚は、大分の太刀魚

danekoの仕事場、大分の太刀魚ちゃんが、こんなに立派な白身魚に・・(感激







027+1_20110126220315.jpg



ん? お椀のような、煮物のような。。。





お出汁で炊いた野菜に、酒粕を付けて食べ、後半は、溶かして粕汁に



ひと椀で、2度楽しめます



もう少し、お酒を飲みたい気持ち。



今ある中で、小川さんが一番好きなお酒を飲もうっと



ということで、お聞きしたら、



なんと、danekoが今まさに飲んでいる三十八号だそうだ





あらら、じゃあ、お酒はもう、これでお仕舞いにしよう



本日のご飯は・・・





029+1_20110126220314.jpg



からすみ!!





鰹節の如く、上にかかっているのも、からすみ





ところが同行者は、からすみが苦手とか言う・・・



そこで小川さん、すかさず



028+1_20110126220315.jpg



なんと、雲丹ご飯



030+1_20110126220339.jpg



おじゃこもありますよ~



三種類のご飯が出て来たのだった。





お替りできます

なんという、幸せ



031+1_20110126220416.jpg



デザート



柚子のシャーベットが、ほとんど冷たく感じない ?



柚子そのものの、果実と果汁がぎっしり



カラダを冷やさないよう、



冬は冷たいものを控えているdanekoだが、





こういうのなら、大歓迎です



最後に。。。





032+1_20110126220415.jpg



海老芋を見せてもらう





里芋の仲間ですが、



縞々が、海老の背中の模様みたいだから、海老芋





あれれ??



danekoの静岡の叔母が、



毎年冬に農家から買い付けて送ってくれるものにそっくり



daneko家ではその「里芋」をお雑煮に入れていました。



叔母は「赤目」の里芋と呼んでいたが・・・





あとで調べてみると、いま、海老芋の80%が静岡産なのだと。



やっぱり、叔母の送ってくれるのは、海老芋だったのね

そうと知っていれば、もっと有難がったものを ・・・





叔母さん、失礼しました  m(__)m



(しかし、本人も上等な里芋と思ってるのよ





美味しいお店に行くと、人は成長するのだという 。。。





知らないことを知ったり、新しい体験をしたり、



おいしく食べながら、以前と違う自分になっていくことも、成長なのだと

フード・アナリストの講義で習ったときは、



食べるくらいで、大げさな~」と思ったものだが、



京都の食体験で、やはり成長しているような気がします



たとえそれが、danekoの勘違いだとしても。。。

関連記事

1 個のコメント

  • 宇部での会社の忘年会で和食屋さんを使ったとき、
    海老芋が出て、会社の女の子がこのお芋なんですか?
    と仲居さんに聞いたところ、「タロイモ」と答えたので、
    人格を抹消していた私も思わず吹き出してしまいました。



    ※注:瑞祢シェルダンは、一般社会では別人格で行動し、
    めだたなーいアホな一般人として紛れているのであーる。
    スーツもはるやまの対ウイルススーツ、靴も安物。
    nekoyanさんにお会いするときのように歩く身代金
    の身なりはあんまししないのであーる。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA