祇園ささ木で超満腹\(^o^)/・後編

春・夏・秋・冬。

3ヶ月毎の、京都でのお楽しみ♪


老人介護中の身にしみます(^^)v


さて、カウンターに並ぶ15名。

この一食だけの運命共同体であろうか・・





danekoたちは、このお酒。

店主がお客と料理を見ながら選ぶのです。





子持ち鮎。

みりんで下味を付けることで、

いわゆる塩焼きとはチョット違う路線を狙ったと。







こちらは鮎とは対照的に、塩だけで炭火焼き。


いい香り~♪


さてさて、昨日の記事の松茸は、





タケノコとの炊合せになって出てきた。

あっさりと、食感を残すように炊いてあります。


そして、あの伊勢エビは・・・





白味噌仕立てて出て来ました~(^o^)


ひりょうずと京都のみぶ菜、

クリュっぽく炊いた伊勢エビのぷりぷりと、

野菜のしゃきしゃき感を楽しみながら、


けっこうガッツリな一品。


あ、ご飯の写真スキップしちゃった(^_^;)


そうそう、お寿司三貫も付いていたけど、

佐々木さんからの手渡しなので写真はいつも撮れない。


で、




漬物と卵焼き。

よいあんばいに漬かっています。


さあ、宴はまだ終わらず、

デザートへ。




値段だけで選んだという葡萄と、

シャンパーニュのジュレ\(^o^)/


なんでもフルーツの質は素直に価格に反映するんだとか。

シャンパーニュのジュレ系、最近の流行だな~。。




和栗のモンブラン。

しかし、栗の下は特製アイス。


提供するときの温度感にめちゃめちゃこだわったという、

まさにこのひとときのためだけに作られたもの。


ハア~、堪能しました。

また年末、お世話になります(^^)/~~~



【しろねこ、元気かな】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

元気じゃないワヨ、こんな見せびらかされて(~_~メ)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA