クレープ・カフェ@河原町

TOEFLの試験を終えた娘danekoは、

甘いものに飢えていた


きっと脳内を酷使し、

手持ちの糖分を使い果たしたのであろう


(しかし、試験の結果はたいして良くなかった)




そこで、danekoが散策中に見つけた、

河原町のクレプリー系カフェに








  363 というカフェなのだ♪










娘daneko


クレープにするか、モンブランにするか、

20分くらい迷っていたが、

モンブランになった



ダイエッターにとって、

ケーキを食べれるのは貴重な機会。


ゆえに、迷いに迷い、涙ぐましいチョイスをするのだろう。。。









danekoはグラタンを、


ほんとうに、10年ぶりくらいで食べた

チキングラタンだったが、チキンは抜いてもらった。

チキンの匂いのするグラタンは好きではない。 というか、


グラタンなんて、世の中に存在することを忘れかけていたのだ。



子供の頃はオシャレな食べ物だったな~


このカフェ、結論としては、若者のおしゃべりの場所か。

京都の食べどころの位置づけとしては、

わざわざ行くほどのものではない。。。



にほんブログ村 海外生活ブログへ    そう、ぽちお願い。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA