まずは、上海へ(~o~)

  福岡空港、国際線。。。

ここの手荷物検査は異常に厳しい

danekoは今回、万全を期したつもりだった


のに、danekoの手荷物は、またもや止められて。。。

「液体物入ってないよ!!」と内心ムカついていたら、

「化粧用の小さなハサミがありませんか?」と聞いてきた


。。。。ある。。。。

しかし、これは、今回の旅行に必要なもの

海外で、テキトーな眉カットバサミに出会えるとは思えない


しかも、danekoは2本もハサミを持っていたのだ


「・・・預けます!」

と、断固として主張すると、

「何便ですか?今からゲートに戻って手続きしてきますか?」

と小馬鹿にしているので、


「もちろん!!!戻って預けてきます!!」

と、いったんゲートを出て、エア・チャイナのカウンターへ


係員は、ちょっとあっけに取られている。

空港係員なんかの、脅しに屈しないぞ

というdanekoの決意の表れだったが、

JALのおねえさんが待つ、エアチャイナのカウンターでは、


「あら、お預けでございますね~^^どうぞ、どうぞ」

てな具合で、小さな菓子箱に、慣れた様子で入れてくれた。

この空港では、日常茶飯事なのだろう



手荷物検査のカウンターに戻ると、

中国人が今度は止められて、バッグを開けられている。

化粧品が引っかかっているのだ

以前のdanekoのように。。。



「ここで捨てるか、チャックシールを売店で購入してきて、入れてください」

と言われ、困っている・・・



これはイジメだ



そう思ったdanekoは、

荷物の中の余分のジップロックがあったのを思い出し、

「我給イ尓的」と渡した


中国人は最初、きょとんとしていたが、

すぐに袋だとわかって、感謝してくれた


「ここの空港、イジワルなんですよ」

と言いたかったけれど、さすがにそれはやめた


ほんとに、福岡空港はキビシイ。。。




DSCF6227+1.jpg ラウンジが、



DSCF6225+1.jpg こんなに、






DSCF6226+1.jpg ショボくても、である


本当に、danekoが入ってすぐ、
上海行きの搭乗アナウンスがあったが、

滞在できないことを、

決して後悔しなくていいラウンジである



DSCF6228+1.jpg むぬぬ・・・嫌な予感
はるかかなたの端っこへ、歩かされている。。。


これはもしかして、地面を歩いて飛行機に乗るのだろうか



と、思ったら、


DSCF6229+1.jpg かろうじて、タラップがつながっていた


よかった。
タラップのつながる下限ギリギリのこの機体、

はたして上海まで、無事飛ぶんだよね^^;
いってきま~す





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA