ワイヘキ島 ワイナリーへ(^^)v

お待ちかね??

オークランド近郊のワイナリーツアー 第一弾


といっても、danekoたち4人の貸切である


どこへ行こうと、何をしようと、時間内オールフリー♪


それに。。







DSCF7043+1.jpg 雨も降らなかった


実は雨予報だったのだが、

daneko軍団の晴れオンナたちで雨雲を撃退したのだ


いま、フェリーに乗って、ワイヘキ島へ向かっています


スカイタワーの左に見えている、

ちょっと丸い帽子をかぶったようなビルが、

danekoの住むメトロポリス







DSCF7046+1.jpg 島に着くと、丘の上からもオークランドが見える











DSCF7047+1.jpg マッドブリックの、レストランはまだ開店前か。。。


Wine Cave をモチーフにしたレストランのよう


ここは今日はさくっと終わらせて。。。


なにしろdaneko軍団、はしゃぎ過ぎて、

なかなか先に進めない


これでは・・・

お目当てのワイナリーを回りきれないかもしれないのだ






DSCF7048+1.jpg 2軒目、ケーブル・ベイ



ここは、建物がお洒落なので、

ワイナリーツアー初体験の軍団の方々のために寄った。



やはり、西洋人にも人気があるようで、

テイスティング・ルームには人があふれていた


danekoはここのテイスティングは、パス







DSCF7049+1.jpg こちらのレストランも、開店前


でも今日は、Stonyridgeに予約を入れてもらっているからいいのだ








DSCF7051+1.jpg 見晴らしのよい、Cable Bayの丘で一枚


daneko軍団は、みなメトロポリスの住人なのです







DSCF7050+1.jpg なんと、いいお天気


Stonyridgeにて、

醸造責任者のChris Ward氏の案内でCave探検


彼は日本にいたことがあるので、

日本語で案内してくれた


大阪にいたので、本来は関西弁だ


この日は、標準語っぽく喋っていたので、なぜかと聞いたら、


日本のマスコミ取材などもあり、

大阪弁を控えて話すことができるのだそうだ







DSCF7052+1.jpg ぶどうをプレスする機械


シンプルですね








DSCF7053+1.jpg 樽がごろごろっと。。。




セントラル・オタゴでもそうだったけれど、

こちらのワイナリーも、フレンチ・オークのみだそうだ


NZのワインがニューワールドっぽくないのは、

こんなところも関係しているのだろうか、とふと思う。







DSCF7054+1.jpg 意外と無造作に樽が置かれている


そして、思ったよりもずっと小規模だ。

HPによれば、


Insecticides have never been used at Stonyridge and herbicides have not been used since 1988 when we purchased our first German tractor-mounted undervine weeder. Our vine-disease-protection program is limited to non-systemic fungicides (copper and sulfur). We are organic growers, but because of an allergy to bureaucracy we refuse to be certified by an agency.

   
有機栽培だが、それを謳い文句にはしていない。



しかし、ここで、

ボルドー5大シャトーをブラインドでぶっちぎったカルトワインが作られているとは、

とても思えない簡素なワイナリーではないか・・・


そんなことを考えながら、Chrisの話を聞いていたら、

お昼ごはんの時間になった


(続く。。。)


にほんブログ村 海外生活ブログへ お腹空いても、ぽちっとな。。。

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA