割烹 飯田!(^^)!

魯山人の器を見ながらのお話をうかがったあと、


皆で向かったのは、




こちら







飯田さんである


お料理をブログ等に載せてはいけないそうで、


ちょっと残念だが、

撮らずに料理に集中できるのはホッとする







器、みせていただきます

魯山人がいっぱい


これは、不思議な、9角形の器。。







これは、

先ほどの魯山人ミニ講座で、


ご主人が 「飯田さんに行ったらぜひ見せていただいてね♪」


と、太鼓判を押してくださったお皿









うう~む



ご主人は飯田真一さん(1975年生まれ)


まず金沢で和食の修業をされ、

その後京都に。


「ひろや」「和久傳」「祇園丸山」「櫻川」で修業を重ねられた方。


可処分所得のほぼすべてを器につぎ込まれたとのこと


魯山人の器は、


昨日の講座のあった「古美術 梶」で、買われているので、


今回はそのご縁で寄せていただき、大満足



京都は、人と人とのつながりの中に、

広がっていく世界があります


素敵な奥さまがおもてなしの担当で、

会話も楽しく、

気持ちよく過ごすことが出来ました


私の友人、裕子さんの器のお店と、

ご主人のお店のリンクを貼っておきますので、


京都にいらした際は、ぜひお立ち寄りを



うつわや あ花音


古美術 梶

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA