ニッポン麺紀行・祇園でお出しの効いた京うどん・常磐。そして鴨そば(^o^)

ふたたび・・

京都にやってきた。

 

ビョーキが治ってきたのだ\(^o^)/

 

夜は割烹へ行くので

昼間は軽めにおうどんなんぞ♪

 

と思っていたら

娘danekoが鴨そばを食べたいという。

 

ったく、生意気なムスメだ(-_-メ)

鴨はいつでも高いというのに。

 

で、三条通を東山に向かい

てくてく歩いて目標地点へ

 

 

と、

なんと、お休み(T_T)

 

「枡富」さんです。

 

鴨そばがオジャンになり、

相当なショックを抱え

次のお店へ向かう・・・

 

まだビョーキ上がりで、

danekoが歩ける距離には限界あるので、

 

タクシーに乗って

花見小路新橋へ。

 

タクシー代、600円ですよ\(^o^)/

 

 

祇園 常磐

 

い~じゃないか(^o^)

このお店。

 

蕎麦とうどん両方やっており

どちらもこだわって作っている。

 

丼や鍋焼きうどんなども有り

メニュー選びが大変だ。

 

かといって

夜はガッツリ系割烹を控えているので

 

danekoはあまり食べられない(-_-;)

 

娘danekoは、

夜は別行動のためガッツリでもよいので、

 

 

と、鴨なんば(蕎麦) 1450円。

 

鴨つくねの焼いたのも入っていて

なかなか手が込んでいるのだ(^^)v

 

枡富ではなかったけど

ムスメは鴨そばが食べれてゴキゲン♪

 

 

き、来たゾ(ー_ー)!!

 

danekoは迷いに迷ったあげく

カレーうどんも食べたかったのだが、

 

 

基本の刻みきつねうどん 700円

 

ハア~(^o^)

 

おだしの深~い香りに

山椒入りの京七味が合わさって、

シアワセ。。。

 

ふたりとも、

夢中で食べました。

 

こちらのおうどん、

形が「きしめん」に似ているので、

 

「常盤のきしめん」と呼ばれているのだそう(^^)

 

お店の先々代からの研究により作られた

独自の「平打ちうどん」なんだって。

 

うう~む

うどんも研究であったか・・・

 

京都のおうどんは

福岡では食べれないので、

本当に貴重な一杯なのです!

 

明日もあさっても、

麺を食いだめしなくっちゃ~♪♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA