魔のシドニー紀行(>_<)15・フードコートで大満足編

Westfield は、巨大なショッピングモール。



ニュージーランドにもあるのだが、

シドニーの方が格段に立派で高級感があった。


上海や香港のお高級系モールのつくりとよく似ている。



アメックスとの電話を終わって、

歩きながら娘danekoが、


「まま、何を食べる気なの(-_-メ)」


と空腹を抱え、怒ったように聞いてきたとき、


「うん。。。鼎泰豊はどうかな。。」


と自信なさげに答えたのだ。


「!!!♬♬♬」


娘danekoは二つ返事でオッケー(^^)v


よかったあ!

娘は小籠包のディンタイフォンが大好きなのだ。



モール内のエスカレーターを、5階まで上がると、


なんと!





ご立派なフードコートである(^_^;)


そしてなぜか、ガラガラ・・・


と思ったら、

あとで閉店時間が近かったことが分かった。


午後6時半までなんて、

やる気のないフードコートであるが、

オセアニアではよくあること。


南半球を、甘く見てはいけない(-_-;)





さあ、好きな席に座って、食べるぞ~(^^)v


やっと、やっと、今夜のお部屋も決まり、

夕食にもありついた(T_T)







娘danekoが、汁無し担担麺を食べています。


麺が長いが、お味は悪くない。

いまや、一言の文句もなく、絶賛食事中。





たったの4個でひとセイロ。

シドニーは、物価も高い。。


しかし、この小籠包、

オーストラリア料理よりは、格段に満足。



お腹いっぱいになって、フードコートを一周するも、

もうクローズのお時間。






一風堂もありました。

が、なぜかデートのカップル多し。

 

ラーメン屋がデートスポットなんだ。


日本とは機能が違うなあ。。


あんな風にしゃべりながら、

いちゃいちゃしながらゆっくり食べてたら、

麺が延び延びになってしまうゾ(ー_ー)!!



閉店近い店内では、

ニッポンのラーメン好きには許せないであろう風景が展開しまくっていた。


さあ、気を取り直して、シドニーを堪能しなくっちゃ〜♬

 

続きはこちらをどうぞ〜♬


魔のシドニー紀行(>_<)16・招かれざる客編

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA