南島ハイライト③・レンタカー屋で大モメ(>_<)

 
南島は羊が多い♪




なにせスピードが出ていなかったから、

クイーンズタウン空港まではすぐ戻れた


レンタカー屋のオフィスに着くと、

オニーチャンがいぶかしそうにこっちを見ている


さあ、レンタカーを戻し、別のに替えてもらわなければならない。


モノの本には、こんな時どういうかが書いてある


Would you mind changing this car to another one?

It’s too old and I can hardly drive it.


とかなんとか。。。


しかし、

そんな悠長なお上品な英語をアジア人がしゃべっても、

バカにされるのが落ち??


danekoは、ストレートに、

I don’t like this car.  It’s too old for me to drive.

と、クレーム感満載で迫った(つもり)。。


しかし、本日すべてのレンタカーは予約でいっぱい。

替えのクルマなどないという


danekoは、別のランクでもいいと言ってみたが、

別のランクも何も、一台もスペアは無いというではないか!


困った。。。



「他の人にこれから貸すクルマがあるんじゃない?」


と言ってみたが、そんなものを貸せないという


も少し走行キロ数が少ないのがあるなら、そっちを貸してくれと頼むと、

どれも皆同じだという


いやいや、どれもこれもそっくり同じってことはないだろう。

いくら、マイル数の多い格安ランクだからって、

皆が皆、24万5千キロのはずないじゃないか。


そういって、

他に、ここに残っているクルマを見せてくれ と頼んだが、即却下された



ちぇ、ガチガチに固まった貧しいサービスだ。


大体このレンタカー会社、他より安くて、

しかも補償がいいから、人気なのを逆手にとってずいぶん上目線だ


手元の事務は大してさくさくできないくせに、

お客が多いからもういい気になっているのだ


danekoが困っていると、

娘danekoは他のレンタカー会社に行ってみたらという


う~ん・・・


しかしそれには、ここの予約を捨てなければいけないし、

代わりのクルマが手に入る保証もないところで、

いまの予約を捨ててもいいものか・・・


danekoは、無いアタマで必死に考えた


レンタカー屋の不親切なオニーチャンは、

どうするのかと聞いてくる


「ちょっと待って。他社に連絡取ってみるから」

と、オニーチャンを制した。


どうせ、いまはまだdanekoのクルマなのである。

次のが決まってから、キャンセルの段取りに入った方がよい


なにせ、この時期のクイーンズタウンは、夏を惜しむ観光客で一杯だ。


そして、danekoは、

例のアメックス・プラチナ・コンシェルジュに電話をかけ始めた


すると、1人の客が、レンタカー屋に入ってきた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA