ニッポン麺紀行・(続)食べログ評価に意義あり!おかる(-_-メ)

okaru 201607 curry udon

この記事は、昨日の続きです。。

 

いったいいつから

祇園四条は中国様に占領されたのか(@_@)

 

四条通を眺めれば

浴衣を着て大はしゃぎで歩いているのは、

中国人ばかりではない。

 

ベトナムも香港も韓国も

たくさんのアジア系外人がいるのだが、

 

このうどん屋に関しては

中国人の客がほとんどであった。

 

しかも、ホールの従業員3人のうち

2人は中国人である(-_-)

 

席に着き、

「ああ、どうせ

中国のガイドブックにでも載っているのね」

 

と思ったのもつかの間、

冷たいお茶が運ばれてきた。

 

飲めば、、、ぐわ~ペッペッペ(@_@)

 

なぜかタバコのヤニの臭いがする。

 

以前オークランドのどこかで

これと同じ臭いのお茶を出されたことがある。

 

安い韓国料理の店だったと思う。

まさかここ、祇園四条でふたたびお目にかかれるとは。。

 

激マズ茶も世界に進出しているのだろうな。

(それにしても何茶であろう・・?)

 

ま、店内の6~8割を占める、

中国人客の好みの茶ならばそれもよかろう。

 

danekoたちはお水をもらう。

声をかけた中国人スタッフは、

 

「ああ、水ね、ハイハイハイ」

と3度もハイを繰り返し、

 

中国びいきの娘danekoをさえ怒らせた(~_~メ)

失礼なオバちゃんである。

 

が、中国人観光客への応対は

めっちゃフレンドリー♪

 

「京都祇園の老舗うどん店

愛想のいい中国人スタッフが常駐で

安心のサービス満点!」

 

などと

中国のガイド本に書かれているのだろうか。。

 

前置きが長くなったが、

danekoはお店名物カレーうどんを。

 

娘danekoは迷った末、

シンプルに刻みきつねうどんを注文。

 

 

それがこの、昨日の写真。

 

お味は娘danekoによれば・・

 

・京都のうどんにしてはだしが凡庸

・揚げが厚く、だしを吸い込んでいないまま

・うどんが市販のゆで麺みたい

 

と酷評であった・・

 

 

 

どんぶりが可愛ければ

いいというものではない(ー_ー)!!

 

京都のうどんって、

ふつーのでもお出しが効いてて美味しいんだよ。。

 

なのに、なのに・・

 

ま、気を取り直して、カレーうどんだ。

 

 

danekoのカレーうどんは

店名物だけあって美味しかった。

 

スパイスがよく効いており

辛さも十分。

 

しかし、

店に漂う投げやりな雰囲気と、

 

得体のしれないマズいお茶。

他人のことを考えず騒ぐ中国人客。

 

小さな椅子の上で

立膝をして食べる韓国人客。

 

なぜか太った客が多く

狭い店を余計に狭くしており

 

お味も、食べログ評価3.5はおかしい。。

 

娘danekoの発見によれば

2014年を最後に、

 

壁に貼ってある芸能人のサイン色紙も無いという。

2014年のそののち、

 

おかるに何かか起こったのか(?_?)(?_?)

 

ま、とにかく

二度とここに近寄るまいと

daneko母娘はかたく誓ったのであった。。

 

 

こんな外観。

(立ってるのはdanekoではありません。。)

 

 

おかる

東山区八坂新地富永町132

 

【しろねこに、一日一ぽち】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村


裏通りに行っちゃダメって行ったのに(-_-メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA