Metro Top 50にも選ばれたベイルートが閉店してた!

beirut open 2016 chef



南半球の果て、イナカのニュージーランド。



world map new zealand
ホラね。。(^_^;)


まんざら嘘でもないでしょ?

周りは海だらけである。。


そんなNZのオークランドでも、

ここ数年お店の入れ替わりがめちゃ速い。


困ったものである・・・


Beirut・トップ50 2016だったのに



danekoは、

とあるクローズしたレストランを調べていた。


もちろん、グーグル先生に聞く。


最近は、インスタちゃんに聞いたほうがいいと、

娘danekoに言われたのだが、


哀しいかな、

ついついGoogle先生に聞いてしまうのだ。


そしたら、

そのレストランは再オープンしていた!


で、場所をGoogle Mapで確かめると、

ベイルートのあった場所ではないか(@_@)


beirut open 2016 chef
オープン時のシェフの写真。

こんなきらびやかなときもあったのだ。。


それにしても、

2016年にオープンしてからほどなく、

オークランドの情報誌・Metroが選ぶ、

レストラン・トップ50に選ばれている。


しかもこのときは、

ベスト・ニュー・レストランの2位と、

期待の新星だったのだ。


それが、なぜ、いつ・・・?

danekoがシティをフラフラしなくなって、

いつ頃かの情報が定かではないのだが、


お洒落レバノン料理・ベイルートは閉店



知らない間に閉店していたBeirut。


あとには速攻で、

前述したハイストリートにあったレストランが移ったのだろう。


オープン時の評判はすごかったのになあ(^_^;)

これ、メトロ誌の記事からの抜粋です。

2017年の記事。


スクリーンショット 2019-10-09 8.17.39


ずいぶんほめちぎっていますね(^_^;)


このあと、2年も保たなかったとは。。

レビューの記者さんもアレ?だったろうな。


過去記事もバッチリあるんですよ。




それからも、何度か行ったのだ。

あの頃、2016年は、

新感覚レバノン料理に夢中になっていたな・・




そしたら、娘danekoが、


娘daneko
ここの料理あんまり好きじゃない(-_-)


と言い出したので、行くのをストップした。

あの頃シティに住んでいて、

他に山ほど食べるところがあったしね。。


で、ベイルートのあとにできたレストラン。

ちゃんと行ってきましたよ(^_-)


次の記事でアップしま〜す。


【しろねこのつっこみにぽちを♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ナニよ、この中身のない記事は(-_-メ)

daneko、ヤキが回ったわね。。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA