daneko、足をねじってさあ大変!⑤塗り薬でひともんちゃく

daneko 201910 kusuri



この記事には前編があります。









レントゲンで異常がなかったので、

めでたし、めでたし。


お会計も無事済ませた。

30ドル。初診料、ということだろうか?


塗り薬を買いに



受付のおねーさんたちはなかなか感じが良い。

おねーさん
Take good care〜♫ Bye bye


とにこやかに患者を送り出している。


子供には満面の笑みで話しかけ、

どうしたのかと、親に聞いたりする。


空間は殺風景だが、雰囲気は和やかであった。


医師Bからもらった処方箋を握りしめ、

danekoは階段を降りていく。


入り口脇のファーマシーに行くのだ。

そして塗り薬を貰えばミッション完了。


あとは遅いランチを食べに行ける(^^)v

さあて、どこで食べようかな。。。


と、気もそぞろで薬局に入った。

カウンター内には誰も居ない。


と思ったら、奥から40代くらいの男性が出てきた。

ロシア人みたいな雰囲気。

見かけも、言葉のアクセントも。


処方箋を渡し、

daneko
これ、ここにありますか?


と聞いてみる。


小さな薬局だったから、

無いかもしれないと思ったのだ。


ロシア風
ありますよ。


といって彼はカウンターの中から出てきた。


そしてdanekoの脇を周り、

薬が並べてある棚の反対側へ。


ロシア風
はい。これ。


といって見せられたのは、ボルタレン。


これならdanekoも知っている。

よく聞く塗り薬である。


でっかいサイズの塗り薬



しかし、そのチューブはでかかった。

内心、danekoは思ったのだ。

daneko
いやいや、こんなに使わないゾ


きっと途中で塗らなくなるし。。

そこで、ロシア風の彼に言ってみた。


daneko
これ、ちょっとサイズが大き過ぎると思うんだけど


というと、彼は答えた。

ロシア風
ええ?そう?

でも、一日に3〜4回患部に塗るんだよ。

すぐになくなっちゃうよ。

と、いうことは、

小さいサイズもあるのかもしれない。

なければ無いというはずだから。


daneko
う〜ん、でもだいじょうぶ。

なくなったらまたすぐに買いに来るから。


とdanekoは苦しい言い訳を。


いえね、大きい方を買って帰っても、

足が治ったあかつきにはきっと、

家の不要物になるのでは?


と、不吉な予感がしたのである。

かと言って捨てるのはもったいないと思うだろう。


そんなつまらない葛藤が未来に待っているのなら、

小さなチューブを買っておくほうがよい(ー_ー)!!


ロシア風は、さっきの棚の裏に行き、

小さなチューブを持ってきた。



white cross 201910 voltaren
それが、これ。

大きさは、10センチに満たないくらい。

daneko
コレだ!! コレを買うのだ!


danekoはすぐにひらめいた。

これならば、旅行にも持っていけるサイズ。

daneko
あ〜それ、その大きさで今日ははとりあえずOK


ロシア風はちょっと怪訝な顔をしている。


なぜdanekoが小さなチューブに固執するのか、

意味がわからないのかもしれない。

変なアジア人と思われたかな?


こちらはアメックスでもOK



へへへ、だからって説明すると長くなるからね。

お腹も減ってるし、早く帰ろう。


daneko
幾らですか?


さあ、とっととおカネを払ってしまうに限る。


ロシア風は、Life Pharmacyと店名が書かれた、

小さな紙の袋にチューブを入れてくれた。


処方箋に書かれたものとサイズが違うから、

厳密にはいけないのかもしれないけど。


daneko
無くなったらまたすぐ買いに来ますね!


というと、彼は納得したようだった。

そして、次回わかるようにと、

薬の詳細がわかるシールをくれた。


ロシア風
11.9ドルだよ


と、支払い用のマシンが差し出される。


はて、

ここは、アメックス使えるのだろうか?


danekoは彼にアメックスのカードを見せて、

daneko
Do you accept AMEX?


と聞いてみた。


彼は、なぜそんなこと聞くんだろうと、

不思議そうな顔をした。


きっと

ロシア風
・・・東洋人の考えてることは全然わかんないよ(-_-;)


などと感じているのでは?


しかし、danekoにはdanekoの考えがあるのだ。

日本の国外でAMEXを使うとポイント3倍。


この美味しいチャンスを逃してはならない。

(ただのセコいアジア人である。。)


ロシア風
AMEXでもなんでもだいじょうぶだよ


そっか。銀聯カードでもOKなんだろうな。


と、11.9ドルの攻防は終わった。


ボルタレン事後報告



その後・・・


daneko 201910 kusuri
こちらのクリーム、

やはり、予想通り減りが激しく少ない。


danekoはめんどくさがりなのだ。

一日に3〜4回も足に塗ったりできるわけがない。


だいたい、

ハンドクリームでさえ塗り忘れるのに。


ましてや、靴下を脱がなければいけない足など、

そんなマメに塗ったり貼ったりできないよ(^_^;)


と、いうわけで、

塗り薬は2日にいっぺんくらいしか使っていない。


鍼灸の治療が始まり、

テーピングをしてもらってるせいもある。


この鍼灸師がまた、名医であった。

もともと東洋医学の治療アプローチは嫌いではないdaneko、

針もカッピングも名医ならOK。


次回はその、

スーパーパワー鍼灸師の話をして、

この足ねじり事件シリーズの幕を閉じようと思う。


これまでお付き合いしてくださった読者の皆さま、

そしていつもポチをくださる方々、

応援ありがとうございます!


【しろねこにポチ感謝です♫】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
早く食べ歩きに戻らないと、呪うワヨ(-_-)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA