danekoの入院食日記1・入院しました!新型コロナじゃないけど・・

daneko illness 2020 hospital room



danekoの入院食日記はシリーズとなっています(^o^)

途中からお読みになりたい方は、

もくじページからどうぞ。



2020年3月。

新型コロナウィルスによる感染症で、

世界中が大変な時期である。


そんなとき、

daneko個人も大変な目にあっていた。


タイトルどおり、入院中



ええ、

コロナウィルスに感染したわけではなく、

まあ、ケガで入院(-_-;)



daneko illness 2020 hospital room
病院に入院したのは、どのくらいぶりであろう?


2016年に腹膜炎で倒れたときには、

あわや入院させられそうになったが、


熊本で起きた地震のせいで逃げ切った。

(興味ある人は、「daneko闘病記」を見てね)


ま、あのときはね、そもそも、

入院することのメリットが考えられなかった。


だって原因不明、治療法は点滴??

な〜んていう、わけのわからない方針で。


おまけに誤診もあって、病院不信になってたし。


カーテンの中で・・



でもでも、今回ばかりは、

danekoとて、逃げられず。


入院する他はなかった。

そうそう、病院に入院するのは、

出産後、初めてのことであった。




daneko illness 2020 hospital curtain
カーテンの中で、いろいろなことを考える。


食べ歩きは、もちろんしばらくお休み。

撮りためた写真はあるから書けるんだけど、


実は昨日まで、

なんだかんだ、文章を書く気にならなかった。


傷の痛み。


特に夜中は痛むのだ。

すると眠りが浅くなる。


病院の朝は早い。

午前6時にカーテンを開けられ、

顔を拭くオシボリが配られる。


早起きの先生は、午前6時半に回診。

当然、夜は早い時間に消灯だ。


午後9時になると、メインの電気は消される。

あとは、ベッドサイドのライトのみ。


闘病記2を書こうとも思ったが・・



2016年のdaneko闘病記に続き、

もうひとつの闘病記を書こうかとも思った。


だが、思った以上に筆が進まない。

痛かったり、眠かったり、ぼんやりしていたり。


また、リハビリが始まってからは、

筋肉痛にも悩まされている。


自宅療養していた腹膜炎のときとは違い、

入院生活は思ったよりも忙しい(@_@)


看護師さんは日に7~8回はやって来て、

傷の具合を見たり、

熱や血圧を測ったり。


体調や困ったことなど、詳細をヒアリングされる。

なかなかに、面倒見のよい病院なのである。


加えてリハビリが日に2回。

終わると、

これまで使ってなかった筋肉を使うのでちょいとグッタリ。


そこで午睡などすればもう夕方だ。

夕食が済むと、同居人が見舞いに来る。


その後は、消灯も近い。

詳細な闘病記録を書いていくには、

今回は気力に欠けていた。


闘病記の代わりに



そこで、

働かないアタマで考えたdaneko、

病院の食事をアップしようと。


そのくらいなら、

あまり気負わずにできそうな気がする。


と、いうわけで、

明日からアップしていきます。


danekoの入院食日記(^_^;)


え? そんなモノに興味ない??

す、スミマセン。


ご興味のない方は、

しばらくdanekoブログから遠ざかってくださいね。


【しろねこに、応援ぽちを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
daneko、外食王じゃなくて入院食王ってこと?

つまらないワネ(-_-メ)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA