danekoの入院食日記4・細〜い血管が病院泣かせ

hospital meals 0308D



danekoの入院食日記はシリーズとなっています(^o^)

最初から、または途中からお読みになりたい方は、

もくじページからどうぞ。



カラダの話ではない。

danekoは血管が人一倍細い。


それは、入院当初から問題を起こしていた。


danekoの細〜い血管は血筋?



病院というところは、

まず、必要に応じてレントゲンやCTを撮る。


それから、血液を採取する。

これが問題。



daneko illness 2020 drip2


danekoの父が入院していたときも、

血管が出なくて大問題になっていた。


看護師が血管に注射針を通すのに失敗する。

もう一度、二度とトライするが、また失敗。


タッチ交代。でもまた失敗。

こんなことを、3人位は繰り返していた。


父は、


☓☓さんを呼んで。え?今日来てない?

と、注射の上手な看護師さんの名前を呼ぶが、

ちょうど良く来てくれることは少なかった。


まあ、父は公共機関の病院に入院していたので、

そこは患者さんのことを考えるというよりは、


「痛くても何でも、針が通ればいいじゃないか」

というような空気が流れていた。


danekoはその様子を見ながら、


daneko
入院など、絶対にしてはならない(-_-)


と、内心ビクついていたのだ。


そんな父の母、つまりdanekoの祖母だけど、

この人がまた、同じように血管が出なかった。


お見舞いに行くと、

看護師さんが「ゴメンね」と言って、

何度も腕に針を刺そうとしている。


そのたび失敗するので痛いだろうと思うのだが、

そこは、父と違って温厚な祖母のこと。



いいよ〜。もう一回やってみて。

あなた、上手いね。

などと看護師さんをねぎらいつつ、

毎日の辛い日課に耐えていたのを思い出す。


そう、danekoの体質は遺伝的に、

血を取ろうとしても血管が出にくいのだろう。


入院には不向きなカラダである(-_-;)


温めて、入念な準備をする



今回も、〇〇病院に運び込まれたとたん、

血管が出てこないことが判明。


看護師さんが腕を叩いたり、縛ったりしてみるも、

思うようにそれらしい血管が出てこない。


danekoは考えていた。


daneko
まてよ、この処置室はやたら寒い。

それでよけいに血管が出てこないのだ。



看護師さんに腕を温めたいと告げると、

彼女は温かいアイスノン?みたいなのを持ってきた。


それで、左腕を包み、待つこと15分あまり。

無事、danekoの腕に針は通り、

処置室は歓声に包まれた。


daneko
よ、よかったあ(^_^;)


と、こんな具合だったので、

danekoの細い血管は、病棟で有名になってしまった。


なぜ、血管が出にくいとツラいのか?



注射針や点滴針が血管にスッと通らないと、

やり直しをすることになる。


これでまた、痛い瞬間が増える。

しかし怖いのは、それだけではない。


普通は腕の内側に行う入針も、

なかなか通らないとどうなるか?


1. 腕の内側でなく、表サイドに指す。
2. 手の甲など、血管が元から出ているところに指す。
3. 足の甲などに指す。

これ、1→2→3の順に、より痛みが強くなる。

針を指すときの痛みだけではない。


点滴に長時間かかると、

だんだんと痛みがひどくなってくるばかりか、

血管から液が漏れたりすることもある。


danekoは出産のときに、

手の甲から点滴をされたことがある。


これはもう、出産よりも痛かった。

あれは次男の時だったろうか。


産んだとたんのdanekoの第一声は、


daneko
スミマセン!!

手の点滴を抜いてください!

であった。。。


さいわい、気の利く担当医師が、

渋る看護師に「外してあげて」と指示してくれて、

死にそうな痛みから逃れたのである。


今でもハッキリと覚えている。

なので、

手の甲への注射はこんりんざいゴメンなのだ。


入院はや5日目の食事



入院して5日目は、週末で家族が来ていた。


午前と午後と夕方に、

それぞれの都合でバラバラに見舞いが来た。

そのため、食事の写真を撮り忘れたらしい。


この病院には、気の利いたカフェなどもない。

近くにも、店も何にもない。


病室でコーヒー一杯も出せないし。

(まあ、期待されてはいないと思うが)


レストランやカフェなどが館内にあった、

danekoの母の入院先とはエラい違いだった。


この病院は地方の小さな町にある。

まして個人病院、シャレた設備もなにもない。


だが、danekoにとって嬉しかったのは、




hospital meals 0308D
5日目の夕食。

・白ご飯
・エノキと人参、タマネギのスープ
・すき焼き風炒めもの
・春巻き
・もやしと野菜の和え物


daneko
食事がマズくないゾ!!!


ということだった。


九州の味付けなので、多少甘過ぎる料理もある。

でも、野菜がたっぷり。


danekoなんかが自宅で作るより、

栄養面でもはるかに優れているではないか!


2020年の病院食に、ちょっとした感動をおぼえる日々。


しかし・・喜んだのもつかの間、

例のヤな看護師が、

danekoに恐ろしい予言をしてきたのだった。

(続く・・)


【しろねこにちょっとポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

ホラ、ワタシの血管、出てるカシラ(?_?)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA