パリ脱出、大作戦(>_<) そのI

2010年12月19日

フランクフルト空港での悪夢がふたたびdanekoに襲いかかった

この日は、パリから空路でフィレンツェに移動のはずだった

朝7時20分のフライト

シャルル・ド・ゴール空港のG2という、いちばん端っこのちっぽけなターミナルから、これまたちっぽけなフィレンツェ行きのエール・フランス便に乗り込んだまではなんとか順調だった。

が、しかし。。。

便の出発は遅れている・・



DSCF1193+1.jpg

座席の窓から見ていても、雪はどんどんひどくなっていく

「フィレンツェの空港が閉鎖になりました。しばらくこのままで、出発許可が出るのを待ちます」

というアナウンスに、いや~な予感


「その間に、お飲み物をお配りします」 と、アテンダントが言った次の瞬間、

「この便は、ただいま欠航が決定しました」という


「でも、ロビー行きのバスが来るまで、ドリンクは一緒に飲みましょうね^^」

というアナウンスに、笑い声が上がったが、これは抜き差しならない状態だ

ガイジンのように、danekoは笑えない


やっとのことでターミナル行きのバスが到着。

乗り込んで、またサビシ~いターミナルGに着くと、係員が待っていた。

さっき、シャルル・ド・ゴール空港は全面閉鎖になり、再開されるまでもう1便も飛ばないという

再開の見込みは、とりあえず午前11時まではないという。

11時に再開するという保証も無いそうだ


「乗り継ぎか」と聞かれるので、「違う」というと、

フィレンツェ行きの次の便(12時30分発)のチケットはもらえずに、

「ここへ電話して、変更手続きを」

といって、4ケタの電話番号を渡すだけ。

エール・フランスのトール・フリーらしいが・・・


要するに、danekoの便は欠航になり、

いまdanekoはなんの予約も持っていないという、最悪の状態


乗り継ぎ客たちは、フィレンツェ行きの代替チケットをもらい、

出発ターミナルへ移動していく・・・

ここで、天国と地獄が分かれる


danekoたちのスーツケースは、ターンテーブルに戻ってきた。

これで、「ふりだし」に戻ったことになる

が、飛行機の予約は取れていないのだ

予約はまっさら・・・


しかも、フィレンツェも雪で空港は閉鎖

今日はずっと閉鎖の可能性も高い


DSCF1196+1.jpg

ターミナル連絡バス乗り場に立つものの、

連絡バスも不通となった

キャンセルや変更の手続きは、隣のF2ターミナルへ移らなければできないというのに・・・


danekoは考えた

ここが運命の分かれ道

どうせ、予約していたフィレンツェーローマ間のユーロスターにはもう乗れないのだ。

日本からネットで予約出来たのは、変更キャンセルが出来ないチケットだった

(あ~あ、1等で取らなきゃ良かった・・・)


と、いうことは、ここでフィレンツェ便を再予約できて飛んだとしても、

フィレンツェからローマへの鉄道の席が取れないかもしれない

アメックスに電話したが、ユーロスターのチケットは即答が出来ないらしい。

電車に関しては、代理店を通しているので(たぶんdanekoが取ったところ)

融通が利かないという。。。



danekoたちの今日の最終目的地はローマ

ローマはフィレンツェより南に位置する。

ならば、新しくローマ便を予約し、ユーロスターはもう捨てて、

一路ローマに飛んでしまう方がいいではないか??


DSCF1196+1.jpg

少し、雪がとけ、明るくなってくる

danekoはアメックスに再度電話し、本日空いているパリーローマ便を探してもらう。

空港はすでに混乱が始まっており、便の予約作業など麻痺しているのだ

カウンターには長蛇の列


行き場を失った乗客たちが、続々とロビーに集まってきている

椅子が非常に少ないこのしょぼいターミナルに、

赤ん坊の泣き声が響いて、悲惨さが盛り上がっていく

いかん。フランクフルトのときと同じだ


アメックスから着信があり、

19時35分のアリタリア便に、若干の空席があるという

ラッキー、かも。。。


すぐにそれを2席押さえてもらったが、

当日の予約では、電子チケット番号が取れないという

日本時間ではもう夜だから、チケッティングが出来ないのだそうだ。

やれやれ・・・


とりあえず、ターミナルFに行かなければ

アメックスが予約したdanekoのチケットは、早めに電子化しないと効力を失ってしまうのだ

しかし、今はここから出られない・・・


飛行機で出ると思い、朝から何も食べていなかったので、

「PAUL」というパン屋で、レモンとチョコレートのケーキを1つずつ買い、娘danekoとみじめな気分で食べた

「PAUL」に座っていられるので、まだマシなのかも


みなそろそろ、床にへたり込み始めている


DSCF1197+1.jpg

やっとバスが来た模様

フィレンツェ便を降ろされてから、

このときすでに、2時間ほど経っていた


並んで2台目のバスに何とか乗り込む

よかった、1日中ここじゃ堪らないもんね~

スーツケースが重たいよう。。。


車で来ている人達は、駐車場へ

搭乗をあきらめて帰って行くのだろう

クリスマスのバカンスも台無しになって・・・


DSCF1198+1.jpg

ターミナルF2

ここは、G2のような閉ざされた空間ではなかった

娘danekoが、「何か食べれる」と喜ぶ

このとき午前11時くらい


しかし、このあと、たっぷり地獄のような時間が待っていたのだ・・・


僭越ながら、続く・・・

(ホテルの回線が不安定で、あまり長い記事は、更新できず、接続が切れてしまうのです)

絵文字もデータ容量が多いらしく、時間がかかり過ぎるので、少なくしています。。。

(これは全て、実話です)

関連記事

1 個のコメント

  • 夕べは仙八さんたちとロオジエでした♪
    マイルハンターdaneko&konekoの欧州脱出紀行も
    食卓の美味しい肴になりましたよ♪

    (个_个)ジィ…。
    もしかして大変?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA