急に読書(p_-)

一昨日、急にこんなものを読みだした。。。





誰かが買ってきて、家にあったのだ

ノルウェイの森(上)


ノルウェイの森(上) (1987/09/10)


村上 春樹






読み出したら止まらなくなったが、



電話がかかって来て、半分ほどでやめる。





実は、ずっと昔(1987年)のベストセラーになった頃に一度読み、



それからもう一度読み直していたので、



正式に読んだとは言えないかも



そして昨夜、続きを読み出し、





ノルウェイの森(下)

ノルウェイの森(下) (1987/09/10)

村上 春樹







下巻まで一気に読んでしまった

実は速読なdaneko





年末からずっと、「読んだ本」コーナーも更新がなかったけど



こんな恋愛小説を読むのも久しぶり



感想:



暗い

とてつもなく暗い

そして、救いもない



こんな暗くて救いのない物語が、



なぜ今また世の中で流行っているのだろう



暗くて救いのない時代なのか 。。。



(そういえば、「告白」なんかも救いが無いらしいですね。danekoは読んでないし映画も見ていないけど)





1987年、ベストセラーにランクインしていたこの本は、



純愛小説」と呼ばれ、もてはやされていた。





しかし今読んでみると、



純愛どころか、R18みたいなすごい表現ばかりで



「純愛ってどういう意味だったの?」



と疑問だらけ ???





まあ、danekoは春樹ファンなので



それでもいいんですが。。。。





取り合えず、自分が抱く原作のイメージを壊さないよう、



映画は観ないでおこうっと





・・・登場人物の中で、danekoは ハツミさんが一番好きだったなあ

そして今回も、その思いは変わらなかった



1987から、中身変わってないのだろうか

(読んだ人しかわからないネ、ごめんなさい(^_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA