オーグドジュール・メルベイユ(^o^)

夕方、仕事帰り、

danekoは小倉駅のホームにたたずんでいた



001+1_20110602223440.jpg  なんて、おいしそう・・・

いけないいけない、こんなジャンキーなものたちが、

おいしそうに見えるなんて。。。

空腹の末期症状だ



002+1_20110602223526.jpg  こっちは、

まったくdanekoの中枢を刺激しない

ワインじゃないからね


とりあえず、だめだめ

今日は、これからおいし~いお食事が待っている(はず)



オーグドジュール・メルベイユ

JR博多シティの9階、くうてんへ、急がなければ

え、シェフからもらった名刺を持っていくと、

グラスシャンパンをサービスだって


004+1_20110602223525.jpg  まずは、桜エビの入った冷たいスープから


そして、


005+1_20110602223525.jpg  前菜

コーンのように見えるのは、パパイヤです。

サーモンの、ちょっぴり燻製がかった感じが

これ、いいですね





006+1_20110602223524.jpg  お魚は、少ない・・・が、まだ肉があるからいいさ



本当は、トマトベースのソースでしたが、

danekoのリクエストにより、

グリルに変更です。融通ききます

サービスも、とてもよい♪


しかし、この日は狭い店内で、

ものすご~くうるさい女子会が進行中


それだけなら文句も言えないが、

その3人組のうちのひとりの♀の笑い声が

えへへへへへー♪」 っと、ものすごく反響するので、

なぜフレンチで、

えへへへへー!」なんていう笑い声を

ず~っと聞きながら、食事しなくちゃいけないか、

danekoは苦しんでいた



007+1_20110602223524.jpg  桜ポーク、藁の瞬間燻製

これは、こちらのスペシャリテ

6500円のコースのメインです。



008+1_20110602223523.jpg  脂身はあるのだが、アブラは落ちており、

きっと藁に移ったのであろう




009+1_20110602223538.jpg  デザートが来るころ、

danekoはもう、頭が痛くなってきた

えへへへへへー♪」は、まだ健在。。



ていうか、danekoたちが入店したときに、

もうデザートが来るころだったのに、

2時間たったいまでも、まだいるのだからすごい


東京だったら、こんなに長時間在店できないだろうに

地方都市に住むものの特権か。。。

カップルが3組もいるのに、ホントに可哀そう



そして、コーヒーが来るころ、

やっと女子会は立ち上がった

いったい何時間、食べずにしゃべり続ければ気が済むのか・・・



と、いうハプニングがあり、

この店の評価は、いまはできない

ただ、店を出るとき、シェフとサービスのトップが

danekoたちにウルサかったお詫びを言ってきたm(__)m


食事が終わってから謝られてもね~

そんなにひどいと知っていたなら、

食事中に何とかしてくれたらよかったのに


計数に必死なのは分かるが、

フレンチにはフレンチなりの雰囲気というものがある

ひとり12000円(ワイン込)強を支払って、

えへへへへー♪」 をず~っと聞かされたdaneko、



福岡のフレンチの将来は暗い






 

関連記事

3 件のコメント

  • > 小倉駅のホームの立ち食いのかしわうどん・・・私のソウルフード。

    何番線ホームでしょう? 女性おひとりさまOK?

  • 「小倉駅 ホーム うどん」 でググると、いっぱい出て来ると思います。クッキングパパにも掲載されてますから。「うどん」と注文すると必ずかしわうどんが出てくる。300円くらいだったと思います。7、8
    番ホームか1、2番ホームにあります。女性一人で召し上がってる方は見かけたことは有るけど、danekoさまにそれが出来るかはちょっと微妙です。どちらかというと乗降客の少ない1、2番が女性向けには良いかな。他のホームにもうどん有るんですけど、経営が違いますからご注意。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA