祇園 おが和劇場!(^^)!

以前にも紹介したかも・・・

しれませんが、 またまたこのお店に来てしまった

祇園の、おが和さん、

かわいい奥さまとお二人で頑張っていらっしゃいます


本日は、女子会モードでお邪魔してます

しかも、ワイン1本持ち込みで


011+1_20110606230530.jpg  宴の始まりに、わくわく






012+1_20110606230530.jpg  基本のお椀






013+1_20110606230529.jpg  お酒は、小川さんにおまかせ

外れたことがありません

二日酔いはあるけど。。。



014+1_20110606230529.jpg  とり貝の季節





015+1_20110606230529.jpg  ピンク色の肝





016+1_20110606230529.jpg  ホッとする、野菜とお豆の煮びたし

出汁が利いています(^^)v




017+1_20110606230629.jpg  器の色出しが素敵







018+1_20110606230629.jpg  これが、おが和さんの神髄ともいえる、焼きもの

今日は、九州の太刀魚です(五島でした)






019+1_20110606230628.jpg  danekoは日本酒強くないので、

お猪口で味見させていただきます



020+1_20110606230628.jpg  そうこうするうちに、

土鍋は勢いよく炊かれ・・・





021+1_20110606230628.jpg  本日は、豆ご飯

家で炊いたのとは、色も味も違う



023+1_20110606230704.jpg  daneko、3杯も、おかわりしました

しかも、奥様の志麻さんのお言葉に甘え、

残りをお握りにしてもらい・・・

図々しい客でっしゃろなあ




022+1_20110606230628.jpg  ご飯の前に出て来たこのひと皿、本日焼き魚と並んで堂々の一位


お出汁に、実山椒の青っぽい風味がたまらない、

今の季節を堪能できる逸品でした

錦で見た実山椒、やっぱ食べれてよかった~


カウンターのすぐ向こうで、

最初からず~っと、料理しているのが見れるのです


このおが和劇場は、7人で一杯ですが、

今日はdanekoたち3人以外のお客様は早く終わったので、

そのあとはご夫婦とおしゃべりしつつ、

ゆっくりと、デザートまで



美味しくも、楽しい祇園の夜

京都の食べ物が、danekoは一番しっくり来るみたい♪


九州では甘過ぎ(時に甘辛)

関東では醤油が濃過ぎ

ちょうどいいのが関西の味付けだと思うのだが、

まあ、単に好みの問題もありましょう


どんどん進化しているおが和さん、また来ます

関連記事

3 件のコメント

  • 京都では、勧められても決して食べてはならないという、ぶぶ漬けですね(^_^;)

    店主は千葉出身なので、だいじょうぶかな。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA