危険な神戸は明日の東京??

京都を離れ、神戸にやって来た


この日は台風


でも、お昼に素敵な山手のレストランを予約していただいていたので、

がんばって、やって来た


そのレストランでのことは、次回に譲るが、

まず、気になったのは、神戸の景気の悪さ


012+1_20110609224501.jpg  真ん中を横切っているのは、神戸市営地下鉄のつり革です。



この広告、コンコースにもたくさんあって、空恐ろしかった

経済の、危険水域である



013+1_20110609224500.jpg  「車内広告募集」という、車内広告

これ、タコが自分の足を食ってるような・・・



いやいや、広告主さえ見つかれば、解決するのです(ー_ー)!!


なのに・・・


車内の中吊り3分の1~半分くらいは、上の2つの広告で占められている



福岡市営地下鉄なんか、これに比べれば、

ものすご~く景気よさげ

空いている広告スペースは、さすがに滅多に無い



神戸。。。人口154万人

福岡。。。人口147万人

でも、神戸の街にはなんだか活気というものがない

震災後の落ち込みから、いまだに脱していないのだろうか。。。


だとすれば、東京もこれから、こんな風に活気失っていくのだろうか、

まさか

そんなコワい想像をしてしまった、神戸の街でした


新幹線の新神戸駅に直結するホテルも、

新神戸オリエンタルANAクラウンプラザに変わって、

もっと悲惨なのは、連結する商業施設の

新神戸オリエンタルシティ(元OPA)


バブルとともにくだけ散った

ダイエーグループの悲惨な運命をモロにかぶっている



新神戸オリエンタルシティ  こんな、華々しいころもあったのに。。。



貼り付け開始

阪神・淡路大震災平成不況失われた10年)は、新神戸オリエンタルシティと親会社であるダイエーに甚大な打撃を与えた。

特に、オリエンタルパークアベニューが新神戸OPAになって以後、入居店舗が次々と撤退し、フロアのいたるところが「改装中」とされ、客足も落ち込み、もはや商業施設としては機能しなくなるほどであった。

ダイエーグループ(オレンジフードコート)が運営していた地下3階の天津美食街さえも、閉店せざるを得ない状況になった。2002年に新神戸OPAは消滅。跡地は「新神戸オリエンタルアベニュー」として整備された(ただし地元の人々の間では現在でも新神戸オーパと通称されることもある)。

ちなみに、新神戸オリエンタルホテルや新神戸オリエンタル劇場については、長期休業することなく営業が継続されていた。

貼り付け終わり


ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

読めば読むほど、悲惨さが募る


だいじょうぶ!!ニッポン経済は、かならずよみがえる

な~んて、大きな希望を持つのはいいけれど、

その前に、

daneko零細有限公司を何とかサバイバルさせなくっちゃ~


あ~ひとごとじゃない、他人事じゃない・・・

と、新幹線に乗ったとたん、博多まで爆睡したdaneko



はい、明日からまた、がんばります($・・)/

関連記事

1 個のコメント

  • 中国や韓国の影響と九州各地からの収奪によるものでしょう。
    熊本、鹿児島疲弊してきてますね。新幹線良いのか悪いのか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA