商売上手

danekoのなかでは、商売上手といえば、中国人だ。

7月に北京に行ったときも、つくづくそう感じた。

たとえばガイドがオプショナルツアーをセールスする。

最初は断る。

しかし、2度3度、会話の流れを見ながら、danekoたちの好みを探りつつ、勧めてくる。

ツアーの見どころ、お得感、そして今じゃなきゃ、みたいなタイムリー性、一般の価格との比較・・・

旅行社のオプショナルとはいえ、決して損はさせないことを強調する。

そのうちにdanekoたちは日本人だから、断るのにも疲れてきて、まあ良い感じのガイドさんだし、

この人も生活あるんだし、オプショナルからの上がりも必要なんだろうな~

などと、同情し始め、ついには一つ、ちょっとしたのを頼んでしまう。

北京胡洞めぐりツアー1時間2名、一丁あがり、となる。


そして安心していたら、今度は買い物にマッサージのお誘い。

免税店なんかに行きたくない。 マッサージはどうせ中間マージン入ってるだろうし、と思い断る。

しかし、胡洞めぐりを終え、ホテルに戻ると足がだるい。 万里の長城行ったしね。

足のマッサージ屋は街にたくさんあるが、予約をいれ、炎暑の中を出かけるのがめんどくさい。

そこで、ガイドおすすめの、お部屋に派遣マッサージを頼もうと、ガイドの携帯に電話することに。

電話はすぐに通じ、希望の時間に2名、「女性で、すごく上手な人お願い」と注文もつける。

値段は正味60分の足マッサージで240元だから、3000円ほどだ。

上手なら、安いゾ。。。


ちょっとドキドキして待っていたら、30~40台の女性2名、街歩きのような格好で登場。

中国語がちょっとしかできないdanekoは、英語が通じなくてちょっと困ったが、なんとかスタート。

技術は、確かだ。 

的確に、ツボをついてくる。

いつも、コリコリのおじさんたちばかりマッサージしているような、力加減の緩急自在。

danekoが時々行く○イーンズウェイより、実質効果がありそうだ。

中国4000年の実力?

感心した。

次の日はフリーだったが、また足マッサージを携帯からガイドに頼んだ。

「昨日と同じでなくてもいいから、上手な人」

おまけに、「え~、連れは膝から上はしなくてよくて、肩と首を(足マッサージにサービスで付いている)重点的にだって」

などという無理な注文もしっかり把握し、見事にそれは伝えられ、実践されていた。


おそるべし、中国人ガイド。

日本語は決して上手くない。

いわゆる「てにをは」など、めちゃめちゃだし、過去形や未来形も正確に使いこなせないくらい。

それでも、笑顔と気遣い、ホスピタリティーでめちゃカバーできているのがすごい。

コミュニケーションて、言語そのものの上手下手とは関係がないんだと、心底感心した。

こんなに気の利く中国人ガイドがいるなんて、時代は変わったのだ。

並みの日本人ガイドより、よっぽどレベルが高い。



彼女は、ガイドのアワードを取ったこともあるといい、ちょっと誇らしげだった。

しかし、「お帰りになったら、アンケートお願いしますね~。」と頼むのを忘れない。

お客からのよい評価で、インセンティヴ・ボーナスが出るそうだ。

すごいな~。

中国人って、こうやれば、日本人以上に働くんだ、とひらめいた。


いや、当たり前のことかもしれない。

でも、感謝状とか、金一封とか、1泊旅行ご招待なんかで、お茶を濁してしまう日本の会社のやり方じゃダメなんだろうな。。

やはり、お金! ダイレクトに、実質的に、お金。

多少銭?

「いくら?」の意味だが、中国人の頭のナカは、これで一杯。

danekoはこうはなれないけれど、中国人がそうであることを否定はしない。

ただ、彼らのベクトルが、そういう方向だという、それだけのこと。

日本人とはずいぶん違う。

中国人もだんだん日本と同じような服を着、同じようなブランドのバッグやリュックを持ち、

見た目はどんどん見分けがつかなくなってきているけど

中身はきっと 多少銭 なのだろう。


今回の旅行では、貴重な教訓を得た。

商売は中国人にかなわない。

中国人と商売で、同じフィールドで競争したら、きっと負ける。

日本人は日本人の得意分野で勝負だ。

それは、きめ細やかな感性を活かしたビジネス。 もの作り。 そして、サブカルチャーかな。

マンガとか、中国人も日本のが大好きで、真似ができないという。

日本のサブカルチャーは、中国人の憧れの的だ。

洗練。細部にわたるディテールの完成度。アレンジの見事さ。たゆみない工夫。


どうも、ヨーロッパの職人に通じるものがあるのかな。

アメリカではない。

儲けは二の次、みたいな、品質至上主義がまだ生きている。


労働人口が減るといっても、元気なお年寄りが山ほどいて、

生きがいとしての労働をマイペースでやりたいという人には事欠かないだろう。

まだまだ元気で、社会の役に立ちたいという人は多いのではないか。


問題はあるにしろ、中国の発展、活気はまさに 「オールウェイズ3丁目の夕日」 の世界。

ある意味、うらやましい。

でも、日本もきっと、まだまだ、捨てたものじゃない。


天壇公園

北京の天壇公園にて。雨降ってるけどゴキゲン♪

ここは、為政者たちの占いの場所だったのだと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA