Wild Earthはホントにワイルド(^_^;)

danekoは霧の中、午前10時にモーテルを出発した。


クロムウェルの街を出て、

クイーンズタウンに向かいしばらく走ると、




こんな看板がある 。


何度か通り過ぎ、何度か入ろうと思って、

チャンスの無かったワイナリー、


Wild Earth である。




数分間、路肩にクルマを停めて迷ったが、

(怪しいクルマだ)


まあ一度行って見ようではないかと決心し駐車したdaneko、


なぜ迷ったかと言うと、


ここのワインにそんなに思い入れが無かったからだ


幾度かピノ•ノワールを試したものの、

それほど心に残らなかった記憶があったためだ。


しかし。。。

それはdanekoの勘違いであったかも知れぬ



だが、







じゃじゃじゃじゃ~ん


この橋を渡らなければ、ワイナリーには行き着けないと


これは、望遠で撮った写真で、 実際は・・・






かなり長い橋。


しかも、人ひとりくらいしか通れない狭さ


救いは、吊り橋ではないことだが、

橋桁らしきものもなく、

来る人に、おいでおいで、してるのである



danekoは恐る恐る、橋を渡り始めた(~_~;)

途中で何度か引き返そうと思ったが、

橋の上で方向転換することすら怖かったので、






なんとか到着。


飾り気のない建物だが、

レストランや屋外バーベキューエリアもあるらしい


テイスティングは、イギリスから来たおねーちゃんが担当


しかしこのヒト、あんま詳しくない


ワインに対しての造詣が徹底的に欠けているので、

danekoは世間話をするしか無かった。。


あの橋は、けっこう怖がる客が多いらしい


無料のアトラクションだね、というと、

おねーちゃんはすごい笑っていたが、


実のところワインは買うべきものが無かった


テイストの割りに高い印象だ

これなら、

街のワイン屋がセールの時にでも買った方がいいと、

danekoは判断した(^_^;)


で、5ドルのテイスティング料を支払い、

建物を出ると、当然、

またあの橋を渡らなければならない


またもや恐る恐る、橋を渡るdaneko、

と、そこへ。。。


こんなものが目に入った







うわ~


きゃあ~


なんだこれ、ロープウェイのめっちゃワイルド版!!!


多分ワインとかを対岸に運ぶためのものだろう。。



まさかして、ヒトが乗るものではあるまい


しかし、danekoはふと、

自分がそれに乗って川を渡るところを想像してしまった



その結果は、


「死」 であった


あれに乗せられたら、怖くて気が狂って川に飛び込むゾ!!


絶対死ぬ







はああああ~


心臓バクバク、


なんて恐ろしい、名前のとおりワイルドなワイナリーなのだ


こんな仕掛け作ってるくらいなら、

もちょっとコスパのいいワインでも作って欲しいと、


ひとりごちたdanekoであった

さあ、もうあと1~2件、ワイナリー巡るのだ。


サヨナラ、Wildearth

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA