オークランドのレストラン・流行の法則(?_?)

ところで。。。


どこかのお名前も知らない方々が、

この駄ブログを(たぶん)読んでくださって、

記事下のねこバナーをクリックしてくれているようで、


本当に感謝ですm(__)m


------☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----



最近、danekoは3軒の人気レストランに行った


これはウマ安バージョンではないのだけれど、

(どっちかっていうと、ウマ高バージョン。。。)


「行ってきたよ~♪」

と知ってるヒトに言ったなら、


「お、どうだったー??」

と聞かれるような、話題のレストランたちだ(キウィの世界だけ?)


そして、間をおかずに3軒訪問したことで、


最近のオークランド・レストランの流行に、

幾つかの傾向があることがわかってきた(ー_ー)!!





そのひとつは、これ



レシートやカード控えを入れる封筒。


大きさは、ハガキよりも少し小さい。


え?こんなこと??


と感じたアナタ、ごめんなさいm(__)m


でもこういううの、オークランドでは、

めっちゃ高級系レストランならともかく、


ディナーの客単価50ドル~100ドルくらいの店で、

絶対やっていなかったポイントなのです



どの店もバー使いができ、

バー使いであればひとり20~30ドルってこともあるだろうに、


こんなステキな封筒作って、元が取れるんだろうかと、

ケチな零細企業経営者のdanekoは思ってしまった


もう行った方も多いだろう、この3店とは、


・Baduzzi     イタリアン・バール&レストラン

・Ortolana    イタリアン系 カジュアル・ダイニング

・Cassia              新感覚インディアン・クイジーヌ


です~\(^o^)/


いまオークランド、イタリアン系がキテるんでしょうか


これから3日間にわたって、

この3店をご紹介、そして、なんと!!


これらの店で、ひとり50ドル未満で済ませる裏技もご紹介。。。


え? danekoが50ドル未満で済ませたかって?


いえいえ、食欲旺盛なのでとてもムリ

しかし、酒飲みでなく、かつ少食の人なら実行可能かと


ただし長居は難しいデス。。。



と、いうのはこういう話題の店はいつも混んでおり、


「いかにテーブルの回転率を高めるか!」


がひとつのテーマになっています。


ゆえに、ドリンクや料理の追加もせず、

単にだらだら長居をしようという客は嫌われます



というか、次々と、


「ドリンクのお替りいかが~?(何チビチビ飲んでんじゃい)

「料理の追加ないかしら~(してよね、そろそろ)

「うちの特製デザートためしてみない~?(食べないなら帰ってよ)


スタッフがテーブルにやって来て、進行=追加オーダー を求めるので、


よっぽど図々しい客でない限り、

長居ができないようになっております


( )内はスタッフの本音です。

本音が透けて見えてるよ~ン


まあまあしかし、一度は行ってみても好い、

これら流行の店の、daneko的傾向と対策。


明日から始まりま~す



【一日一ぽち・・】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ フン、そんな記事、読みたいヒトいるの(?_?)

by しろねこ  

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA