流行の法則・Ortolana !(^^)! でもね。。

さあ、オークランドの大人気レストランを紹介するこのコーナー、

今日は、イタリアン系カフェ風レストランですよ(なんちゅうネーミング)



いまオークランド・シティ(市街中心部)界隈で、

一番にぎわっている、ブリトマート地区


その中でも、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気レストランが、

Ortolana、そして同系列のスイーツの店、Milse だ。


31 Tyler Street Britomart Auckland CBD T +64 9 368 9487

Monday-Sunday 7am-11pm
 (every day of the year except Christmas Day and Boxing Day)



Ortolana.png

ね、オシャレでしょ?

キウィ大好き、アウトドア・シーティングもあるよ



この日、日曜のランチタイムに行ってみると、

やはり、大テーブルしか空いてないという


しかしdanekoたちは、近所の餃子屋にフラれ、

(あろうことか、中華系で日曜休みとは・・・)


そのまま餃子屋行きの格好で来店したので、

この際ぜいたくは言えない


そう・・お洒落なお店や流行のお店、

そしてファインダイニングに行くときは、

できるだけ、店の雰囲気に合うよう、服装に気を付けるべきだと、

danekoは思っている



知り合いのシェフが、

「初回のお客さんなら、服装を見て対応を決めて間違いなし」

と言っているのを聞いたからだ。。。


人は見た目が9割ってわけね


さてさて、プロセッコ(イタリアの泡)とタップビアをお願いし、

まずはメニューをずずずっと見回す。


ここも、あんまりよく分かんない素材羅列型メニューが目立つ


「でも、なんかブレックファストみたいだね」

と、娘danekoのいうとおり、


エッグベネディクト風とか、

なんかを on Toast にしたメニューがちらほら。


そうそう、カフェ風レストランなのです。

(店自身はビストロっていってるみたいだけど






ロースト・ポテト 

なぜかサイド・ディッシュから登場。

Lardo roasted potatoes, elephant garlic

8ドル


ってことは、ラードで揚げてあるのだろうか・・・

ローストだけではなさそうな、揚げポテト風。


でも、おいし~い


こういう単純なものが、ニュージーランド料理の神髄でしょう。

(ホメてないか・・・)


そして、




その、スクランブルエッグ・オン・トースト風。

Smoked fish, folded egg, caper

18ドル


スモークした白身魚が、

樽掛けしたシャルドネにばっちりで、日曜午後のシアワセ感100%


上に載ってる野菜もなぜか美味しいと思ったら、

西オークランドのクメウ地区に、

専用の契約農場を持ってるんだって


野菜だけでなく、卵も、肉も、


なーるほど、素材にこだわってるってウリなのね。

これ、大資本だからできる技じゃないかなあ。


こういう形態も、最近の流行ですけどね・・・

NZのスローフードも、大資本の時代かあ




お次はこれ、

サラダじゃないんです

Gnocchi verde, cavolo nero, olive, ricotta, poached egg

18ドル





ニョッキですよ。

「緑色の」って、たぶん、ほうれん草あたりかな。


cavolo nero はなんと、ケールのことだって!

イタリア語になると、ケールもお洒落ですね、ムダに。。。

軽く素揚げしてあって、食べやすく、美味しいのですが、



こんな、なんちゃってヘルシー風なこのプレゼンテーションに、

ガイジン達は誤魔化されるのだろうか


danekoは、ヘルシーかつ美味しい外食イタリアンなんて、

存在しないと思っています(ー_ー)!!


(ケール揚げてる時点でカロリー高いよ!)




さてさて、8ドルのイモでお腹がある程度ふくれたが、

お店の人はお約束の、


「デザートどーする??(食べないなら帰って)」

攻撃ときた。

キターッ!!


そうそう、隣のMilse のデザートが、ここでは食べれるのだ♪


「Milesに見に行ってきていい??」

と聞いて、断られるはずがない。


【ぽちたいむ。。。】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ daneko、揚げポテト、ちょーだい(-_-) 通用口?を通ってMilesへ




ショーケースのホールケーキ


こんな小さいと、ありがたいなあ(^_^;)



さて、danekoは甘い物の気分でもなかったので、

チョコレート1ピースだけ(ケチ~い。。)


娘danekoは、




この、チョコレート・ボムだ。

トリプルチョコレートなんちゃらかんちゃらって、

名前でした(テキトー過ぎ)


美味しいけれど、中心部が堅い・・

と思ったら、






こーんなカタマリが出てきてびっくり

全然オシャレじゃないよ~ン


それに忙し過ぎるのか、

思ったほどサービスのレベルもよくなかった・・・


日曜日で、主要スタッフが休みとか(?_?)

これは、平日にまた観測に来なければ。


お料理はまあ、悪くないんですよ。

(一番感動したのはポテト)


でも、本格派イタリアンと思って行くと、

裏切られます(-_-)


danekoの思うに、この国のイタリアンはまだ未熟。


なんだから、

まずは本格派イタリアンに出てきてほしいなあ。。。


この国に来てるイタリア系移民って、

あんまり料理上手な人はいないみたいなんだもの


東京や関西で食べる美味しいイタリアンを知っていたら、

ホント、ガックリします。


まあ、あんな洗練された料理でなくていいから、


ローマやミラノの街かどでローカルの人たちが喜んで食べている、

オリーブオイルのデカ瓶がど~ん!と出て来るような店、

出てきてくれないかなあ。。。


Ortolanaのような、アレンジ系イタリアンはその後だよ。

なんかこの国、順番が間違ってる・・・


などと、勝手にほざいていたdanekoでした(p_-)


この日のお会計は、グラスワイン2杯とビール

スイーツの他にアールグレイ紅茶2杯も合わせて、


103ドル!


お! 意外と安いゾ\(^o^)/


ここは、ひとり50ドルはおろか、

30ドルで済ませるのも簡単です♪♪


今回の3店舗の中で、一番安く済みそう。

カフェ使いもばりばりOKですしね~(^_^)/


夜は、お菓子と飲み物だけの入店はダメなんだとか。


飲み物1杯と前菜系一品で30ドルです(^^)v

でも、長居をすると、お店の人が冷たくなりますよ。。。


これも、流行の法則のひとつ、か、

せちがらいですけどね(^_^;)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA