オークランドで生パスタ、しかしこの国のパスタの位置づけおかしくないか・Amano(?_?)

amano pasta Bucatini

前回はシーフードでお腹いっぱいになっていまい、

生パスタを試すまで行かなかった今をときめく人気店。

 

今日こそは、店内フレッシュメイドのパスタを試すのだ♪

とやって来た。

 

tylor street auckland

オークランドはブリトマート駅の東側、Tylor Street。

 

もともとはあまりお店のなかったエリアだが、

次々とオシャレなお店がオープンしている注目のストリート。

 

 

amano sign

看板が3つもあるのは解せないが・・・(^_^;)

AMANO

 

今日もシティで働く意識高い系?キウィを引きつけ賑わっている。。

 

 

amano bakery entrance

ここは、レストランの入口、

右隣はベーカリーになっていて、夜は閉まる。

 

ベーカリーは娘danekoによれば、

その場でサンドイッチなど温めてくれるそうだ。

 

レストラン入口は、ちょっとアジア人を寄せ付けない雰囲気(^_^;)

だが、図々しいdanekoはかまわずに入っていく。

 

「Hi, do you have a booking?」

と、レジのところのオニーチャン(店長?)に聞かれ、

 

「ええ?ランチなのに予約なんてしてないよ!」

とちょっと想定外を突かれたdanekoに、

 

キウィっぽいオニーチャンは、

「Table for two は用意できるけど、午後1時まででいい?」

などと言ってきた。

 

時刻は午後12時チョット前。

一時間でランチ&仕事の話はキツいかも。。と考え、

 

「How about the counter?」

と聞くと、カウンターならそんな制約なく空いているという。

 

ホ、よかった。

 

amano fish showcase

と、キングフィッシュがどでんと置いてあるショーケースの目の前に座る。

この店のカウンターは2度めだが、意外にもテーブルより居心地がよい。

 

椅子と椅子の間隔がしっかりと取ってあるし、

なによりオープンキッチンが一望できて楽しい。

 

おサカナと一緒にざくざくと並べてあるオイスターを勧められたが、

あたると大変なので断る(ー_ー)!!

 

 

amano corn salad

コーンのサラダ。 10ドル。

 

炭火で焼いたコーンにバターとパルメザン・チーズを少しまぶしたもの。

「サラダ」を期待してたのに、コーンだけであった(-_-)

 

まあ、フレッシュなとうもろこしを炭火で焼いてあるので

文句なく美味しいけど、サラダ的には納得できない。

 

 

amano fish pate

danekoのオススメ、スモークしたトレバリー(シマアジ)のパテ。 20ドル。

 

やはりこの日も、これ無しではいられない。

パスタを食べに来たのに、前菜でたのまずにはいられなかった(^_^;)

 

いやいやいや、やはり、突出した美味しさ\(^o^)/

お店特製サワドゥがもうちょっと欲しくなったけど、

 

パスタを頼むのだからガマン、ガマン(T_T)

 

 

amano pasta Bucatini

さあ、やってきた。 生パスタ〜♪

メニューには、pasta Bucatini とある。

 

しかし、ここのパスタメニューわかりにくいよ(-_-;)

 

パスタ慣れしている日本人でも、「アレ?ん?」

と思う聞きなれないパスタが多い。

 

あ、あった。スキャンピのキタッラ。

かろうじてこれなら知ってる・・

 

それから、ハンカチーフ・パスタにトルテローニ。

これもまあ、わかるが・・・

 

パスタと言えば缶詰のスパゲティくらいしか、生育過程で食べていないキウィだと、

このパスタメニューは暗号であろう(ー_ー)!!

 

Bucatiniっていうのはお初に食べるなあ・・

 

 

amano pasta Bucatini up

初めて食べるはずだ・・

 

こんな食べにくいパスタ、danekoが行くイタリアンで出すわけない。

なぜって、ぶっとくって、管みたい。

太い上に曲がらないので、フォークで巻くこともできないし、

 

ソースはめっちゃ美味しいものの、パスタの取り扱いが難しく、

気を抜くと服にソースが飛びそうになる(T_T)

 

太めの穴開きパスタである。

どこからソースが飛んで来るかわからないゾ・・

 

で、ナイフで短く切りながら食べることに。

 

ソースは良かったが、ブカティーニでなければならぬ意味がわからなかった。

ふつうにペンネとかリガトーニとかのショートパスタでいいぢゃないか。

 

どうもこのへん、キウィの勘違い(?_?)

珍しいパスタをNZの食シーンに紹介するのがミッションとでも思っているのか。

 

だけど・・

ソースとパスタの相性+食べやすさも考えなくっちゃね。

 

おまけに、上に掛かっているパン粉の揚げたのみたいなの、

これがまた気に入らない。。

 

これ、以前どっかで見たゾ。

忘れられないあのファットスパゲティだ。

 

Coco’s Cantina、ここ好かんティーナ(^_^;)

 

なんか、表面的にはオサレで最先端に見えても、

揚げパン粉をトッピングに使うようじゃあ・・まだまだ。

 

それに、最後になるけど、

こちらのパスタ、お値段高過ぎ!!

 

ハンカチーフのパスタ・14ドル以外は、

お値段29ドル〜34ドルである(@_@)

 

現レートで、2300円〜2800円!

 

断っておくが、AMANOは別にKazuyaのような高級店ではない。

オールデイ・ダイニング&カフェ・ビストロという範疇だろう。

 

おまけに、パスタの量も決して多くはない。

danekoは、NZの人々は生パスタを高級料理のように思ってるのかな?

と、不思議に思った。

 

パスタなど、しょせん粉モノである(ー_ー)!!

 

ロクにタンパク源も入っていないような一皿に、

こんなお値段付けて、おかしいだろう。。。

 

などと吠えつつも、また懲りずにAMANOに行くつもり(^_^;)

NZ粉モノ文化にモノ申す〜!

 

AMANO

66-68, Tyler Street, Britomart, Auckland

 

【しろねこにもちょっとポチを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

粉モノが一番出バラになるんだって〜♪

 

関連記事

4 件のコメント

  • ブカティーニって言うんですね、コレ。
    結構前に、食べた事あるんです。その食べ難さったらもう!
    切ってないマカロニみたいなやつ。私も短く切って食べました。
    だって、フォークで巻けないんだもの。。。
    上級者向け、ですかね。。。(笑)

    • あれっくすさん
      おお、召し上がったことあるとはすごい(^^)v
      ググったところこのブカティーニ、シチリア・ローマ地方でこってりしたトマトソースと一緒に食べるものだそうですが・・ 

      やはり、食べにくいパスタとして有名なようです。イタリアのレストランでもこれ頼むとエプロンが来たりするとか(^_^;)

      ただ、AMANOのブカティーニは手打ちのため、よけいにぶっといんですよ。。
      日本のオサレイタリアンでこんなの出したら、客のおねーちゃんたちに大ブーイングでしょう(笑)

  • 看板3枚に笑っちゃいました(ぷぷっ)
    でも、サスガはオークランド、店構えがカッケぇ~
    床は大理石ですか?!!

    ブカティーニ=アマトリチャーナは間違いないと思うけどぉ
    パン粉があかんのか?(笑)
    美味しそうです(^^)v
    イタリアの麺って、日本人が思うより太いのを使うことが多い気はします。
    日本のオサレイタリアンは細麺が主流ですよね。
    茹ですぎないパスタが食べられるだけでもウラヤマシイです。(涙)

    • Mumちゃんさん

      ほんと、カッコよい店で泣けてきます。オークランドもここまでに。。
      床のこと、お気づきになるとはさすが!
      まったくポケッとしていましたが石だったような。次回見てみますね♪

      ここのブカティーニは、手作りのせいかどう見ても太すぎです。
      アマトリチャーナ系のソースをアレンジしていますが、水分多すぎてサラサラ、
      よって服が悲惨なことに(T_T)

      揚げパン粉は・・絶対イカンですね!

      茹ですぎないパスタ、やっと出てきました。オークランドのイタリアン黎明期か。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA