ベトナム麺・フォーでランチ。Indocine Kitchen(^^)v

indocien chicken pho

この日は木曜日だった。。。

 

ちょっと不動産屋に行く用事があり、

大学から戻ってきた娘danekoと合流する。

 

danekoはすぐにでも不動産屋に行きたかった。

担当者にアポ取りしていないので、いついるかわからない。

 

今から行けば、たとえ居なかったとしても、

ランチ後にまた急襲できるゾ(ー_ー)!!

 

え?なぜアポを取らないのかって!?

それは、アポ取りすると明日とか明後日に先延ばしされそうで、

不安だったからである。。。

 

基本的に、キウィの仕事の段取りを信用していないのだ・・

 

が、ムスメはすでに空腹を訴え、機嫌が悪い。

こういう時はまず何か食べさせないと、人間をヤメてしまうかもしれない。

 

と、いうことで、

 

indocine interior

近所の、Indocine Kitchenへ。

ランチ訪問は初めて(^^)

 

壁のでっかい絵は、夜行くと暗いので初めて気づいた(^_^;)

 

さてさて、ランチメニューはディナーメニューとは別。

と、いうより、ディナーから一品ランチになりそうなものを、

ピックアップして作った感じかな・・

 

indocine table

キウィのお客さん(ビジネスマン多し)でほとんどいっぱいの店内。

danekoたちは、大テーブルに座らされた。

 

特にゆっくりするつもりはないのでかまわぬ(ー_ー)!!

 

こちら、お水が炭酸水ですよ。

フォーを頼み、待つことしばし。

 

indocien chicken pho

こちら、娘danekoのチキン・フォー。 18ドル。

 

なんだか手がもっちりしていますね(^_^;)

最近このムスメ、食べ過ぎなのではなかろうか・・・

 

しかし、チキンフォーは美味しかった。

あっさりしたスープで添えてくれたチリを入れて食べる。

 

で、お味は良いがなぜ麺が切れ切れなのだろう(?_?)

 

 

indocine beef pho

こちら、danekoのビーフ・フォー。 18ドル。

チキンとビーフが同じお値段とはこれいかに?

 

でも、ニュージーランドではよくありますね。。

タイカレーなんかでも、チキン、ポーク、ビーフ、みな同じお値段だったり。

 

これが日本だと、

チキンポークビーフ

だったりしませんか?

 

お味の方は、残念ながらチキン・フォーに軍配。

ビーフはチョット牛さんの臭いがして、danekoは苦手。

 

ビーフの臭いも好きな人ならいいと思いますよ。

載っている牛肉は、タンのようでもあり・・・しかし要らないな(-_-;)

 

そして、サイドのバゲット。これも意味分からない。

 

おツユを付けて食べるにはちょっと・・だし、

そのまま食べても味がない。フォーにも合わない。

 

どうも、

フォーだけではおナカ一杯にならないであろうキウィ客のために、

ダブル炭水化物にしてお腹を膨らませようという魂胆では??

 

こちらのフォー、

たしかにHansan Vietnamese などより洗練されているが、

 

18ドルってお値段はどうかな。ベトナム麺ですからね(^_^;)

 

どうりで店内を見渡しても、ベトナム人はおろか、

ちゃいにーず様たちもぜんぜん目に付かないはずだ。

 

フォー一杯だけに18ドルも払うのがアホらしいのであろう。。

danekoもちょっとアホらしかった(-_-)

 

が、また行ってしまうかもしれない・・

Hansanよりは好きな味だから。

 

そうそう、このお店、

いまやテイクアウェイ・ショップを他に2店も持っている。

 

ひとつはオークランド大学の中にある。

もうひとつは、ハイ・ストリートのアーケード内(The Donのお隣)

 

原価は安いはずのフォーを18ドルで売りまくり、

もうかった末の多店舗展開であろうか・・・(-_-メ)

 

Indocine Kitchen

42 Fort St, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

トイレは外なのがちょっと不便ね〜(-_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA