オークランド食べ歩き・自家農園の美味しい野菜料理・オルトラーナ!

ortolana 201906 califlower


まだニュージーランドに戻ったばかり。


用事があってシティまで出て来たけれど、

ヒコーキの長旅で胃腸もちょっと疲れているであろう。


そんな時にどこで夕食を取ろうか?

時間は午後5時過ぎと早いから、予約無しでも席はどうにでもなりそうだ。


そうそう、前回お値打ちだったあの中近東系?

2コースディナーが25ドルだったよね♬



と、お得に惹かれかけたのだけど、

どうもそんなには食べれなそう。


と、いうわけで、ブリトマートの大定番。

オルトラーナへやってきた。


通し営業がありがたいオルトラーナ



AMANOも同じ系列だ。

一瞬、アマノでパスタかな?と思ったけど、

ヒマそうなオルトラーナに安心して入店。


寒いからか、アウトドア席にも誰も居なかった。

ドアを開けると、暇だったせいかウォームウェルカムが。


Hello, Madame と笑顔でお出迎えされた。

不景気もこんなときはありがたいなあ(^_^;)


席に案内され、まずはワインリストを見る。

こちらの店、やたらにグラスワインが多い。


その中から、

「寒いので赤」というつまらないコンセプトで、

セントラル・オタゴのピノ・ノワールをチョイス。


ortolana 201906 wine
たっぷりと注いでくれますよ♬

横のちょっと小さめのは、試飲用のグラスです。


実はこのワインチョイスまでにひと悶着あったのだが、

それはまた、別の記事で詳しく書くとして・・

(daneko、またちょいモメ?)


バー使いの客が多い店内



周りを見渡せば、ドリンクだけの客が目立つ。

時間帯だろうか。


グラスワインだけを最初に頼んだdaneko。

目の前のフードメニューをゆっくりと眺めながら、

ワイン飲みつつ料理を選ぼうと思った。


ふつうなら、

「料理決まった?」

などと聞いてくるはずのスタッフ達も、

今夜は放っておいてくれるのだった。


客の入りは、大テーブルの席を除いても、

半分くらいだろうか。


この冬の時期のオークランド。

しかも火曜日。

外食するキウィは少ないのだ。


前菜・魚の燻製のブルスケッタ



温かい前菜がいいかな?とも思ったが、

店内は心地よく温かいし、

温前菜に食べたいものは見当たらず。


スモークした魚のブルスケッタに決めた。


ortolana 201906 bruschetta
うっわ~、大当たり!

そういや、AMANOの魚の燻製と同じみたい。


アマノのスモークド・フィッシュ・パテは、

danekoの一押しメニューなんである(ー_ー)!!


そう、オークランドで一番食べたい料理のひとつ。

と言い切ってもよい!


ortolana 201906 smoked fish
それがいま、アマノに行かずとも目の前に。

がっついちゃって食べかけだけどゴメンナサイ。。


とにかく、魚が新鮮。

スモークの加減も好き♡

和えているソースがパンに合う。


danekoはシアワセに震えつつ、

お魚のブルスケッタを口に運んだ。


野菜の付け合せ・カリフラワー



変わらぬ店内。


ortolana 201906 interior
このオシャレな照明も相変わらず。

懐かしささえ感じさせてくれる。


そうそう、一年ぶりだったもんね。

しかも一年前はお茶とスイーツのみの利用。



オルトラーナでちゃんと食事するのはホント久々であった。

スタッフさんも総入れ替えしてて、

誰も見知った顔はいなかった。


そうそう、この店はサイドメニューがイケてるのだ。

1.ケールとヤギのチーズ
2.ブラッセル・スプラウト
3.カリフラワーとチーズ
4.ポテト

などがあって、どれも魅力的。

マネージャ級の人に聞いてみる。


・ケールは生で供される。

・ブラッセル・スプラウト(もやしですよ)はちょっと火を入れて出される。

・ボクのオススメはカリフラワーかポテト。


ということで、

魚の燻製でお腹が結構ふくれていたdaneko、

カリフラワーを選んだのである。


daneko
パン粉クランブルは少なめでね。
チーズもほんの少しでいいから。

と、脂肪分の摂り過ぎを警戒する。

この日はシンプルな野菜料理が良かったから。


で、カリフラワーの登場。


ortolana 201906 califlower
おお〜お皿はちっちゃいけど、たっぷり♬


この店、クメウ地区に自家農園を持ってる。

そこから直送の野菜なのだ。


車の輸送で30分ちょっとだろう。

フレッシュさで他の店を凌駕している。


しかも、紫と白の2種類のカリフラワーで、

食べ飽きず、ひとりですべて完食。


心配したパン粉揚げもごく少量。

チーズも底に控えめに敷かれてあった。


モッツァレラ。

ニュージーランド産だろうな。

最近はこの国でもイタリア系チーズの生産に力を入れているから。


赤ワインをお替りして大満足(^^)v


danekoの食べるのを見ていた、

隣のテーブルの男性客3名も、

フードをオーダーしだしたゾ。


「食の工業化」がまだ進んでないニュージーランド。

新鮮な素材がきちんと料理されて出てくるのが、

日本よりも優れた点だと思う。


ま、その分コストは高く付くけど、

カラダにはいいんじゃないかな?


カフェなどにもシェフがいて、

一から料理を作ってるところが多いし。


またしばらくはオークランドを中心に、

食べ歩きに励みます(*^^*)


ortolana 201906 exterior
本日はごちそうさま〜♬


アクセス



Ortolana

33 Tyler St, Auckland
☎ 09 368 9487



【しろねこひさびさ〜ポチってね♬】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

トイレが外なのがちょっと難点(-_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA