娘daneko、誕生日に一番好きなイタリアン・AMANOへ\(^o^)/

amano 201705 califlower

少し前のことにはなるのだが、

娘danekoの誕生日だった。

 

日本から友人夫婦と夫が来ており、

一緒に誕生日を祝ってくれた(^o^)

 

行ったお店は、娘danekoのいま一番のお気に入り♪

 

amano 201705 sign

AMANO

 

もちろん、Metro Top 50 にも掲載された、

注目のニューカマーだ。

 

経営はHip Group。

カフェやレストラン、スイーツの店などを10店舗くらい持ってる。

 

そのほとんどすべてが当たっているという、

オークランド飲食店経営の鑑みたいな会社だ。

 

オルトラーナ、Milse、Takapuna Beach Cafeなど、

一度は行ったことのある人も多いのでは?

 

お店で使う野菜や肉は、地産地消をうたい、

Kumeuの自社農園から採ってきたものだ。

 

ここAmanoのウリはフレッシュなシーフード。

旬のものを使っているので、メニューはよく変わる。

 

amano 201705 wine

この日3本目のワイン。。Serecin

 

セレシン・ピノ・グリ。

信頼できるいい作り手なのだ(^^)v

 

ここのワインリストはNZとイタリアが多いけど、

友人夫妻はせっかくなのでとNZワイン。

 

料理も、この日は6人だったので、

いつもよりたくさん食べれた♪

 

amano 201705 califlower

ど〜ん! とチーズが乗ったカリフラワーのロースト。

12ドル。

 

これ、danekoの口には入らなかったが、

皆口々に美味しかったと(^^)v

 

ハイハイ、お客さんが喜んでくれれば、いいのです。

 

amano 201705 charred lettuce

炭火で焼いたレタス。 10ドル。

たかがレタスというなかれ(ー_ー)!!

 

炭の香りがふんわりと、そしてローストしたナッツのサクサク感

ドレッシングも、ニュージーランドを逸脱している!

 

こんなお店がオークランドにできることを、

danekoが初めて訪れた2007年に誰が想像できただろう。。

 

amano 201705 potatoes

うわっと、ブレているのは多分湯気だ(と、思いたいが・・)

ポテトをミントバターで仕上げたもの。 これも10ドル。

 

料理のクォリティの割には、お値段が安いと思う。

それはやはり、自社農園から食材を仕入れられるからだろう。

 

予想よりも油ぎってなくていいゾ(^^)

ポテト好きが3人ほどいて、たちまちなくなる。

 

この他に、パテ2皿、パンの盛り合わせを追加したが、

たちまち売り切れて撮り忘れ。

 

だんだんみんな酔っ払ってきて、

図々しいチャイニーズのような集団になってきた。。。

 

チャイニーズと違うのは、ワインの量がハンパないこと。

なのでお店も見逃してくれるみたい(^_^;)

 

amano 201705 beef steak

同居人は、ビーフステーキも食べていた。

彼は、ニュージーランドの赤身肉がそうとうお気に入り。

 

皆、娘danekoの誕生日そっちのけで食いまくり飲みまくった。。。

 

今日の記事でご紹介したのは、ステーキ以外は野菜メニュー。

でもこちら、シーフードも美味しいし、チーズなどもイケる。

 

2人でよりも、3人、4人とグループでお取り分けするのが、

いろんな料理を楽しめていいと思う(^^)v

 

AMANOさん、グレート!

また近々食べに来ま〜す♪

 

Amano

66-68, Tyler Street, Britomart, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

パーティ・・呼ばれてないワ(-_-メ)

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA