以前もめたウッドペッカーヒル再訪!出禁になってなかったよ(^^)v

woodpecker hill 201806 bok choy
woodpecker hill 201806 exterior

ウッドペッカー・ヒル。。

パーネルにある、人気のお洒落フュージョン。

 

中華とコリアンが混じったような感じか。

ひさびさに、行ってみようということになった。

 

だが、danekoはここで、

店の人とチョットもめたことがある(^_^;)

 

詳しくは、過去記事を読んでほしいのだが・・

 

パーネルで超人気!Woodpecker Hillはメニュー選びにご注意を(^_^;)

 

daneko、超人気のWoodpecker Hillでダメ出し後の攻防。。(^_^;)

 

ちなみに、上が前編、下が後編ですよ。

 

まあ、かいつまんで言うと、

臭いラムカリーを出されたdanekoが文句を言い、

店は別メニューに作り直すということに。

 

そして、その後、店を出るとき、

3分の1も食べてないラムカリーまで払えと言われたのだ。

 

いや、正確には、danekoが疑問を呈さなければ、

ラムカリーも勘定書にしっかり入っていた。

 

言わないもん負けである(-_-)

おまけにワインのことでももめていた。

 

で、その後、娘danekoがこの店に激怒し、

絶対に行こうとしなかったのだ。

 

しかし、danekoには、未練があった。

最後に食べた、BBQリブが旨かったのだ。

 

なので、娘danekoがいない時をみはからって、再訪。

 

この日、日曜日の夜だったのだけど、空いていた。

パーネルの人々は、日曜日に外食をしないのであろうか(?_?)

 

いやいやいや、

この店の人気も、そろそろ煮詰まってきたのかもしれないゾ。

 

と、danekoはほくそ笑む。

そして、出禁になってはいなかった。

 

ま、アジア人の顔なんて、いちいち覚えられないだろうし、

店のスタッフも一巡して変わっているようだった。。

 

woodpecker hill 201806 eggplant

まずは、茄子の揚げたのに、タレを掛けた料理。

 

甘辛いタレで、danekoの口には合わなかったが、

人気の前菜らしい。

 

こんなものが16ドルとは、高いなあ。。

材料費はほとんど茄子だけなんだから。

 

そしてこの店、暇な時は従業員がうるさい。

「ドリンクの追加はないか?」

「何かもっとフード要る?」

 

などと、客が話しをしているのにさえぎってきたりする。

一見フレンドリーだが、中身のない接客である。

 


woodpecker hill 201806 wine

なので、彼らの口封じを兼ねて、ボトルワインを。

アルファ・ドームスという、ホークス・ベイの作り手。

 

メルロ主体だったかな? 赤ワインである。

こんなものが72ドルとは(@_@)

 

同行者と、

ここはワインの小売値に、3倍掛けだろうと呆れる。

 

小売値の3倍掛けって、アナタ、

レストランって、小売値よりかなり安い、

卸値でワインを仕入れているのである(ー_ー)!!

 

それなのに、小売値の3倍とは!

フレンチカフェやグローブみたいな高級店ならともかく、

こんなアジアンフュージョンで、ありえない暴利だ。

 

リスト値段=小売値×3

小売値=卸値+もうけ

 

なのであるからWoodpecker Hillは、

卸値+もうけ×3 も、客からふんだくっているのである。

 

実際、フレンチカフェやグローブに行ってみても、

この店ほど不当にワインは高くない。

 

danekoが、まあ飲んでみようかってものが必ずある。

 

なのに、このアジアンフュージョンの店には、

長ーいリストの割に、

お値段的に許せるワインが殆どないのであった。

 

カリフォルニアやオーストラリアのワインも多い。

 

よくわからないものをリストに混ぜて、客の目をごまかそうったって、

このdanekoには通用せぬ(-_-メ)

 

隣の席に座ったおねーちゃんたちは、

旅行者みたいで、ワインに詳しくないらしく、

 

店の人にアルバニーリョなんぞ勧められていて、

あ〜あ、って感じ。

 

ニュージーランドに来たら、地元のワイン飲みたくない?

などと突っ込みつつ、2皿目に突入する。

 

他人のことは、あとだ・・

 

woodpecker hill 201806 bok choy

Bok Choy  10ドル。

どうやらこれが、この日一番美味しかったかも。

 

Che Barringtonの特製BBQソースが効いているのだ。

シェフは店には居ないけど、ソースはレジでばりばり売っている。

 

20ドルらしいですよ。。(高いソースだ)

まあ、悔しいが旨い。

 

 

woodpecker hill 201806 salad squid

お次は、イカとポークのサラダ。

目の前に来てから、失敗だったとわかった。

 

だいたいね、イカとポークの組み合わせがイカン!

 

シーフードサラダならシーフードに統一しないと、

ソースのベースが訳わからなくなる。

 

ときには上手くからむこともあるけど、

このサラダに関しては失敗だった。 

 

26ドル。 うげ〜、高過ぎ(@_@)

フレッシュなハーブのお値段であろうか?

 

そして最後のバーベキュー・メインへ。

 

woodpecker hill 201806 beef BBQ

Beef Rib  40ドル。

えーっと、韓国焼き肉のFaroだったらこの半値だろう。

 

まあ、一人でメインとして食べるには十分な量はある。

しかし、この日はこれも失敗だった。

 

danekoは、チリジャムを避けたかったので、

「チリジャムはサイドで」とオーダーしたのだ。

 

そしたらどうだ、うるさい客だからとでも思ったのだろうか、

チリジャムのみならず、BBQソースもサイドでやって来た。

 

??????

あの〜、、、

 

このビーフ、BBQソースに絡まってるから美味しいのよ。

それなのに、

冷めたBBQソースを自分で肉に付けて食べるの?

 

それって、まったく違った食べ物になるんだけど。

だってだって、

タレが別添えのタレ焼き鳥なんて意味ないでしょ?

しかも、タレが冷めているっていう・・

 

と、いうような哲学的命題?にも無知な人々が、

オークランドに君臨する人気レストランをやっているのだ。

 

おまけに、やたら添え付けのソースが少なかったので、

追加したらしっかり2ドル取ってるしね。

もちろん事前承諾は皆無。

 

あーやっぱこの店、間違いなくよくないんだ(ー_ー)!!

サービスも、フードも、ワインも、割高のオンパレードよ。

と、再認識した6月の夜だった。

 

だが、もう文句はつけない。

薬をつけて意味のある人にしか、薬をつけても意味はない。

 

Woodpecker Hill。

いつか自分たちの間違いに気付くであろう。

 

だが、その前に、閉店するであろう。

 

昨年末に閉店した、

あのポンソンビーのMoo Chow Chowのように。

 

チーン(了)

 

うっわ〜!!オークランドから消えたレストラン・あのメレディス他2件(@_@)

 

Woodpecker Hill

196 Parnell Rd, Parnell, Auckland

 

【しろねこにちょっとポチを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

daneko、そんなに怒ると血圧上がるワヨ(-_-;)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA