うっわ〜!!オークランドから消えたレストラン・あのメレディス他2件(@_@)

201801 moo chow chow closed exterior

danekoが恒例の年末年始のニッポン帰国を終え、

オークランドに戻ってみると、あらあら浦島よ(^_^;)

 

街を歩いていると、クローズしたレストランが目につくゾ。。

オークランド、景気がいいって誰か言ってなかったっけ??

 

まあ、danekoは全然信じてなかったけど。「景気いい説」

労働党政権時は、景気後退するって決まってるそうだし。

経済よりベネフィット重視だからね。まあ当然の流れ。

 

その日、danekoは週末のポンソンビーに足を踏み入れた。

娘danekoとミッションを果たすためだ。。。

 

そのミッションとは、「Metro Top 50制覇

今年こそはと張り切って出かけたのだった♪

 

しかしね、このメトロ誌のレストラン・ランキング。

必ずしもアテにならなかったりして。

 

そして困ったことに、あんまり行きたくない店も含まれてたり、

実際、評価の基準もよくわからないとプロのシェフも評している。

 

ま、なんにせよ指標は必要ってことで、

行かなければ文句も言えないから、とりあえず50店訪問する。

 

そんなつまらないミッションなのであった・・・

 

そしてこの日は、人気のタイ料理の店に行くつもりで出かけたのだが、

場所を再度確かめるためにGoogle先生に聞いてみると、

 

「わ〜!!まま!永久にクローズだって(@_@)」

と娘danekoが叫んだではないか!

 

 

201801 moo chow chow closed entrance

むむむむむ。。。

確かに、100%閉鎖中(@_@)

 

なぜだ。 danekoが最後にポンソンビーを訪れた11月末、

Moo Chow Chowはまだ、いつものコーナーに元気で営業中に見えた。

 

入口ドアには、移転先もクローズのお知らせもない。

 

こういう場合、

契約期間満了と再契約の決裂による、強制退去が考えられるのだが、

 

Moo Chow Chowといえば、あの飲食業界の有名人によるプロデュース。

Mark Wallbank と Che Barrington の二人である。

 

ちょっとオークランドの飲食に詳しい人や業界人であれば、

彼らのオープンさせたレストランは誰でも知っている。

 

同じくポンソンビーのBlue Bleeze Innとか、

オークランドTop50の、ニューウェーブ中華・Blue Breeze Inn(^^)

 

パーネルの人気アジアン・フュージョン、Woodpecker Hillだとか、

その他にも数件、2人でプロデュースしたレストランは有り、

 

そのほとんどがMetro Top 50に入っている。

ま、これはある程度メトロとのコネなのかな。。(?_?)

 

 

201801 moo chow chow closed exterior

それにしても、クローズしたレストランというのは寂しい。

中は早くも廃墟化してたりしてね。。。(^_^;)

 

ポンソンビー・ロード沿いという一等地だから、

きっとすぐ次の店は見つかるのだろうけど、

看板がまだ残っていて哀しい(T_T)(T_T)

 

そして、このニュース!

Stuff というニュースサイトからの抜粋なのだけど、

 

 

merediths article

ジョン・キー首相とおんなじような理由である。

家族と過ごす時間のため、お店を閉めるんだって。

 

ふつーのオーナー・シェフなら、店を閉めたら生活できないと思うけど、

 

メレディスは「Eat My Lunch」というチャリティー・ビジネスもやってるし、

Air NZのビジネスクラス機内食の監修もやってる。

 

当面の生活は大丈夫なんだろうな(^_^;)

 

4番目の子どもが2月に生まれるので、それに合わせてクローズ。

あれあれ子沢山と思いきや、

 

3人の子どもたちは別れた奥さまと一緒にオーストラリア在住だって(@_@)

シェフ業が忙しすぎて、家庭が保たなかったんだって・・

 

danekoはこのニュースを見たとき、

絶対クローズ前にメレディスに行こうと思った(行ってなかったのだ)

 

メレディスと親しい友人シェフに頼み込んででも、

予約をねじ込んでもらおうと思ったのだけど、

 

昨年のクリスマスですでにクローズしていたという、

浦島danekoの完全敗北であった(-_-;)

 

ああもう・・浦島danekoって改名しなくっちゃ。。

 

しかしながら、この2店、

どちらもMetro Top 50 2017(最新版よ)にバリバリ載っているゾ。

 

 

merediths 2017 metro top 50

ほらほら・・

Merediths、数々のアワードさえも取ってますね。

 

 

moo chow chow 2017 metro top 50

ほれほれ・・・

今年中にクローズするとか、一言も書いてない。

 

オーナーは編集者やライターさんと知り合いだろうに、

やっぱクローズ情報は言えないのだろうな。

 

で、ダメなんじゃない? Metro Top 50って。

なぜって、もうひとつクローズしたこのお店、

 

 

molten 2017 metro top 50

Molten

マウント・イーデンのダイニング&ワインバーである。

 

こちらなんか、Metro Top 50が出た4月にはもうクローズしてたからね。

danekoたちは行ってみてびっくりしたのだ(@_@)

 

そして、Google先生に確認したけど、クローズ情報はまだ無く、

しかし店は空しくそのドアを閉めたままであった。。。

 

50店舗のうち3店舗もクローズって、どうなのだろう(-_-)

 

なんだか最近、過当競争が激し過ぎる気がする、

オークランドのレストラン業界である。

 

オーストラリアなんかからの大資本も入って来てて、

個人店には受難の時期に入ったのかな。。

 

なんかみんな、インスタ映えする料理だとか、

お金の掛かったインテリアだとか、

そんなものに走り過ぎのような気がするけど、

 

danekoはそんな風潮にモノ申す事もできず、

ただただ今年もニュージーランドを食べ歩くのみ(^_^;)

 

 

関連記事

2 件のコメント

    • Miyuさん、コメントありがとうございます♪
      昨年12月にクローズされたTatsumiさんも個人経営。
      近年は投機資本がからむオークランドの飲食業界でいろいろご苦労があったかもですね。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA