オークランド食べ歩き・カフェで遅めのランチは注文を急げ!Olaf’s

olaf's 201811 caesar salad

ニュージーランドって、ランチタイムを逃してしまうと、

食べるお店に困りませんか(?_?)(?_?)



たとえば、午後2時くらい。。。



お店によっては、午後3時までのランチって

表示してあるところもあるけど・・・



そこは、あてにならないニュージーランド。



料理人の気分次第で、午後2時半とか、

お客さん居ないと午後2時キッチンクローズとか、



平気でしちゃったりする、

油断のならないNZなのだ(ー_ー)!!



この日、danekoは、

打ち合わせの場所を探していた。



時は、午後2時前。

場所は、マウント・イーデン近辺。



Zool Zoolももう閉まるであろうか。


いやいや、

ラーメン食べて打ち合わせはちょっとね(^_^;)



と、いうわけで、カフェにしようと思った。



Mt. Eden地区にはカフェが多い。

そのかわりマトモなレストランは少ない

 

olaf's 201811 exterior

Olaf’s Bakery Cafe



何度か行ったことのあるこのカフェに、

またお世話になるのが間違いないだろう。。。



他にも人気のカフェはたくさんあるのだが、

Zomatoの点数などアテにならぬ(ー_ー)!!




 

olaf's 201811 interior

おお〜!!!

週末の朝と違って、空いているなあ(^^)v



これなら、心置きなく打ち合わせができそう♪

ウルサい店も多いもんねえ・・・



店内には、

確信的に美味しそうな空気が漂っている。



そしてオラフの食事メニューは、

朝食もランチもオールデイである(^^)v



あ、午後4時で閉まりますよ。

日本と違い、カフェは基本朝〜昼営業なのだ。



ウキウキとメニューを選んでいると、

日本人のスタッフさんがやって来た。



そう、日本語でいろいろ教えてもらえる、

便利なカフェなんである(エッヘン)



お食事は午後2時半でオーダーストップですよ

と聞き、急がなくっちゃ〜(@_@)



午後2時半とか、ホールスタッフに伝えてたって、

5分10分早くキッチン閉めるシェフもいそうぢゃないか(^_^;)



と、danekoは焦った。



同行者は、朝ごはんがまだなので、

ショーケースのパンにするという。



danekoは、シーザーサラダにするか、

バーガーにするか迷った。



斜め前のテーブルのキウィのお客さんの所に、

美味しそうなバーガーがやってきてたからだ(^q^)



で、迷いに迷ったけど、

シーザーサラダに決めた。



バーガーは、かぶりつくと手が汚れる・・・

しかし、後悔の念はそうとう残った。



付け合せのハンドカットチップスが、

ものすご〜く旨そうだったのだ。



キツネ色の揚げ加減、次回は試さなくっちゃ。

 

olaf's 201811 bread

パンは、

マフィンとクロワッサン。



どちらも温めるかどうか聞いてくれる。

マフィンには、バターが付いてくる。



まあ、

日本人は甘いマフィンにバターを使わないかもだけど、

キウィの皆さんは、バター大歓迎ってね(^_^;)



 

olaf's 201811 croissant

ちゃんと作っている感。



danekoは、このクロワッサンというもの、

その昔、

パリにちょっと語学留学してた頃も食べたことはなかった。



毎日、バゲットとクロワッサンが朝食に出るのだが、

クロワッサンは友人のバゲットと交換していた。



そのうち、

友人もクロワッサン2つはキツイということになり、

danekoは困った(-_-;)



で、考えたのだ。

そうだ、クロワッサンの方がきっとコストが高いはず



ならば、バゲット2切れに替えてもらえるんじゃ(?_?)

と。



アコモの朝食会場のオバちゃんは怖かった。

機嫌の悪い日もあったし。



なので、切り出すには勇気が要ったが、

ある日、



「クロワッサンが好きじゃないので、

バゲット2切れにしてほしいの」



とお願いしたのである。。。



果たして、フランス人のオバちゃんは、



とっても驚いた顔をしたのだが、

danekoの希望をキッチンに伝えてくれた。



きっと、

クロワッサンが好きじゃない人間なんて、

この世に存在しない

と信じていたのだろう・・・



それからは無事、毎日バゲットのみの朝食(^^)v

よかった〜!



ってな思い出を、このクロワッサンを見て思い出した。



それくらい、danekoの人生にクロワッサンは要らない。



バターで仕上げてあるってのが、

そもそもね。。。



口に入れたときの、バターの香りはいいんだけど、

その後でグシャシャっと来る、



アブラが口中にしみてくるときの食感が、

ハイ、もうさようなら〜なのです(@^^)/~~~



まあ、あの三日月型は可愛いので、

見る分にはとっても楽しいパンなのだけど。。



 

olaf's 201811 croissant

ブルーベリーのマフィン。



これまた、キウィチックな朝食、ブランチの定番品。

人によっては、ランチもこれとコーヒーで済ませてる。



甘〜いランチを、コーヒーの苦味で打ち消して、

軽く済ませた感じが好きなのだろうか(?_?)



danekoには、マフィンも、人生に要らないもののひとつ。

よくスーパーにマフィンがドバーッと並んでいても、



まったく欲しくならないという、

おトク?な体質である。



そうそう、お待ちかねの・・

 

olaf's 201811 caesar salad

シーザーサラダ。 19.5ドル。



もう、前回のように、お値段のことは考えまい(笑)

ひたすら美味しそう。。。



オラフのシーザーサラダ、

danekoの好みにドンピシャリ!



オーダーするときに、レジのオネーチャンに、



Good Choice!



ってほめられたんだよ〜♪



まあ、この店の当たりメニューだったのね。



カリカリの薄切りバゲットが、

クルトンの代わりに添えられていて、



その点は好みが分かれそうなんだけど、

とにかく、コスレタスもしゃっきり、



カリカリベーコンの量は程よく、

チーズの量も本当に適量。



なにかしら、トゥーマッチなことが多い、

このニュージーランドで、このバランスの良さ!



非常に珍しいことだ。。

 

olaf's 201811 coffee

食後に、コーヒーをいただきました。



左は、フラットホワイト。

右は、チャイラテ。



daneko、朝コーヒーを飲んだばかりだったので、

チャイラテにしてみました〜。真っ白よ(^^)



何もかもが、ていねいに作られている、

良心的なカフェ、オラフ(Olaf’s)



わざわざ行く価値は、あると思います。



次回はバーガーとグラスワインで、

まったり楽しんでみようっと(^o^)



Olaf’s Artisan Bakery Cafe

1 Stokes Road, Mt Eden, Auckland

☎ 09 6387593

【しろねこのツッコミにぽちを♬】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村

クロワッサンが嫌いなグルメなんて、

daneko、ニセモノだワ(~_~メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA