これでいいの?ニュージーランドで接客姿勢に疑問

burger burger 202001 exterior


この日、

danekoはいつものバーガー屋にいた。



burger burger 202001 exterior
入口にはオーナーさんがいて、

danekoをハイチェアの4人席に案内してくれた。

ハイチェア席は、店内がよく見渡せる。


Burger Burger



こちらのバーガー、

3ヶ月ぶりくらいだろうか。


少し間が空いたけど、

定期的に行ってしまう、

間違いのないバーガー屋さんである。



burger burger 202001 beef burger
いつもの、クラシックビーフバーガー。


ひさしぶりだったせいか、

コスレタスのトッピングを忘れていた。


で、肉とピクルスとソースだけの、

シンプル過ぎるバーガー。


ところで、問題はここから。


見つけた!問題の接客



前回こちらを訪問したときに、

アレ???


と思った接客があって、

同行者とさんざん日本語で文句を言っていたのだ。

もちろん日本語だから通じてないと思う(^_^;)


こういう接客をしてはいけませんよ、

という、見事なパターン。



burger burger 202001 hospo
こんな感じ。

オーダーを取っているところです。


え? コレ?

大したこと無いんじゃない?


と思ったアナタ、

見たところ、カジュアルなバーガー店の接客として、

どこもおかしいところがない気がするが、


danekoたちは嫌な思いをしたのである。


どこが悪い接客だったのか?



詳しく説明すると、このおねーちゃん、

テーブルぎわの衝立を挟んで、

おねーちゃん
Ready to order?

とやるのだ。

見おろされてる感あります。


ま、百歩譲ってそれは良いとしよう。

肘ついてるところがdanekoには気に入らないが・・


前回訪問時、danekoたちは、

衝立から遠い場所に2人座っていた。


オーダーを取るおねーちゃんとは距離がある。

danekoたちのオーダーは、

店内の喧騒にかき消されがちだった。

おねーちゃん
Huh? ハア?


と、何度も聞き返してくる?


聞こえにくいのは当然だ。

自分からお客に距離をおいているのだから。


daneko
なぜ、こっちの通路側に寄ってこない??


と、danekoは心の中で突っ込んでいた。


しかし、ギャーギャー言うのもためらわれた。

たまたま、そういうポジション取りだったのかも。

と思ったから。


しかし、バーガー屋のオーダーとて、

肉の焼き加減とか、トッピングの有無だとか、

この店はかなりカスタマイズされたバーガーを出す。


この時は、接客の不味さにちょっと不快なまま店を去った。


誰にでも、こんな接客



ルードといっては言いすぎだろうが、

お客にとっては気持ちが良くはない(-_-)



burger burger 202001 hospo
実際、このときも、

通路側に座る女の子のオーダーを聞き取れず、

おねーちゃん
Huh? ハア?
と聞き返したらしく、

お父さんが女の子の代わりに伝えていたのだ。


なんだかねえ。。

たかがオーダー取りと思うなかれ。


衝立越しにしか客と接しない。

それでいいと思いこんでいる。


自分が失礼な接客をしているなどと、

夢にも思っていないのだろう。


この店のオーナーさん、

たまに来るdanekoの顔は知っている。


次回は、

こんなdanekoブログで毒を吐いていないで、

きちんとオーナーさんに伝えようと思う。


カジュアルなバーガー屋の接客に対して、

danekoが求めすぎなのかどうかは、

そのときに明らかになるであろう(ー_ー)!!


もちろん、結果はお知らせします。


ちなみに、オーナーさんは、

ホスピタリティーの超プロフェッショナルと思う。

そして衝立越しに接客するのは問題の1名だけだ。


バーガー・バーガー・ニューマーケット店。

277のリオープンで客足は悪いけど、

ここは踏みこたえてがんばってほしい。


そうそう、お願いですから、

お肉とバンズの質は落とさないでくださいねm(_ _)m


【しろねこに応援ポチを(^^)】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ヒマならトイレ掃除して欲しいワネ(-_-)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA