新型コロナウィルスで、ニュージーランドの対応が速い理由

nz flag 202002


連日連夜、

世界中でコロナウィルス感染のニュースばかり。


日本でも新たな院内感染クラスターだとか、

オリンピックの延期だとか。


いやいやいや、ホント大変です(@_@)

で、今日は入院食日記をお休みして、


ニュージーランドのコロナ対応について、

本当に優れているのかどうかを探ってみた。


ニュージーランドは対応が速い?



世界でもちょっとした話題になっているのが、

ニュージーランド首相、ジャシンダの決断力。


SNSなどでも、けっこう評価が高いのだけど。


ニュージーランドには、

それをしなければならない緊迫した事情がある!

とdanekoは思っている。




nz self-isolation
これ、3月24日に出た外出制限。


英語版を載せてるサイトが多いので、

日本語版を載せてみました。


NZ現地の企業で働く知人に、

国の発表について詳しく聞いたのだが、


スーパー、金融、薬局、ガソリンスタンドなど、

生活の必要度合が高い業種のみ、操業OK。


レストラン、バー、その他小売店舗、

すべて操業停止となってしまった。


学校も休校、

会社も自宅でリモートワークへ。


ニュージーランド首相の突然の発表に、

danekoも驚いた。


ニュージーランド・これまでの入国制限・防疫の流れ



2月28日:国内で初の感染者

イランからインドネシアを経由した便で到着したイラン国籍の永住者。


そこから、

NZ政府はすぐに、イランと中国からの入国制限に踏み切る。


3月16日:NZに入国する人は全員、2週間の自主隔離へ

自国民にも容赦なし。


まあこれは、

隣国オーストラリアで感染が増えているから、

往来の多い国ゆえに、自国民でも待ったなし。


しかし、努力の甲斐なく?

感染者はすごい勢いで増えていった。


ニュージーランドの感染者、100人超え!



ほどなく、

ニュージーランドの感染者数は100人を超える。


たった100人?なんて思ってはいけない(ー_ー)!!


人口450万人のうちの100人って、

日本の12000万人中の1000人よりはるかに多いのだ。


100万人中、22.2人。

日本は、1200人感染としても、

100万人中、10人である。


急に増えた理由としては、

海外からの帰国者がほとんどらしい。


でもまだ死者が出てないのは、

ニュージーランドしっかり健闘中ですね・


そこで、今回の措置。

海外からの観光客、訪問客の入国禁止だ。

2週間の自主隔離より、より厳しくなった。


3月24日(前後)からは、

ほとんどすべてのビジネスもクローズ。

まるで、イタリア並みである。


医療リソースが圧倒的に少ないニュージーランド



実のところ、

ニュージーランドの医療リソース、


たとえば病院の数、設備の数、医療者の数、などなど。

これが先進国としてはとっても少ないのだ(-_-)


そのひとつが、CTスキャン。

今回のコロナウイルスによる肺炎の発見には、

日本ではまず肺のCT画像を読み取ることが一般的だ。


精度の低いPCR検査(確度50〜70%)をする前に、

患者の肺のCTを見る。


医療現場では、すでに情報が蓄積されており、

PCR検査に進むべき案件かどうか、

CTの映像で判断がつくようになっている。


だが、ニュージーランドのCTの数は・・・




world ranking for ct
圧倒的に日本より少ない。


これ、人口100万人あたりの台数です。

なので、人口の多い少ないは関係ない。


そういや、danekoが昨年秋に足をねじったときも、

ACCではレントゲンしか撮らなかった。




日本の病院ならば、

即レントゲンと合わせてCTも取っているだろう。

「骨折の疑い」とはそういうことなのだ。


だが、NZでは、医療リソースを惜しむ傾向が強い。

なるべく検査をせず、なるべくCTやMRIを使わず・・


danekoが行ったACCには確かCTもあったと思う。

でも医者は、レントゲンのオーダーしか出さなかった。

MRIは、あそこにはなさそうである。


医療リソースの偏在も問題



南島には、特に病院や医療設備の偏りがある。


広い広い南島なのに、

医学部がオタゴ大学のみだからか?


インバカーギルなどに大きな病院があるが、

クイーンズタウンなどはお粗末なもの。


観光客がコロナを撒き散らしたりすれば、

陰圧のできる収容施設もままならず、

即、医療崩壊。即、感染爆発なのである。


ジャシンダの発表を英断だとほめるのは勝手だが、

現実にはそういうお寒い医療事情があって、

首相だって追い詰められての国境封鎖なのである。


ニュージーランドにお住まいの邦人は、

そういう現実を知っておいたほうがいいと思う。


中国のように情報が隠されているわけではないNZ。

ちょっと調べれば、地方都市の医療体制などすぐわかる。


医療リソースは、

人口密度の大きいオークランドに集中している。


いざというときに、何を頼れるのか、

GPはちゃんと機能するのか??

NZで病気にかかるリスクとコストを知っておいたほうがいい。


邪神だ



ところで、

ジャシンダ、とキーを打つと、

danekoのGoogle変換は、

邪神だ


と即座に変換する。


困りますね。

こんなに自信たっぷりに言い切られても(^_^;)


danekoは別にジャシンダが好きではないが、

「邪神」だとは思っていませんよ。。。


ふだん、

そんなに邪神などという単語を使ってもないのに・・


Google日本語変換、まだまだでしょうか(?_?)


【しろねこにもちょいとポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

珍しくマジメな文章書いたからGoogleもびっくりヨ(-_-;)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA