daneko、NZ航空ラウンジのおねーさんになぐさめられる

daneko blog 202106


ニュージーランド南島・クライストチャーチへの旅。

ホントの目的はワイナリーだったのですが、


本日の記事は途中をすっ飛ばして、

帰りの便を待っていたときの小事件についてです(^_^;)


旅の本編は、次の記事以降にアップしますね。


クライストチャーチ最終日



その日、danekoはクライストチャーチ空港にいた。


モーテルをチェックアウトしたあと、

オークランド便の搭乗まで、


ラウンジのWi-Fiでパソコンしようと思ったのだ。

以前はマクドナルドでやろうとしたんだけど、


なんだか・・駄目Wi-Fiであったし、

セキュリティもラウンジのより脆弱そうだった。

(詳しい方にはどっちもどっちと言われるかも)


本当は、モーテルのWi-Fiで作業すればいいようなものだが、

NZのモーテルのチェックアウト時刻は午前10時。


前の晩はKinjiで遅くまで飲みまくり&食べまくり。

当然のように、朝8時にしか起きれなかった。


こうなると、もう時間がない(-_-;)


りんごジュースで目を覚まし、

シャワー浴びて、カフェオレを飲み、


スーツケースに荷物を詰めればアナタ、

PC作業をする時間など無いのである。


昨日買ったフルーツサラダを食べる時間もなく、

それは顔見知りのモーテルのマネージャにあげて、

とにかく空港へ出発だ。


チャーチの空港、街に近くていいですね。

danekoの宿からほんの20分ほど。


しかも、一般道路経由なんですよ。

これはとってもラクなのです(^^)v


クライストチャーチ空港出発ロビー



何度も来ているうちに、

馴染んできてるクライストチャーチ空港。


オークランドよりもゆったりした空気が流れている。


ずらりと並ぶチェックイン機もそんなに混んでない。

どうしようかな。


マシンでするか、プレミアムカウンターにするか、

迷っていたら、カッコいいオジサマが近づいてくる。


エア・ニュージーの係員の人だ。

danekoが困っていると思ったのだろう。

気軽に声をかけてくれる。


チェックイン機の使い方はわかるけど、

フラジャイル(壊れ物)のドロップオフがわからない。


時々場所が変わっていたりするのだ。

それを聞いたら、わざわざ着いてきてくれた。


人と人との距離感が近い街である(^^)

比べると、オークランドはけっこう殺伐としてるなあ。


立派なエスカレータで2階に上がると、

出発エリアである。


ここもほぼ1年ぶり。キョロキョロ見回して、

ギョッとする!



chc airport 202106 foodcourt
わあ〜! お店が軒並み閉まってるゾ(@_@)

寂し〜。。


時刻は、午前11時前。

やっていなければいけない時間帯だ。


フードコートエリアもお客さんがめっちゃ少ない。

これじゃあ、開けておいても人件費の無駄かもね。。


と、横を通り過ぎ、手荷物検査場へ。

オークランドより、ずっと客が少ない感じ。


ラウンジには人がいっぱい



ところがどっこい、NZ航空ラウンジに着くと、

そこには人がいっぱいであった。


航空機の減便のせいだろう、

以前ほどぎっしりではないのだが、

こちらはちっとも寂しくない。


ビジネスでウェリントンやオークランドに飛ぶ人たち。

皆、きちんとした格好をして、仕事モードだ。


仕事のシリアスな内容を電話してる人もいれば、


今チャーチの空港よ〜♬ ランチしてるの。

などと、不要不急でない電話を楽しむ人もいる。


その他、ラップトップでお仕事の人。

ちょっとしたビジネスミーティングっぽく話し込んでる人々。


まあ、いつものラウンジの風景なのだけど、

コロナ前より仕事のお客さんばかりが目立つ。


遊びの人は少ないみたい。





chc airport 202106 lounge2
朝ごはんが液体ばかりだったので、サラダを。

ワインは、インスタ画像用に添えています。


しかし、周りを見れば、もう泡など飲んでいるテーブルも。

ランチ時刻が近いですもんね。

というか、いつでも飲んじゃうキウィなのであった・・


チャーチ空港でも飲み放題は健在



今回寄らせていただいた、マウントフォード。


テイスティングのあと、好きなワインをくださるというので、

迷った末に選んだシャルドネだった。


やはりdaneko、シャルドネが好きなのです。




chc airport 202106 lounge3
ラウンジ内は持ち込み飲酒は禁止だろうから、

これは写真撮影のみで、飲みません(^_^;)


残り少なくなった液体は、もっぱら撮影用に取っておいた最後の一杯。

なんか、空港ラウンジで撮りたかったのです。


モーテルは一階でうす暗くて絵にならなかったから・・


ワインはもう飲まずに返却用のカートに下げた。

それを、お片付けのスタッフが見ていたとは、

夢にも思わないdanekoであった。



chc airport 202106 lounge
こちら、チャーチのラウンジのお酒コーナー。

豊富なラインナップでありました。


オークランド空港と比べてみたい人はどうぞ。




オークランドと比べると、南島のワインが目立つかも。

おヒマなときならよかったのだけど、

今日はPC作業があるのでゆっくりとは飲めない。




chc airport 202106 lounge4
と、いいつつ、サンドイッチとシャルドネ。

これなら、つまみながら作業できるゾ(^^)v


と思いきや・・

サンドイッチは美味しくなかった。


ごくシンプルなものを選んだつもりだったのに、

パンもフィリングもなぜか美味しくない。


ダメだこりゃ、と、一切れだけ食べ、

また返却用カートに下げた。


空になったお皿は下げてくれるけど、

フードが乗ったままでは下げには来ない。


あ、特に、返却必須なわけじゃないんですよ。

こちらのラウンジ。


ただdaenkoは、PC作業のために、

テーブルを片付けておきたかっただけ。


作業に集中してしまうと、

皿を落っことしたりするクラムジーな人間なのだ(^_^;)


雑用に追われ搭乗時刻が迫る



Macbookを広げていると、

日本の会社からの連絡も入ってくる。


NZ時間で午後12路を過ぎ、

日本のオフィスもスタートしたのだ。


振込記録を確認してほしいとか、

出来上がった書類を見てほしいとか。

そのたびに、作業は中断。


おまけに、外部からのメールも入ってくるので、

その都度メールの返信もする。


この日、オークランド空港に着いたら、

その足で向かわねば行けない場所があったのだ。


食べ歩きじゃありませんよ、残念だけど。


用事の後、友人宅にお土産を届ける予定だから、

自宅に戻るのは夕方以降になる。


それまで外部との連絡は取れないので、

メール返信はこのタイミングでないとね(ー_ー)!!


いやいやいや、なかなかに、慌ただしい。

金曜日だったから、一週間の最後のこととて、

連絡事項が多かったのである。


ニュージーランドじゃ金曜日は仕事しないけど、

日本じゃ金曜日にまとめて仕事しますからね。


そうするうち、搭乗時刻が近づいてきた。

モーテルを出た時には、

daneko
ありあまるほど時間があって、PC作業はやり放題〜(^o^)


な〜んて状況を期待していたのに、

実際は、雑事に押されて作業はのびのびになってゆく。

集中力も切れがちだ。


danekoは、持ってきたシャルドネを飲むのを諦め、

おねーさんに下げていいよ、と渡した。


そして、代わりに熱い紅茶を持ってきた。

アルコールタイムは強制終了だ。


ラウンジのおねーさんに話しかけられる



ふうふう。。

もう、12時半を回ったゾ。


搭乗時刻は13時5分。ヤバい事態になってきた。

作業はなかなか進まない。

このままでは、終わらないままに搭乗だ。


そうなると、続きの作業は今晩までムリ。

荷物など片付けたりすれば、夜遅くにずれ込むかも(T_T)


danekoは哀しくなってきた。

なんのために、今日の予定をすべて捨て、

ラウンジにやってきたのだろう?


せっかくクライストチャーチ市内にいたのだから、

リバーサイド・マーケットくらい行きたかったな。


あそこは地元の新鮮な野菜や肉、

そしてその加工品にあふれている。


トリュフのでき具合も見たかったし、

パンチェッタかなんか、買ってきたかった。


それなのに、旅とは関係のない作業をするために、

ラウンジに来てカタカタやっているなんて。。

もう、バカバカ。


と、ため息をつき、通りがかったおねーさんに、

ほとんど飲んでない紅茶のカップを示し、


daneko
これも下げていいですよ・・


と話しかけた。そしたら、


おねーさん
まあ〜!! アナタって、何も飲み食べしてないじゃないの!!

と、驚きの表情で話しかけてきた。


danekoは、面食らった。

そして目を丸くしていると、


おねーさん
私ずっと見ていたのよ。アナタのこと最初から。

ワインも、フードも、ドリンクも、
取ってきてもまったく飲まない、食べないまま!



ありゃありゃ、すべてお見通しだったのか。

最初のワインは撮影用だから飲まなかったんだけど(^_^;)


おねーさん
そして、ず〜っと今まで脇目もふらずラップトップで仕事してて、

なんて忙しい人なの!?


と、呆れつつも同情してくれているようだ。


そう、danekoがこの席に座ってから、

かれこれ1時間半以上が経とうとしていた。


その間、たしかに飲み食いはほとんどできなかった。

しかしそれを後ろから観察されていたとは・・


なぜアジア人のdanekoなどに興味を持ったのであろう?

あ、浮いてましたかね?スーツ姿のビジネスマンたちの中で(^_^;)


danekoのPC作業、それは。。



空港ラウンジで、片付けをする人たちに、

話しかけられるなんて滅多にない。


あちらはテーブルをクリアするのがお仕事。

終わってるか、まだ食べてるか、

そんなことを聞かれるのみである。


なのでdanekoは突然のことに、面食らって、

どう返事していいのかわからなかった。

なぜなら・・


おねーさん
アナタ、本当に本当に忙しいのね。

一体何の仕事なのかは知らないけど・・大変ね


と、おねーさんは同情してくれるのだが、

いや、お恥ずかしい。


だって、danekoが一心不乱に作業していた、

その中身とは・・


ブログ記事を書いていたからなのだ!!

おカネにもならないdanekoブログを、


飛行機に乗るまでにアップしてしまおうと、

そりゃあもう、必死だったのである(^_^;)


まさか、無料ブログをアップするのに夢中だった、

などとは言えず、


daneko
いや〜、ちょっと今日はいろいろ忙しくって。えへへ


などと切れ味の悪い返事をしたところに、


そろそろ搭乗時刻がやってきた。

ウェリントン便に続き、オークランド便も、

全員の搭乗が始まったとのアナウンス。


ハイ、退散です。

結局ブログはアップできないまま、機上の人に。


おねーさんに笑って手を振り、

danekoは荷物を持って立ち上がった。


きっと超多忙なビジネスウーマンと勘違いして、

ワインもフードもろくろく食べれない、飲めないことを、

慰めてくれた優しいスタッフさん。


クライストチャーチは、人が温かいなあ。

ヨーロピアンとかアジア系とかによらず。


きっと、復興もいい方向に進んでいるのだろう。

さようなら、でもまた来ます(@^^)/~~~


air nz 202106 southern alps
お天気は曇っていたけれど、

サザンアルプス?が見えました。


【しろねこのツッコミにポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
バカね、daneko。結局間に合わないなら餌タイムでよかったのに(-_-)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA