Kの魔性($・・)/~~~

今日もいい天気

太平洋岸の冬は、なんてカラリと晴れるのだろう






用事で行った文京区本駒込あたり。

素敵なカフェを見つける

素敵なカフェは、ヴェスパがいるのがお約束??



 実は、今回の上京で、

浅草Kでの新年会に参加することができた


大変うれしい





日が暮れた、午後7時前の浅草

あ~亀十でどら焼き買いたい・・・




ここ浅草Kは、摩訶不思議な店


ひとり2万円超で鴨のお狩場焼きを食べさせるのだが、

店は古いだけで、特に趣があるというわけではない


一見さんお断わり

常連の同伴者必須

ご主人の機嫌を損ねたら、入店×


などなど、数々の伝説を持つ、

その外見・内見に似合わぬ敷居の高さが、

人を惹きつけるのであろうか


ヒッキョウ写真は禁止(見つかったら入店禁止)なので、

持ち込んだワインたちを撮るのみとする







泡3態








赤3人衆

後ろのヒゲ面は、A隊長だ。


参加者6名(これが店が決めたひと組のMAX)、

それぞれに好みがあって、

どのワインも順調に消費された


こちらの鴨のお狩場焼きは、

炭火の上に、硯箱のような鉄板を置き、

その上で一枚一枚店の人が焼いてくれるというスタイル


部位によって、焼き方も違うが、

どれも、アブラっぽくない仕上がりで、

肉なのに、軽い食感

さらっと全部、お腹に収まってしまう



danekoが一番好きだったのは、

最後から2番目、

モモをケムリでいぶしつつ、

スモークみたいに焼いてくれた、あの一枚



大根おろしとぽん酢のみで食べるのも、

カラダにやさしい肉の食し方なのだろう

翌日に感じる胃もたれなどがほとんど無い


Sさんによれば、肉のカットが絶品なのだそうだ。

この日、ワインを6人で6本明け、

にぎやかに新年会は終了


浅草K、

また機会があったら迷わず来ます

Sさん、セッティングほんとにありがとうございます(^o^)丿

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA