ホントの、バースデイ前夜祭(^_^)/

ホントのホントの,

バースデイ前夜祭、

なぜ、一瞬でも勘違いしただろうか。。


それは、イベントとブログ記事か書かれるまでの、

タイムラグが悪いのだ(ー_ー)!!

danekoのせいではない。。。


いやいや、苦しい言い訳ですよ~


今年のお誕生日前夜、

danekoはあの、予約の取れない京割烹、

祇園ささ木に行ったのだ






夏の先付けのしつらいは、


○○吉兆もこんなのをしていたので、

京都のヒトには珍しくないスタイルなのだろうか、






葉っぱを取ると、こんなです。


ホオズキの朱が鮮やか







ちょっと変わった趣のお椀が出てきました!








中身は、ぐじと焼きナス

香ばしく、いただきます







汗ダラダラの佐々木さん、


なんと炭の直火で焼き鱧


この焼き鱧という料理、

鱧ジャンルの中で最高ではないかとdanekoは思う






本当に、汗ダラダラです。。。m(__)m








2切れだけか・・と思いつつも、


danekoのお腹、午後2時半に食べたあのカレーうどんが効いてきた


ヤバい。。。





うすみどり、という名前のお酒を飲んでいます。


お酒は、佐々木さんがひとりひとりに選んでくれるのだ。






鯵を握ってから、バーナーしているという斬新さ



そして、お次は鮎。





お店のお庭で50分間焼いたものだという

化粧塩は目立たず、自然な感じに焼き上げている。


これで50分とは・・・

danekoなら絶対まっ黒焦げだろうに





最近はこんなふうに、焦げ目を控えめに焼くのが


ちょっとした焼き鮎界の流行りのようだ


danekoはあの、焼きアユ~!!って感じの、

焦げ焦げが好きなんだけどなあ。。。


まあ、トレンドには勝てません






お次は、すご~く立派なアワビ


贅沢な一食となったこの日、

しかしdanekoはもう、腹八分目を超えていた






こう見ると涼しげですが、

実は非常にガッツリした一皿


なにせでっかい蒸し鮑が3切れも入った上に、

あろうことか、その下には、ビーフンが敷いてある


daneko、もうギブアップ寸前


ここで、入店前にカレーうどんを食べて来たことが佐々木さんにバレ、

お叱りを受ける





最後のご飯

お腹が苦しいdanekoに替り、

Vさんが撮ってくれたが、ぶれているゾ


ご飯にしらすがびっしりと敷かれ、大根おろしにもみじおろし、

その上に壬生菜漬けと、danekoの好きなものばっかりではないか


お替りを連発する周囲の客にまぎれ、

1杯しか食べられないdanekoであった




祇園ささ木は、

目いっぱいお腹を空かして来なければいけない。。。


この後、danekoのバースデイ・ケーキが現れたが、

お腹一杯過ぎるのと、恥ずかしいのとで、

写真も撮れず。。。


danekoはイザとなると、存在を主張できない存在であった

関連記事

3 件のコメント

  • 凄い!!本当に独創性のあるお料理。予約…今年はもう無理なのですね。食べてみたい。前座がカレーうどんとは言え、danekoさんがもうもうお腹一杯と言うのも珍しい、鉄の胃袋なのに(^.^)

  • 佐々木さんは、「足りなかった」と言われるのが何より嫌だそうです(^_^;)
    しかし、お客も大食い&早食いばっかり・・・

  • だと思う。蒸し鮑の下のビーフン!?揚げ!?想像を絶する濃さですが、楽しい!の一言です。胃袋鍛えて楽しみたい、ですね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA