オークランド食べ歩き・メインは牛の陶板焼!

cocoro 201906 toubanyaki


この日はなんだかお肉が食べたかった。

毎日寒いので、肉でカラダがあたたまるかな?って。


あ、この記事は、先日の続きです。




お寿司以外に温かいフードも食べました!

アラカルトで好きなものだけ(^^)v


まずは野菜なんかをお願いします




cocoro 201906 interior
Cocoroといえば、この大テーブルですね。

いつも見事なフラワーアレンジ。

日本人の方の生け込みなんですよ♬


お花に心躍りつつ席につくと、

フードメニューとドリンクメニューがやってくる。



cocoro 201906 champagne
danekoは、泡から始めることが多いかな。

なんとなくの、クセなんです。


そしてまずは、野菜のサラダ。

フレッシュな野菜が摂れる一品。


cocoro 201906 green salad
こちらのグリーンサラダ、

ドレッシングにちょっとひと工夫。

コクのある醤油ベース。


さっと炒めたキノコが添えてあるのがいいアクセント。

ペロッと食べてしまいました。


温かい茶碗蒸しは、鮑入り



日本ではそんなに食べたくならないけど、

ニュージーランドで日本食レストランに行くと、

たま〜に食べたくなる茶碗蒸し。


ことに寒い冬はカラダが温まる気がして、

メインの前にお願いしていた。


cocoro 201906 chawan mushi
う〜ん、素敵な器。

有田焼ですね!

もちろん日本で入手したものだそう。


左に添えてるのは、天かす。

混ぜて食べると食感が良くなり、キウィ客に人気だそう♬


フタを開ければ・・・


cocoro 201906 steamed egg
ほっこりと温かい茶碗蒸し。

もちろん蒸したてです〜(^q^)


この日は肝ソースなしにしたけど、

ホントは上に肝ソースが掛かっています。


フウフウしながら食べるのは、

このファインダイニングには似合わないので、

スプーンで少しずつすくいながら、

適温まで冷ましながらいただきました。


メインはNZアンガスビーフ陶板焼!



お肉が食べたかったので、

西京焼きにするか迷ったけど、陶板焼!


cocoro 201906 toubanyaki
じゃじゃじゃ〜ん!

シズル感がすごかったので、動画も撮ってみました。




ジュージューいってる陶板焼。


お肉の中心は一見ほとんど生?と思ったけど、

レアで火が通ってる感じでした。

たたき風にアレンジしてあるようです。


これは単品だと39ドルなんですが、

85ドルのコースにすると、なんと!


選べるメインのうちのひとつになってるのです。

やはりプリフィクス・コースはいいなあ(^q^)


この日のアンガスビーフは当たりだった。

お肉もお魚もどうしても、その日の仕入れによる部分もあるから、


迷ったらスタッフさんに聞いてみるといいですよ。

「これとこれ、今日はどっちがオススメ?」って。


大切な日の食事を、

最大限に美味しく食べるには。。

受け身ばかりでなく、一歩前に出て聞いてみよう!


「常連さんじゃないから・・」

とか関係なし(^^)v


なぜってNZのファインダイニング、

インバウンドの旅行者、観光客も含め、

一見さんが圧倒的に多いですから。


アクセス


Cocoro

56 Brown Street Ponsonby, Auckland
☎ 09 360 0927




【しろねこにもちょいとぽちを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

コラ〜!飯テロ反対(-_-メ)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA