オークランドカフェめぐり・おやおや、ずいぶん営業時間を短縮しましたね。。

crave 201907 salmon bagle sand



雨が降ったりやんだりの、

オークランドの冬の時期特有の悩ましいお天気。


モールでの用事のあと、

気になっていたカフェに行ってきました。


ここCrave CafeはNPO?



そう、初めての訪問ではなかった。




今はお天気悪いので、写真が映えないけど、



crave 201907 entrance
郊外型のお洒落カフェ。


こちら、コミュニティの運営で非営利だとか。

ニュージーランド人が好きそうなセッティング(^_^;)


いえね、非営利って言ったって、

働いてる人はボランティアなんかじゃない。


ちゃんと相応の給料(多分悪くない)が支払われている。

そして、設備投資もバッチリ。


要するに、

いろいろ各種、固定経費(給料・家賃等)を払い、

加えて流動経費(食材・飲料仕入れ)も支払って、

残った分はコミュニティに還元するとか。


そして、その還元分は各種寄付に回されるという、

キウィの人々が大好きなパターンですね(^_^;)


前回は、ドリンクだけだったので、

今回はフードを試そうと来訪。


モールでシャンプーの返品交換のあと、

家に帰る途中、Craveのある、

Morningside Precinct に寄ったのだった。


クルマ停める場所がない!!



時刻は午後4時を回っていた。

でも、郊外のモーニングサイドですよ。


クルマ一台くらい、難なく停めれるはず。

と軽く考えていたdanekoは間違っていた。


周囲をぐるぐる回ったゾ(-_-)

以前施設の駐車場だったところは、

今や私設のパーキングとなっていてバツ。


有料どころか、関係者しか停めれない。


建設中だったパーキングビルは、

一応完成してるふうなのだが、

扉は閉まってて入れない。


こらこら、

何が聖地=precinct なのヨ(-_-メ)


少なくとも10件くらいの店があるのに、

路上駐車だけって、貧相すぎる。


駐車難民を作っておいて聖地とはこれいかに。

伊勢神宮みたいにありがたい神様がいるわけでもなかろう。


と、毒づきながらdanekoは路駐スペースを探した。

Courierという、大手の配送会社がある。

社員は絶対、周辺に路駐するよね。


業務が終わる午後5時まで、

お客のためのスペースはないのだった。


施設から歩いて5分ちょっとのところに、

やっとのことで、一台分のスペースを見つけた。

やれやれ・・


こんなバリバリ郊外で駐車場に困るとは。

ま、無料なのがせめてもの救い。。

ホント、アクセスには要注意である(^_^;)


非営利でも、豪華なカフェ



透明の扉を押して、入店。

非営利のカフェは、つつましいのかと思ったら大間違い。



crave 201907 wall art
豪華(@_@)

すっごい大きなマリア様のアート。


しっかりおカネがかかっているのだ。

なんとかNPOみたいなのがやってる質素なカフェとは大違い。


仕掛けも大きい。

上階にはミーティングルームもある。


これも、コミュニティ=近所のオフィスご用達。

コーヒー一杯/i1名で1時間、お部屋を貸してくれるそうで。


こういう大仕掛けでノンプロフィットとか言われると、

ついつい突っ込みたくなってしまう。

零細企業経営者のひがみなのだが・・


お支払いは、後払い



最近のカフェ、先払いが多い。

レジに行き、注文と同時に支払うシステムですね。


でも、ここクレーブは後払いなんだって。

なので、勝手に着席していればいい。


お店の人が見つけて、声をかけてくれます。

こういうゆるい感じのカフェ、最近少なくなったなあ。


実は、ここのフードが美味しいと、

Sake Bar Iccoのイッコーくんに勧められたのだ


イッコーシェフの推薦なら間違いなかろうと、

期待に胸をときめかせて入店。


crave 201907 interior
広々と、天井が高く開放感がある作り。


これは、お客さんが帰ってから撮りました。

danekoは知らずにキャッシャーに行ったのだが、


おにーちゃん
アラ、フードオーダーはもう終わったんだよ。
そこのキャビネット・フードしか無いよ。


というではないか!!

ええ〜ここはたしか、夜もやってたはずなのに??


おねーちゃん
月・火・水曜日は午後5時までよ。
あと45分しかないけど。


と、つれないお返事。

45分!


danekoだって、

45分あればサンドイッチくらい食べれるゾ。

と、不退店の決意を固める。


daneko
え〜っと、じゃあそのサーモン・ベーグルを、ちょっと温めてね。


と、一つだけ残っていたサーモン・ベーグルのサンドイッチを頼み、

ドリンクはソーヴィニヨンブランのグラスにした。


コーヒーはね、朝飲んだから。

えへへへ(^_^;)


旨い!!



ワインが来るまでに、少し時間がかかった。

danekoの持ち時間はいまや残り40分。


だが、周囲には他のお客さんもいて話し込んでるし。

そんなに焦らずともよかろう。。


crave 201907 sandwitch & wine
来ました〜。これで完璧な午後(^^)v


セントラル・オタゴの有名どころ、

アミスフィールドのソーヴィニヨンブランがリストに。


よくよくメニューを見たら、ここのワインリスト、

マスター・オブ・ワインの監修なんだって。

どうりでカフェにしてはこだわってると思った。


crave 201907 salmon bagle sand
サーモン・ベーグル・サンド。


ひとくち食べて、

!!!!


これは! 野菜が美味しい♬

どこか近辺のフレッシュで質のいい野菜たち。


そして、ベーグルの生地もいい。

すごいゾ(^o^)

danekoはひとり、興奮していた。


だが・・サーモンがちょっと・・だった。

うう〜む。


ベーグルからはみ出た端っこは乾いて色が変わってる。

キャビネットの中で、ずっと放置だったのだ。


スモークサーモンとはいえ、

常温のキャビネットの中で長時間放置は良くないよね。


それともあれは見本だったのか・・・

ま、野菜とベーグルが完璧なので許そう。


次回から、キャビネット・フードならチキンかな。


crave 201907 pink salt
テーブルの上のソルト。


ヒマラヤン・ピンクソルトである。

最近あちこちのカフェで見かける。


これもトレンド、流行りなんだろうなあ。

やっぱ色がピンクなのがいいのでは?


どうせキウィに味はわからなかろう。。

最近の傾向は、

シーソルトか、ピンクソルトの2択ですね。


オシャレな非営利カフェ、

クレーブを楽しめた45分間。

ごちそうさま。


降っていた雨もやんだし、

家に帰ろう(^^)v


アクセス



Crave Cafe

6 Morningside Dr, Morningside, Auckland
☎ 09 845 4714



【しろねこにぽちっとありがとう♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
daneko、最後まで粘ってたワネ(~_~メ)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA