ニュージーランドへの道その1・出発前にやっておくこと

nz flag 202002


皆さま、こんにちは。

まだ生きていた、danekoです。


こちらのブログにご訪問、ありがとうございます!

コロナ第一波が過ぎた?かもしれない2020年6月。


danekoはやっとこさ、



nz flag 202002
ニュージーランドへ戻れそうな目処が立っていたのでした。


チケットは経由便



チケットを取るのも大変であった。


チケットを物色し始めたのは、

ニュージーランド航空の直行便が無いころである。


しかし、どうにかこうにか、

ANAのシドニー便が復活したのに合わせ、


・羽田ーオークランド
・オークランドーシドニー

という2便のチケットを取ることができた。


何が大変だったかというと、

コロナ感染のこの時期、乗り継ぎがややこしい。


danekoはオーストラリアの滞在ビザを持っていないので、

たとえ空港から一歩も出なくても、

8時間以上の乗り継ぎにはビザが必要となる。


それが必要ないということを確認するのに、

オーストラリア移民局のサイトに登録し、

乗り継ぎビザが不要なことを確かめ、とりあえず、ホッとする。


シドニー空港には、嫌な思い出がたくさんあるから、

二重三重に気をつけねばならない。


荷物は少なく、でもいつもとは違う



スムーズな乗り継ぎのため、

荷物も少なくしておくべきだと感じていた。


ANAのおねーさんは、

手荷物だけにするのが一番スムーズだと教えてくれたが、


どっこい、

冬の南半球に行くのに、手荷物だけはどうにも無理。

スーツケース大一個は必須であろう。


それに、今回は特別な事情があるのだ。

オークランド空港に着いたら、


たぶん健康観察をされ、

別状なければホテルに2週間、隔離となるはず。


もちろん、家には2週間後にしか帰れない。

と、いうことは、ホテル暮らしのために、

なんやかやと必要な生活品があるだろう。


ホテル暮らし、忘れてはいけないものは?



danekoは、出発直前になって、

あれやこれやと考え始めた。


出発直前も直前、当日の朝である(^_^;)

そうそう、アレアレ。

アレが無いと結構困るよね。。。


と、100均ショップに出かけたのだった。




conversion plug 2020 daiso
これ、これなんです。

似てるけど日本のタップじゃないんですよ。


O型は、オセアニア系のタップ。

この変換プラグがないと、

滞在先のホテルで困るに決まっている。




conversion plug 2020 O type
ホラ、斜めの「ハ」の字になっているでしょう?


ホントいうと、家に帰れるのなら、

こんなものは必要ないんである。


だが・・

今の手持ちの充電ケーブルやアダプターは、

日本のコンセントのものしか無い。


家に帰れる前提だったので、

すべてオークランドの家に置いてきたからだ(^_^;)


iphone、ipad、Macbook、

口腔洗浄器、などなど、

使えない生活は考えられない(-_-;)


そうそう、この変換プラグ、

100均系ではダイソーにしかないそうですよ。


けっこうしっかりした作りだったので、

4つも買ってホクホクして帰ってきたdaneko。


それからまた、ひとしきり、荷造りである。

旅ばかりの人生だというのに、

この、パッキングという作業がなによりも苦手。


いつもギリギリまでスーツケースと格闘している。


日本の留守宅には、ぜひとも必要なもの



この時期、日本は梅雨である。

ならば、仕込んでおかないとイケナイものがある。




mizutori 202006 zo-san
アマゾンで、大量に買った、

水とりぞうさん。

この時期は必須です。


ヴィトンのバッグや、

白蝶貝のアクセサリーなどを、

湿気でごっそりダメにしたことがあるからだ(泣)




mizutori 202006 package
こんな3個パックが15個入り。

ってことは45個(@_@)


届いた瞬間は、

多すぎるかな〜、って思ったけど、

なんのなんの、さほど余らない。


引っ越しをして、

以前のマンションより、ストレージが多いためだ。

12個いりや、24個入りにしなくてよかった。


にしても、danekoのアホなところは、

出発当日にぞうさんを配置するところ。


あ〜、関係のないことに時間を取られる。

出発の時刻は迫ってきているというのに、

danekoのバカバカ。。。


夕方出発とか、時間に余裕があると思うと、

すぐに余分なことを始めるのだ。


テスト前に、

突然部屋を片付け始める高校生のようだ。


ただ、この水とりぞうさんを配置する儀式、

夏場の留守宅には必須である(ー_ー)!!


出発前日の、最後の晩餐。。



昨晩食べたもの。

それは、「たんや」というお店の牛タン定食。


お店に入りやすそうだったし、

けっこうお客さんがいてにぎわっていた。


tan-ya 202006 teishoku combo
客の回転の良い店は、美味しいという法則。

福岡天神、パルコの地下一階ですよ。


仙台のほど本格的ではないけれど、

麦ごはんも美味しいし、


とろろと生卵が付いてきて、

ご飯はお替わり自由。


だが、この日はお替わりするのは止めておいた。

閉店時刻の午後9時が迫っていたからだ。


コロナ前は、夜11時までやってたのになあ。

まだまだお店は自粛モードであった。


今度日本に帰国したときには、

どんなふうに変わっているのだろう?


とりあえず、行ってきます。

冬のニュージーランドへ。


続きは、その2へどうぞ〜(^^)v



【しろねこに、ひさびさのポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ワタシもステイホームだったのヨ。いつもだけど・・



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA