復興進むクライストチャーチ・冬の旅はバスタブ付きで決まり!

christchurch 202106 spa bath


南島っていうとね、南の島のような響きがあって、

暖かいような錯覚に襲われる。


北半球の感覚ならそうなるのだか、

南半球で南といえば「寒い」の象徴。


本日は、そんなニュージーランド南島で、

旅を快適にするお宿もご紹介!


クライストチャーチ空港にて



さてさて、北島・オークランドから、

ヒコーキに乗ってクライストチャーチへ。


1時間半ほどの空の旅。




chc 202106 airport
おお〜!

1年ぶりだけど、なんか感じよくなってる感じ?


なんだろう?なんてないオーナメントなのだけど、

人々の楽しさが伝わってきた。


地震のあとは、正直ひどかった。

なんだか街も人も、誇りというものを失っていた。


詳しくは、こちらの過去記事をご覧ください。

2014年のチャーチ中心部の実写版!



いやいやいや、

今は全然違った世界なんですよ。


人々は自信を取り戻し、

いたるところに「余裕」が見えた2021年。


次回は街歩きをしてみようっと。

あのレッド・ゾーン・バスツアーは今もあるのだろうか?


クライストチャーチの常宿?



空港に着いたら、ピックアップポイントに直行。

ターミナルビルの端っこ、Door 2 の外にあります。


そこで、レンタカー屋さんに拾ってもらい、

空港からほど近いレンタカー屋のオフィスへ。


Go Rentals という会社なのだが、

ここは借りるクルマを事前に特定できるのが良い。


今回も、トヨタの小さなSUV。登録後1〜2年。

ワイナリーはダート道が多いですからね。


「1年8ヶ月目のクルマだよ」

と見せられたのは、エメラルドブルーのCHRだった。


まあ、これは行く先々で、

カラフルな色をほめられたのでよかった。


ニュージーランド人、派手な色が好きである(^_^;)


そして、向かうのは市内のモーテル。

もう、3回目かな。こちらに泊まるのは。


高級ではないけど、すごく評価が高くて、

快適なモーテルなのだ。


マネージャのウィルともすっかり顔見知り。

すごく対応の良いお宿なのである。




chc 202106 spa bath
スパバス付きのお部屋。


50,000ドルかけて改装したんだって。

人件費が高いと、ウィルは呆れていた。


今回、あらかじめ電話してみたら、

ホテルサイトを通さずに予約すると、

さらにディスカウントしてくれるという。


海外客が少ないのだろう、

お得に泊まれる時期で嬉しかった。

ハイシーズンではこうは行かないだろうけど。


あ、お部屋の写真はありません。

スパバス付きが一階のお部屋だったので、


入り口のカーテンを閉めておかねばならず、

暗〜いお部屋になってしまったから(^_^;)


今回は、このお部屋に2泊したけど、

連泊ではなく、1泊目と4泊目。


そう、チャーチ市内に前後泊したって感じかな。

それで、Kinjiにも行けたのだ。




そして2泊目と3泊目は、

ワイパラ・ワイン地区の近くに泊まった。


アンバリーの常宿



その2泊目と3泊目も、

毎年泊まっているモーテルに。


ときに、満室のこともあったが、

今年は旅行者が少ないので楽々。


お部屋も選び放題で、しかも安かった。

冬の旅は寒いけどお得ですね(^^)v


お部屋のチョイスで迷った末、

バスタブ付きのアパートメントタイプにした。


バスタブ無しよりちょっと高いのだけど、

まあ、20ドルよりバスタブを選ぶ。


20ドルケチって寒い思いをするのはね〜(-_-)

寒がりでない人は、シャワーだけのお部屋がいいですよ。




amberley 202106 living
リビング。

一人にはもったいない広さ。


このエリア、実はほとんど使わない。

でも、ゆとりの空間があるのはいいことだと思う。




amberley 202106 dining
ダイニングエリア。


夕方ワイナリーから帰ってくると、

ほとんどこのエリアで何かしている。


お茶を飲んだり、パソコンしたり、

ヒーターの側にピタッと座り暖を取る。


朝ごはんもここで食べる。

そう・・つまり寒いからですね(^_^;)


ノースカンタベリー・アンバリーの冬は寒い。

家中暖かいなんてこと、NZでは珍しいのだ。


家はどこからか隙間風が入ることが多いし、

室内でコートを着ているキウィも多いゾ。




amberley 202106 bedroom2
こちら。主寝室?


ここが北向きで暖かいので、こっちで寝ます。

北向きは昼間、陽があたって温まっているから。


もうひとつ、ベッドルームがあるのだ。




amberley 202106 bedroom1
こちらは、シングルベッド2台。

なんか、家族で泊まって子供の部屋ってイメージ。


あと付けの読書灯(スマホ灯?)や、

コンセントがそれを象徴している。


danekoはこのお部屋、スーツケース部屋にする。

洗濯物を干すこともあるけど。


とにかく、ゴチャッとするものはこのお部屋に。

そして、あとは必要なモノだけの空間にする。


短い旅の間も、

できるだけ快適に過ごしたいから。


バスルームとアメニティ



バスルームは、2つの寝室の間にある。

よくできた間取りである。



amberley 202106 bathroom
白いバスルーム。

ホッとするんですよ。こういうインテリア。


シンプルだけど、落ち着く空間。

時間があれば、朝と夜、バスタブに浸かる。


お湯たくさん使ってゴメンナサイ。

でもキレイに使ってますからね。




amberley 202106 shampoo
ソープ類はエコストア。


このブランド、容器のデザインは好きじゃないけど、

品質はなかなかのものです。


市販のシャンプーでは痒くなるdanekoの髪が、

こちらのシャンプーならぜんぜん大丈夫であった。




amberley 202106 towel
固形石けんも、隔離ホテルよりずっといいゾ。

趣味が良いんだな、オーナーさん。


こちらの女性オーナーさん。オランダ人だそうだ。

今回初めて、そんな話をした。


ご主人はアカウンタントなんだって。

それで不動産投資とモーテル経営を兼ねてるのかな。


本宅でチェックアウトするのだけど、

見るからに広くて、優雅な暮らしである。


宿の詳細は、アクセス欄に載せていますよ。



amberley 202106 milk
なぜか、ミルクをひとつくれる。


チェックインの時に、

オーナーさん
フルクリーム?、それともトリムにする?


と聞かれる。


たまたまチェックインが重なった男性は、

フルクリームのミルクにしていた。


あ、フルクリームがふつうの牛乳です。

danekoがトリムミルクがいいというと、


オーナーさん
アナタ、いいチョイスよ!

こっちは私がランギオラまで行って買ってくるんだから(^_-)


と言われた。


へえ〜、わざわざランギオラまで行かないと、

このちっちゃなタイプは売ってないんだな。


どうりで近所のカウントダウンに見当たらないわけだ。

とdanekoは納得。


ランギオラとは、内陸の街で、

アンバリーやワイパラの住人が、

ちょっと小洒落た食材を買いに行く場所。


ヒマがあったら行ってみたいが、大抵ヒマがない。

というか、

オークランドに戻ればサバトがあるんだし。



と、いうわけで、

モーテルのアメニティはこんな感じ。


あ、歯ブラシや歯磨き、寝間着はありませんよ。

スリッパも必ず持って行くといいと思う。


スリッパがないと・・

夜中に靴を履いてトイレに行くのが哀しいのだ。

(カンタベリー地方は冷えるから)


さてさて、お宿のご紹介いかがでしたか?


クライストチャーチに行く機会があったら、

ぜひ、ワイパラ地区のワイナリーにも行ってみてくださいね。


まだ知られざる、隠れたお宝を見つけられるかも。


アクセス



Delago Motel/Apartments

31 Papanui Road, Merivale, Christchurch

☎ 03 355 3840




Teviot View

34 Amberley Beach Road, Amberley

☎ 03 314 6939



【しろねこにポチ感謝です♡】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
アブラ抜きトリムミルクぅ?最悪チョイスじゃないの(~_~メ)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA