オークランド食べ歩き・レバノン料理の頂点・Gemmayze Street

gemmayze st 201810 hummus
gemmayze st 201810 interior

開放的な回廊にあるテーブル席。


実は、

レバノン料理の頂点

なんていうタイトルを付けてみたけれど、


そう評価しているのは、danekoではない(ー_ー)!!

持ち上げているのは、ここニュージーランドの、

いわゆる・・メディアですね(-_-)


クイジーヌとか、メトロなどの雑誌媒体、

その他、VivaやNZ Heraldなどのグルメ記事。


この、Gemmayze Street というレストラン、

danekoは4回くらい来訪したと思う。


でも、

全盛期のImaの方が断然いいと思った。

IMA – イスラエル料理 こと始め(^^)

イスラエル料理のimaで、ランチしか食べれないメニューをいただきま~す(^^)v


話を戻しこの店、ジュマイズ・ストリートは、

オークランドはKロードの、歴史を感じさせるビル内にある。


gemmayze st 201810 kevins arcade

セント・ケヴィンズ・アーケード。


オークランドはKロードの、ヒストリック・ビルディング。

この一番奥が、ジュマイズ・ストリートだ。


記事の最初の画像にあるように、

外とつながった空間(もちろん屋根はある)


この日、予約のなかったdanekoたちも、

「どの席でもいいわよ〜」と言われ、拍子抜け。

 

gemmayze st 201810 interior2

こんな、屋内席もガラガラであった。


どちらにするか迷ったが、回廊のテーブルに。

あんまり人が居ないと不安になりますね(^_^;)

 

gemmayze st 201810 hummus

ババガナッシュ。 10ドル。

ハマスの一種ですが、ザクロが美しい。

あ、味としてはザクロ必要ないですよ(^_^;)


この、焼茄子をベースにしたハマスって、

danekoのドンピシャ好みなのである。

ミドルイーストの平たいパンが付いてくるので、

ディップとして食べます。

そして、中近東の料理といえば、

 

gemmayze st 201810 falafel

ファラフェル。 15ドル。

サワークリームたっぷり(^o^)


豆のコロッケですよ(^_-)

クミンなどのスパイスも効いている。

 

gemmayze st 201810 wine

レバノンのワイン。 70ドル。

ピノ・ノワールです。


やはり、地中海性気候のためか、

NZのピノ・ノワールよりも濃い目の味わい。


もう一種、赤を試飲したけど強すぎて飲めず(@_@)

こちらは、

レバノンワインしか無いことをウリにしているが、

danekoにとってはちっとも有り難くないのであった。。


gemmayze st 201810 califlower

この、ケーキのような食べ物は何でしょう??

マロンパイか何かみたいじゃないですか?


これは・・・

 

gemmayze st 201810 califlower2

カリフラワー!! 18ドル。

お菓子のような仕上がりのせいか、

味付けもちょっと danekoたちには甘〜い感じ。

 


gemmayze st 201810 risotto

こちら、スキャンピのリゾット。 25ドル。


これがこの店で一番美味しいと思う。

グリーンピースたっぷりなのも、danekoは好き♪


それにしても、ヒマな店であった。

ま、火曜日だからしょうがない(?_?)


でもね〜、アワード受賞してるんだから、

もうちょっとお客さんがいてもいいと思うんだけど。

 

gemmayze st 201810 tables

そろそろ周りのテーブルも帰ってしまった。。。


キウィのお客さん達の中には、

こういうレバノン料理を食べたことがなく、


なんだか、戸惑っているふうな人たちも見られる。

メニュー名は皆、現地語だし。


英語の説明書きも、

オシャレな店によくある素材の羅列系。


お店の人に聞いても、イマイチわからないのだ。

英語のアクセントが強いのと、

あまり英語が上手でないスタッフも居る・・

 

gemmayze st 201810 desert

さあ、デザートを食べて帰ろう。

ローズ・パルフェ。 16ドル。


danekoの好みではないが、インスタ映えはしそう。。

白いお髭のようなのは、綿菓子でした。


添えてあるのは、フランボワーズのソルベ。

目に美しいデザートであるのは間違いない。


ここを、絶賛していた知人もいたな・・

よくわからない料理を、ポジティブに受けとめる系の人だ。


danekoはこの店、ふつうと思います。

あ、マズい料理だとは思わないんだけど、


ファラフェルとか、ハマスとか、

中近東のお惣菜なんじゃない??


それを、着飾って、美しく皿に盛り、

「高級料理」に仕立て上げるのはちょっと疑問。


そこまでオススメはしないけど、

話題の店であることは確かです(-_-;)

 

Gemmayze Street

Shop 16, St Kevin’s Arcade, 183 Karangahape Road, Auckland

【しろねこに一日一ぽち♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

今夜はタコが無くてよかったワネ(ーー;)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA