オークランド食べ歩き・またまた行けない旨安店が増えてしまった〜!

spicy house 202106 spicy chicken


さてさて、ホテル隔離も明けたし、

何でも食べに行っていいんだよね〜(^^)v


と、思ったものの、

コロナ禍のためか、オークランドでも、

お店の閉店時間は早まっているみたい。


それは、飲食店に限らない。

ロックダウンで時短したお店が、

まだ正常に戻っていないようだ。


日が暮れるのも早い、6月のニュージーランド。

夕食も早く決めて出かけないと危険だ。


ドミニオン・ロードひさびさ



クルマでお買い物がてら、

フラフラと行ってしまうのが、こちら。

ドミニオン・ロードである。


ええ、オークランドの大中華通りです。


しかし、久々に行ってみれば、

なくなった店あり、変わった店あり。

どうもなんか、通りが暗くなったような。


オークランドの中華街にも、

COVIDは影を落としているようです。


これは、ササッと食べれるあそこに行ってみるか。

幸い、クルマの中から看板が点いているのが見えた。


やった! まだやっているのだ。


スパイシー・ハウス(紅房子)



こちら、中国語の店名は読めません。

紅房子。


いつも思うけど、どう見ても、

「スパイシーハウス」じゃないね。




spicy house 202106 exterior
ガラスの外から覗いてみると、

相変わらず、なかなかの人気みたい。


中に入ると、中華系でないお客が多かった。

おや?


そういう客層だったかな?

と、ちょうど2人席が空いたので指で示し、

片付けを待って座らせてもらう。


ホッ。落ち着いた席に座れたゾ。



spicy house 202106 table
すぐに無料のお茶がやってきます。

ありがたい。


頼むものは決まっているのだが、

念のため、メニューを見る。


以前よりは、お値段上がっていますね。

最低時給も上がったからなあ。。


1年前とは変わっていた



そう、前回も食べたご飯ものが食べたかった。

メニュー名はたしか、これだ。


ホット・アンド・スパイシー・チキン・オン・ライス。

間違いない。


自信を持って?指差し注文すると、

Anything Else? と聞かれた。


以前は聞かれたかなあ、そんなこと。

中華のお店でご飯ものを頼めば、もう終わりですよ。

ワインとかビールとか、この店にはなさそうだし。


見回せば、お店の人も変わっていた。

そうだよねえ、最後に来たのは昨年のことだ。


変わり身の早い中華の街だから、

オーナーチェンジもあるだろうし。




この記事。初回の訪問のときだ。

2020年8月となってるけど、

行ったのは7月じゃなかったかな。


それから1〜2回食べに行ったと思う。

ほぼ1年経つのだから、

なにかが変わっているのも無理はない。


danekoはちょっと嫌な予感がした。


ホット・スパイシー・チキンでちょいモメ



注文からほどなくして、

辛い鶏の炒め料理はやってきた。


さてさて、美味しく食べれますように(祈)




spicy house 202106 spicy chicken
ホット・アンド・スパイシー・チキン・オン・ライス。


たしか、14ドルくらい。

レシートもらう雰囲気じゃなかったので(^_^;)


アレれ??

野菜も肉も大きくなっている。


以前はもっと小さくカットされていたのに。

と、首を傾げつつ食べ始める。


daneko
ぐええ〜!! タマネギが生だ!


danekoは口に入れたタマネギが苦すぎて、

思わず吐き出しそうになった。


いかんいかん、そんなマナーの無いことをしては。

と思い、やっとのことでこらえた。


チキンには、かろうじて火が入っていた。

しかし、キューリもタマネギも人参も生。


胡瓜やニンジンは生でもいいのだが、

タマネギは駄目だ。


danekoは迷ったが、店の人を呼んで、


「ちゃんと火が通っていないから、

もう一度炒め直してほしい」

と言ってみた。


中華の店は、基本作り直しOKのはず。

店のおにーちゃんは最初、意味がわからないようだったが、

料理を持って奥に引っ込んだ。


すると、感じの悪い女性がやってきた。

まあ、愛想がないだけで普通なのかもだが・・


そして、何が悪いのかとdanekoに聞いてきた。

danekoは、タマネギが生で食べれない、といった。

どうにか通じたらしい。が、不機嫌だ。


数分後、不機嫌なおねーさんは、

ドン! とdanekoのテーブルに皿を置いた。


こんな態度にひるむようでは、

海外での食べ歩きなどやっていられない。


キウィの客なら「OK.OK」で食べるかもしれないが、

danekoは無理だ。



spicy house 202106 spicy chicken2
ふむ。

今度はタマネギのフチが茶色くなっている。

確かに火を通してくれたのだろう。


お味も変わりました〜



食べ始めると、やはり以前とは違っている。


そうそう、過去記事の中に、

以前の写真があったよね。




spicy house 202007 spicy chicken on rice
これこれ。


う〜ん、やっぱこっちのほうが美味しそう。

お皿は赤から黄色になってるが、同シリーズかも。


セロリが見当たらなくなってるな。

あれはいい食感をかもし出していたのに(-_-;)

残念である。


そして、チキンもでっかくなった分、

大味になっている。


ただ、辛いタレは美味しかった。

具材はやはり炒めが足らず美味しくないので、

タレとご飯を絡めて食べた。


量は、相変わらず多い。

ご飯も、炊きたてのようで悪くはない。


が、以前とは様変わり。

これは料理人が変わったのだろう。


タレとご飯を口に運びながら、

danekoは哀しかった。


これでまたひとつ、行けない店が増えてしまったのだ。

新規開拓も色々とリスクが多いというのに。


さようなら。スパイシーハウス。


あ、もしも生タマネギがお好き方なら、

美味しいのかもしれませんよ。知らんけど(^_^;)


食はあくまでも個人の好みであるからして。


そして、以前ほどではないにしても、

いまだに人気のこのお店。

ドミニオン界隈でもお値打ちなんじゃないかな。


アクセス



Spicy House 紅房子

555 Dominion Road, Mount Eden, Auckland

☎ 09 631 5128




【しろねこにポチありがとう♡】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
danekoブログよりワタシのほうが人気なのヨ♬


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA